« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

よく聞かれる事

「今年もホノルルに走ったんですか?何位でした?」 ってよく聞かれます。

今日も玄関を掃除してたら、裏の保育所の人に聞かれました。いつもは、「2万人以上走ってるから順位は分からんわ。」 と答えてます。聞かれても順位など気にしたことは無かったのですが、今日は大晦日と言う事で調べて見ることにしました。(意味分からん・・)

1997年 完走者26,467人中10,730位。これを答えられてどう思うやろね。嫁は10,733位。この時は初めてのホノルル、嫁と一緒にゴールしました。タイム5:13:32でした。5時間切る事を目標に走ったなぁ。

1998年 完走者22,050人中11,913位。嫁は11,901位。一緒にゴールしたのに嫁より12位も下やん。ちっきしょう!って思わんな。タイムは5:48:52。

1999年 完走者21,141人中1,593位。昨年に比べて飛躍的に順位が上りました。気になるタイムは(気にならん?)3:55:38。この年から別々に走ることに。確か10kまで一緒に走ったかな。嫁は6,826位。タイムは5:00:41。一人で走る事でタイムはよくなりましたよ。

2000年 完走者22,636人中14,533位。タイムは6:18:39。これはホノルルのワースト記録。でも一番記憶に残るレース・・・このシーズンは嫁は何度か貧血の症状が出ており、ホノルルでも途中、貧血で倒れました。それも2回も。リタイアも覚悟したけど、嫁は倒れながらも「絶対ゴールしたい!」と。何時間かかってもゴールするぞ、最後まで付き合うぞと心に決め、何度も休み、前を向いて歩き楽になれば走る。これをくり返し、一緒にゴールする事が出来ました。

2001年 完走者19,217人中180位。タイムは3:11:02。ちょっと?頑張って走ったかな。嫁は3,991位。4:32:54。嫁もベストタイムでした。この年はあのテロの年で日本からの参加者が減った年でした。星条旗を掲げながら走ってる人が印象的でした。自分も帽子に日の丸と星条旗のピンバッチを付けて走ったな。

2002年 完走者26,407人中118位。タイムは2:59:40。やりました!サブ3を目標に走ったのでうれしかったです。実はツアーのランニングセミナーの中でも高石ともやサンに誘導されサブ3宣言してしまいました。同じツアーの人からも祝福してもらえました。嫁は5,915位。タイムは4:37:10。嫁も楽しみながら5時間切れる走りが出来るようになりました。

2003年 完走者22,120人中104位。タイムは3:00:14。前回に続いてサブ3を目標に走りましたが、14秒オーバーでした。残念!しかし、年代別トップ10の目標は達成しました。実はこの年に45歳になったため45~49の枠に入るため狙い目やったのです。完走証に「6th of 1040 Males aged 45to49」と書かれてます。オッホン! ちなみに昨年は13位でした。嫁は5,233位。タイムは4:40:51。もう、余裕こいて走ってたと思います。やはり、楽しく走ってナンボやね。このあたりは見習うべきところです。

これ、読む人くどい!っておもうやろなぁ・・・あと2回やから辛抱して。

2004年 完走者22,388人中268位。タイムは3:13:37。この年は記録狙いはシンドイので15分きりを目標に、長谷川理恵に負けないように走りました。この年も理恵ちゃんは15分切りならず東京国際の出場権はとれなかったです。嫁は11,743位。タイムは5:39:54。別に体調が悪くタイムが悪いのではなくホントにホノルルを楽しんで走ってるようです。

2005年 完走者24,261人中297位。タイムは3:16:27。少しマラソンをなめてかかりました。3時間一桁で走れると思い走ったけど後半バテテ失速。やはり練習不足がたたりました。誤魔化しはききませんね。嫁は10,963位。タイムは5:28:50。ホノルルの王道を走ってます。ハイ。

そして来年は? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

重大ニュース

今年も残すところ後わずかになりました。そこで、我が家の重大ニュースは何やったのか思い出してみた。

「今年の泉州マラソンで2:54で走れた。」 これは3年前の2:53に次ぐベスト2のタイム。年はとってもまだまだいけるなぁと思った。

「下の娘とグレイのコンサートに行った。」 名古屋ドームまで行った。交通費はお父さん持ちと言う条件でね。なかなか迫力あったなぁ。参考まで、大阪ドームでの公演ができないらしい。ファンがジャンプすると周りが揺れるらしい。ウソのようなホンマの話し。さすが大阪市の品物・・・

「萩往還250kで、往還道で嫁とすれ違う事ができ嫁も70kを完走した。」 やはり、往還道でのすれ違いは力になります。嫁の力は絶大でしたよ!(お世辞?)

「北海道くりやま100kで夫婦で完走し、めざましTVの密着取材を受けた。」 これは記憶にも記録にも残る貴重な経験をしました。民放の影響力の大きさにビックリでした。

「皆生トライアスロンに補欠ながら出場する事ができ、12:18で完走できた。」 一番苦手なスイムが思いのほか上手くいきその勢いでバイクも調子よく走れたが、得意のランがぜんぜん駄目だった。トライアスロンは奥が深い~

「下の娘の進学が決まった。」 某服飾専門学校に、自分の専門を生かしてほしい。親に似合わず中々のセンスがあるんですよ。

「今年もホノルルのスタートラインに夫婦揃って立てた。」 今年で9年連続です。来年も揃って立てるように・・・娘たちも孫も連れて行きたいです。

「生まれて初めてスカイダイビングした。」 Y本に誘われて思わず乗ってしまったけど今となっては出来てよかったぁ~来年は?

「娘たちが12月25日のクリスマスに入籍しました。」 ここまでホンマいろいろありました。メチャ遠回りしたけどその分、幸せになってほしい。オメデト~♪

「今年も家族全員揃って正月が迎えられそう。」 この当たり前の事ができることが一番幸せかもしれない。来年もみんな健康で幸せでありたい。

来年は戌年。自分の干支です。まだまだ、夢、感動を求めて挑みますよ~。

ご愛読のみなさま(何人おるんやろ?)こんなつまらん文章にお付き合いくださりありがとうございました。一部より文がくどい、長い、読みづらいというお声が聞こえますが、もっと面白い、読んでなるほど!と思うような、読んでよかったと思われるような内容にしたいと努力しますので来年も懲りずにご愛読くださいマセマセ。それでは、みなさまよいお正月をお迎えください。そして、来年も素晴らしい年でありますように・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

夜間工事

2005122916180001この写真、駅を写してるのではありません。

駅の上に渡ってる何やら細長い物体!

実はこれ、水路なんです。JR阪和線の三国ヶ丘駅にあります。このあたりは掘割、つまり地面より深いところを電車が走ってるのです。南海高野線や中央環状線(堺羽曳野線)と交差するために地面を掘って立体交差にしてるのです。普通なら環状線みたいに高架にするところを、わざわざ金のかかる工法にしたのは・・・・

この近くに仁徳御陵があるからなのです。仁徳さんを上から見るとは何事ぞ。てな感じで掘割にしたそうです。国鉄時代やからできたことなのか。いまや民営化され営利第一目的であればどうなってたか、、、話しを写真の水路に戻そう。

この水路、無くなります。

ある日、突然なくなるわけでもなく、ヨウカンを切るように細かく切りながら撤去していきます。この水路はもともとは農業用水路、この水路の先は仁徳御陵の外堀につながってるのですが今は使われていません。田んぼもなくなるし、仁徳に生活排水が流れると汚れるので今は何も流れていない過去の遺物なんです。

この水路を撤去して新しく水管橋を架けます。そして、近くのため池から井戸を水源として仁徳御陵にきれいな水を注入します。仁徳の堀をきれいに再生する事を目的としている事業なのです。

この水路の撤去作業は夜間しかできないのです。終電車から始発までの間、夜中の1:00~4:30の間の工事。この工事、年明けから本格的に始まります。自分はこの事業を担当しているため、年明けから工事の立会いに行かなアカンねん。

この水路、駅構内からよく見えます。だんだんとなくなっていく様子を見れば面白い?おもろないか・・・

最近、事故の多いJR。しかも悲惨な事故が多い。この工事、何事もなく無事に終わってほしいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

清原和博

20051227-00000011-spnavi_ot-spo-view-000 関西で最後の道を飾るべく、オリックス・清原が誕生した。

15日に急逝した仰木前監督に報いるため、涙を浮かべながら入団表明したのは今月20日。仰木前監督に「お前の最後の花道は俺がつくったる。」って言われたらしい。これを聞いた時、心にぐぐっとくるものがあった。男清原を惚れ直した。

巨人を辞めて他の球団に行く選手は本当に少ない。もちろん一線級の選手の話であるが・・・巨人OBであるとやはり箔がつくらしい。引退後の仕事が違うらしい。そのため若くしてか、まだまだ他のチームならやれるのに引退する選手が多い。今年では元木がそう。まぁ入団から巨人以外は入らないと頑固に1年浪人した経過もあるが、江川もそうだった。中畑、宮本、定岡、・・・みんな古いなぁ。

自分はアンチ巨人である。金でものをいわす感覚のチームはどうも好きになれない。子供の頃から嫌いであった。何故子供のころから嫌いだったのか?子供のころは川上監督時代、巨人9連覇の時代であった。パリーグの覇者阪急が日本シーリーズでいつも巨人に負けていた。マンガ巨人の星でもそんなシーンがあった。子供心に巨人大鵬目玉焼きの何でも一番が嫌いであった。二番煎じがよかったな。そのためか小学生低学年のころから阪急を応援していた。そう、自分は阪急ファンだった。その頃の阪急は強かったけど人気が無かった。ホンマに無かった。パリーグそのものが人気無かった。でも、阪急をずっと応援していた。

その阪急がオリックスに身売りしたのは、仰木監督率いる近鉄バッファローズが優勝争いしていたあの10.19の日であった。あの日は仕事中にも関わらずラジオをこそっと聞いていた。別に近鉄ファンでも無かったが野球ファン、パリーグファンとして興味あったので聞いていた。すると、3時ころにニュース速報が入ったとアナウンサーが言う・・何やろと聞いてると阪急がオリックス(そのころは確かオリエントリースやったと思う)に身売りする事が決まったと・・自分の耳を疑った。しかしそれが現実であった。身売り反対の署名活動もしたけど・・・・

その頃は上田阪急であった。球団名はオリックスブレーブス。本拠地も同じ西宮球場。チーム名が変わっただけで阪急カラーはそのままなので、応援は続けた。

応援しなくなったのは、監督が土井に代わってから。この人は巨人のOB!先に言ったが自分はアンチ巨人から阪急ファンになった人間。応援できるはずが無い。チーム名もオリックスブルーウエイブ。ホームグランドも西宮球場から神戸グリーンスタジアムに変わった。ファンチームをなくすと野球が面白く無くなった。そんな頃であった。

その後、仰木さんがオリックスの監督になった。イチローが世に出てきた時代だ。土井のままなら今のイチローは無かったかもしれない。そして、地震で大きな被害をこうむった事で「がんばろうKOBE」を合言葉に見事優勝した。それもあの巨人を破って日本一になった。この優勝の瞬間、神戸グリーンスタジアムに自分はいた。

昨年、近鉄とオリックスが合併した。チーム名はオリックスバッファローズ。監督は仰木さん。70歳という年齢にも関わらず監督を引き受ける仰木さんに男を感じたが、野球界も銀行みたいに合併して1リーグにするとか昨年はいろいろあった。今年のオリックス大阪ドーム開幕戦は行ったが、特に応援する気が起こらなかった。

しかし!! 来年はオリックスバッファローズを応援します。男清原を見たいから。清原の生き様を見に。最後の男の花道を見るまで!!

いけ~!だんじりファイター清原!(岸和田栄誉市民です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

X’マス

2005122420160001 我が家も家族でクリスマスイブを。ぜんぜん派手さは無いけれど2600円のケーキを囲んで家族6人でほのぼのした時間を過ごしました。

この前めざましTVで、クリスマスケーキにろうそくを立てるか立てないかあなたどっち?ってやってましたけど・・・番組では立てない派のほうが多かったけど昨日はローソクを立てました。立てる派の意見を参考にして。「クリスマスの雰囲気を楽しむ!」やて。2005122420150001

孫の優世も2歳と8ヶ月、指では四つしてますが、二つができないみたいです。やはりクリスマスは子供いると楽しいもの。朝起きるとテーブルの上に「LEGO」が・・・パパとママが用意したみたいです。

優世はうれしそうに「これ、サンタクロースやなぁ」って。なんの疑いもなくサンタからのプレゼントと思っているのでしょう。自分の娘の時も、プレゼントを枕元にそっと置いたものです。

パパとママは・・・今日はクリスマスやから二人でデートなんです。嫁はスポーツクラブに。そんな事で私は孫守りっちゅうことになりました。

家でおとなしく留守番て思てましたが、裏の工事がやかましく・・工事の説明不足ちゃうんけぇ!とやさしく言ってから外に出る事に。

いつも走りに行ってる葛城山に行く事にしました。「お山にいこうかぁ!」「うん!」

車で頂上まで目指すも途中から道路は雪で真っ白!滑らないように慎重に運転。そして頂上は、一面白銀の世界!2005122512060001 優世は大喜びで、走り回ってましたよ。別に金を使って遊園地に連れて行かなくても、近くでしかもタダで喜んでいただけました。爺の点数上がったかな?2005122511380001

そして、雪だるまをいっしょに作りました。

孫と楽しいホワイトクリスマスでした。

俺もほしい・・クリスマスプレゼント。

6six13_pro_2_red 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

レジの秘密

以前、doironさんのブログでコンビニのレジの事が書かれていました。それは、店員がレジで決済するときにお客さんの性別、年齢層を打つという事を。

実は私の娘はR-ソンにバイトに言っているのでその事を聞いてみると、その全貌が明らかになりました。まず、レジで決済するさいはじめに性別を打つらしい。これをしないと次の段階に進まないという。年代は特に打たなくても進むらしいがやはり店主はここが気になるのでしょう。娘の行っている店は打つように言われている。

気になるその内容は・・・一つは12歳以下。つまり小学生以下。これは子供の買うものを知りたいのでしょう。二つは13歳~19歳。つまり小学生以外の未成年。未成年はよくコンビニにたむろするなぁ。三つ目は20歳~29歳。つまり20台。このあたりが若者達?売上が多いやろね。ここまでは細かく分けられている。そして、次の四つ目は・・・30歳~49歳まで。とうとう幅が大きくなった!この辺は中年の一歩手前?自分はここに入るが中年かな?いきなり年齢幅が大きくなったが、どう言う意図があるのか。買う趣向が似てるのか。そして気になる50歳以降は? と聞くと50歳以上が一つのボタンらしい・・・

つまり、50歳も80歳も同じボタン??50歳になると中年を飛び越えていきなり老人になってしまう!嫁のことは言われへんが、自分もあと何年かで老人の仲間入りすることになる。

ここで、中年を代表して言いたい。50歳と80歳、90歳、いや100歳と・・(こんな人はコンビニに行かへん?)一緒にしないでほしい!せめて定年を計算しだす年齢層と定年して隠居してる年齢層を分けてほしい。定年して隠居した人でトライアスロンする人はおらんぞ!80歳でジムのローラーで4時間も走る人はおらんぞ!来年の皆生トラで50台で10回目の挑戦する人と100歳と一緒にしないでほしい・・・・あれ?いつの間にかdoironさんになってるわ。

娘に、「doironさんが娘のR-ソンに来たらどのボタン?」って聞いたら・・・

最後のボタンやて。スマン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

小さな感動

土曜日、職場のゴルフコンペの予定・・前日に中止が決まった。ここ最近の冷え込みで・・金曜日も雪のためクローズと聞いて明日も寒いやろうしキャンセル料もとらないとの事で中止に。これに文句を言う人は一人もいなかった。みんな中止で喜んでいたみたいです。よかったよかった。

そんな事で土曜日は日本100マイルクラブ主催のマラソン大会に参加してきましたぁ。堺市の大泉緑地公園で開催された小さな大会、一周3kチョイのコースを14周走ってフルマラソン。参加者は30人ほど、朝からミゾレ混じりの雨・・チャップイ日でした。参加者の中でフル初参加の人が3人いました。

中でも現役の女子大生!19歳の女の子が初のマラソン参加でした。聞くと大学でランニングのサークルに入ってるとな。んで今年の京都シティハーフの経験ありとな。んで今回のマラソン。京都シティと言うと何千人が走るメジャーな大会、んで今回の大会は30人ほどの、しかも公園の中を走る大会。なんでまた初フルがこんな大会なの?と聞きたくなるがサークルのメンバーには内緒で来てるらしい。お母さんも心配で一緒に来ていた。

大会は小さな大会ですが、小さいから参加者の顔が見えて、走ってるうちに参加者同士の気心が知れてきて、親しみが出てきて家族みたいになる。ほんとアットホームな大会で、走り終えるとみんなが仲間みたいな感じになります。彼女がゴールした時もみんなで初フルの完走を祝福して、完走した喜びに満ちた彼女の顔を見て、こんな小さな大会でも感動をいただきました。Rちゃん感動ありがとう!

走り初めて10年ほどたって、年に何度かフルマラソンを走るようになって、走っても特に感動もなく、記録を狙うにも頭打ちで、もっと感動を求めてウルトラマラソンを走るようになり、これも何度か完走すると・・・フルの完走と同じ様な感覚になっていく、マラソンの倦怠期、更年期にさしかかってるのかなぁ・・?そんな中、彼女は初フルの完走に向けてこんな小さな大会でも、こんな公園の周回を何周も走るだけやけど、ひた向きに走り続ける姿、ゴールを目指す姿をみて自分が初フルに挑戦しているときを少し思い出しました。何か新鮮な気持ちになりました。

完走タイムも4時間50分ほどのタイム!初フルでは立派なタイムです。お母さんも喜んでいました。ホント寒い中の大会でしたがホットなひと時を過ごせました。他の初フル二人も完走したらしいです。よかったよかった。

おまけ。

彼女がゴールしてからいろいろと話しをしていると、今年、村岡に友達が走ったので応援に行ったと・・そこで仮装ランナーがいたと・・マツケンがいたと・・・そ、それって、俺?

その事を言うと親子で喜んでもらって、握手してもらって、写メ撮ってもらって、彼女は大学の友達に自慢するって・・・何かうれしかったです。ハイ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スカイダイビング

ホノルルマラソンの次の日に行ってきた。もちろん初めて。

行く事(覚悟)は日本で決めていた。前から一度はやってみたいとは思っていたが、まさか本当に行く事になるとは・・・Y本ありがとう。

ツアーバスでオアフ島の北西の海岸沿いの何チャラという所へ、近くには軍の演習場があった。ワイキキから一時間ほど。着くと何やら訳のわからん書類にサインを書かされる。解らんはず・・全て英語で書かれてある。日本語で書かれてあるのは「危険」だけ!なんじゃこりゃ?しかも書類は5枚ほどあった。日本語の説明がほしかったなぁ・・・ここでそんな事言うても仕方ない。ホンマ仕方なくサインしました。(命あずけました。)05_055

一応、ビデオで日本語の説明がありましたが・・画面で喋ってる人はかなりの年配で日本語の声が若く、それが妙にアンバランスでその事が気になると何を言ってるのか頭に入らず、大事なところで音が切れたりするし、まぁ全てにおいてアバウトなんです。

ホノルルマラソンの次の日という事もあって、チャレンジする人はいっぱいでした。ほとんどが日本人。みんなアホベンチャーやな~!

待っている間も次から次とパラシュートが降りてきます。空高く青空の中に小さく見える飛行機から小さな点が一つ、二つ、三つ・・と見える。それが少しずつ大きくなりパラシュートが開く。パラシュートが開くと右へ左へ蛇行したり回転したりする。そして声が聞こえてくる。みんなテンション高い高い!「最高~!」「グレイト!」「ビューティフル!」とか何やら叫びたおしてる。着地してからもテンション高いまま。もう人間が変わったよう。我々が待ってる所に来てもテンション高いまま。怖かったと言ってる人は誰一人いない。これを見て緊張する事は忘れたようです。

いよいよ自分の順番が来ました。インストラクターはジョンという人。さっそくあいさつ。「マイベストフレンド ツデイ」と言うとジョンは「20ミニッツ」って。

そして飛行機にライドオン!乗るのは一緒に行ったY本と一人でここにきたアドベンチャーYuチャンと私とそれぞれのインストラクターとカメラマン二人の8人。3人の客に5人が付く事になる。05_061

飛行機の中では、私たちの緊張をほぐすため?いろいろとやってくれます・・前から順番にタバコが回ってきます。一口スーっと吸って次の人に回す。もちろんこれはカッコだけ。とか、下手な日本語で「コワクナイ~」って聞くとよけ怖いっちゅうねん!挙句、あいたドアから落ちるふりをする。「ギャー!!」笑いながらも顔が引きつるっちゅうねん!!

そしていよいよ・・・ダイビングタイム!

アドベンチャーYuチャン 、開いたドアに身構えるとすっと飛行機から落ちていった感じ05_06805_067 、次にY本も落ちていった。そして自分。

落ちた瞬間はジェットコースターの落ちる時と同じような感じがあったけど、落ちる速さはこれまでに体感した事のない猛スピード!インストラクターの合図で自分も手を広げる。思ったより気持ちがいい。白い雲、青い海、陸に映える木々や草の緑がはっきり見える。でも落ちてるのは間違いない。かなり長く感じた。そしてパラシュートが開く。この瞬間は空にからだが引っ張られる感じ。

この後は景色をいっぱい堪能できる。これがさっき言っていた「最高~!」「グレイト!」「ビューティフル!」なんやぁ。自分も大声で連発した。ちょうど夕方やったんで夕日に染まる雲と青い空のコントラスト!メチャきれかったです。200512172219000

少しの時間でしたが生まれて初めて鳥になる事ができました。しかもハワイの空で。こんな素敵な体験できた自分はしあわせの青い鳥です。(誰やハゲ鷹っちゅう奴わ・・)

クッククックゥ~クッククックゥ~青い鳥~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ホノルル

昨日ホノルルマラソンから帰ってきました!

いや~今年は暑かった!!自慢でも何でもないですが今年で9回目!これまでになく暑かったかな。スタートは朝5時なので結構涼しいんですが、走り始めたらもう暑い!水を頭からかぶりながら走りましたよ。3時間前半を目指して走りましたが結果は3時間16分・・・後半ばてました。image_server_two

これまでのホノルルの結果を見てみると・・

初めてのホノルルは1997年第25回大会。タイムは5:13:32

嫁と一緒にゴール。お互い初めてのフルマラソンでした。見る事すべてが初めてで何を見ても新鮮、別世界のような中で、大げさに言えば夢のような中でのマラソン!でした。タイムなど気にせずにとにかく完走することを目標に!次の年もそうでした。これまでのホノルルの記録はまたの機会に・・

毎年、ホノルルに行って楽しみにしている事・・それはホノルルは時間制限がなく8時間でも9時間でも10時間越えてもゴールする意志さえあれば、ゴールできます。スタッフはそのゴールをずっと待っているんです。ちなみに今年の最終ゴールは14時間19分!これも完走(完歩?) フィニッシャーズTシャツ貰えます。トップは2時間12分、この人も完走。最終ランナーもトップランナーと同じTシャツを貰えます。これがホノルルなんです。

昔、オリンピックで「こけちゃいました~」って言って有名だった谷口浩美選手がマラソン大会で初めて完走Tシャツ貰ったて言うてました。速い人も遅い人もそれぞれの42.195。それぞれに走る思い、走るドラマがあります。ゴールすればみんな一緒なんです。これがホノルルなんです。

そのゴールを見るのが楽しみなんです。今年は9時間から10時間のランナーを見ました。この時間帯のランナーおそらく半分以上、いやもっと歩いてるでしょう。ほとんどが初めてのマラソン・・足を引きずって、中には靴を見てもスニーカーを履いてる人も、無防備な人がいっぱい、こんなハズではと思ってゴールする人もいるでしょう。ゴール手前の800mは直線、その遅い?ランナー?に惜しみない拍手!涙流してる人もたくさんいます。その姿を見ると目がウルウル、感動します。

もちろん自分もランナーに「おかえり~」「あと少し!」「おめでとう~」「Good Job!」とか言って応援します。05_026それぞれがそれぞれなりに頑張って42.195をゴールする。つまりフィニッシャーなんです。

日本のマラソン大会では味わえない感覚、これがホノルルなんです。このホノルルがすっかり好きになってしまい今年で9回目。(もう言うたな)

来年は10回目のホノルルです。来年もホノルルのスタートラインに夫婦揃って立てる喜びを感じたく健康でありたいです。そしてゴールする感動を味わいたいです。来年もいくで~05_045

10時間近いランナーです。ルネサンスのツアースタッフが一緒に応援してのゴール。こんな事もホノルルはありなんです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

ホノルル

行ってきま~す!04_044

04_070

昨年のホノルル。

さて、今年のホノルルはどうなるか、また報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Birthday!

本日、お母さんの○○才の誕生日!おめでとう!!

200512082225000 200512081932000

kai ファミリーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

めざましテレビ

今年の7月に北海道のくりやま100kマラソンに嫁と一緒に走りに行ったときの話し。

大会の前夜祭でフジTV系列で放送しているめざましテレビのめざまし調査隊が来ているではありませんか。何気なく、取材に来てるんやなぁと思いながら見ていると、自分の所に、おや?聞くと夫婦で走るところを取材に来ているらしい。実は一緒に行った方も夫婦。そこの奥さんも取材されていたが100k走るのが今回が初めて、、他の夫婦も取材したらしいですけど、前夜祭の終わりがけに明日の大会を密着したいと私たち夫婦に正式にオファーがありました。返事はひとつ「オッケイ牧場!」05100_007

調査隊レポーターの冷子チャン。

そして、くりやま100kマラソンめざましTV密着ランが始まりました。簡単に引き受けたもののスタート前からいきなり取材!レポーターの冷子ちゃんはあれやこれやと聞いてくる、こちらもあれやこれやといらん事も喋り、調子にのったらいっぱい喋ったかな。

スタートしても、取材チームはワゴン車に乗ってカメラ&マイク。走る横を並走する感じ、何か芸能人になった気分でしたよ。走りながら嫁と話しすると、ワゴン車から、ぬいぐるみのシッポみたいなマイクが伸びてくる・・・こりゃ、アホなこと喋られへんわ。05100_035 へーもこけん。

だいたい10kごとにワゴン車が待機していてしばらく並走するパターン。月曜日に放送すると聞いていた、つまり明後日に放送やから今日中に帰って編集して放送すると思っていたので、途中まで取材して月曜の放送ではレポーターが結果は「こうこうでした。」と喋るんやろと勝手に思っていた・・・ところが、

70k過ぎても、80k過ぎてもワゴン車はおる!こりゃ最後まで取材やわ・・・

正直、後半は結構きつかったす!嫁の膝の調子も悪くなってきて、きついけどレポーターはいろいろ聞いてくるし、嫌な顔もしにくいし、、大変でした。

最初は二人で走るつもりはなかったけど、取材があったので一緒に走ることになったような感じ。これまでフルマラソンは何度か一緒に走ったことはあっても100kは初めて。15時間以上も夫婦一緒に二人でいること自体、日常生活ではありえない。ホンマありえん。お互いの調子、リズムも違うし普通なら途中から別々に走っていたと思う。

今思えば、めざましTVのおかげで夫婦一緒に最後まで走れたと思う。途中、取材がうっとおしく思ったけど、何とか制限時間内の15時間25分で完走できました。200512072252000 

ゴール後もレポーターの冷子ちゃんから取材を受けたとき、冷子ちゃんの目に涙、恥ずかしながら自分も泣いてしまいましたよ。マジ感動しました。

しかし、このめざまし調査隊のコーナー、、なにやら「やらせ」があったとして放送が中止になってしまった。自分たちの完走もやらせ? 実は・・・ウソウソ ほんとうに完走しましたよ!

ゴールしてからの抱擁シーンはやらせかな?

この放送されたテープは私たちの宝物です。スマップの「世界に一つだけの花♪」をBGMに走ってるんですよ!15時間以上の時間をわずか8分ほどに編集していますがさすがプロです。上手です。自分ながら何回見ても感動します。(へん?)

めざましテレビ、ありがとう200512080008000

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

忘年会

この季節ご多分にもれず待たなくても忘年会がやってきます。すでに3回。

嫁の顔色を覗うふりして遠慮がちに「○日忘年会やねん。」って言うタイミングがまた難しい。忘年会の日が近いともっと難しい。しかも、忘年会が続くともっと難しい。黙って行かれへんし、言うと文句言われるし、断るのも難しいし、金もかかるし・・・でも行きたいしぃ。。(どないやねん!)

って言いながら毎年、この時期を乗り切っていますが、今年もあといくつか予定が入ってますが、、言うタイミングが、これまた難しい。

昨日、一昨日と連荘やったからね。

一昨日はランニングクラブ、昨日は祭り関係の忘年会。さすがに昨日はしんどかったなぁ。っとこれがしんどかっても帰ってからは言えない・・・言うと「当たり前やろ!二日も続いて!!」と聞こえそう。

そう言えば、帰ってからも潰れる事はないなぁ、帰ると酔いが醒める?この緊張感がいいのか悪いのか?さて、、どうでしょう?

まぁ、気を使ってるのは自分だけかも知れへんけど、一般的に嫁は諦めてるのかな?

しかし、気を使う事を忘れてはならない。  ウン 自戒。

次の忘年会のために。 なんて。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

貝源

昨日はお爺ちゃんの法事がありました。17回忌です。

お爺ちゃんは明治34年生まれ、生きていれば104歳かな。生きているころよく聞いた事があります。昭和天皇と同じ年だと、「自分が先にくたばるか、天皇がくたばるか競争や。」って。

お爺ちゃんが亡くなったのは平成元年12月12日。つまり天皇より長生きしました。お爺ちゃんの勝ちでした。

今思うと、天皇が先に亡くなって自分は競争に勝ったかも知れないけど・・・勝ってうれしいというより、寂しかったんやろなと思う。昭和天皇が元気に生きているから自分も、と思っていたんやろな。事実、時代は平成に変わってから元気がなくなったように思う。

お爺ちゃんの名前は貝○源二といいます。貝源のルーツはここにあります。

「貝源」って岸和田の人、もっと言えば祭り好きの人であれば、おそらく知らない人はいないと思います。それだけ有名?なんです。ある人は言っていました。岸和田では六本木ヒルズより有名だと・・・んなアホな。

だんじりが曲がる、つまりやり回しする交差点の名前を「貝源」と言うのです。家の実家はこの交差点の角にあって、昔はそこで乾物屋をしてました。店の名前が「貝源商店」なんです。今は細々と「貝源たばこ店」があります。

今の貝○家に「源」を名乗るものがいないけど、岸和田祭りでは「貝源」はずっと言われ続けて残っていくと思います。

法事が終わったあと、墓参りに行きました。墓にも「貝源」の文字が刻まれていました。

200512031236000

合掌 南無阿弥陀仏

05 

ついでに私。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

師走

12月に入りましたが、なぜ「師走」と言うのでしょう?

師走の語源には色々な説があって一定していないらしいです。
実際、私にもはっきりとした事は知りません。

私が学校の先生に教えて貰ったのは、「坊主が走る」でした。
「師馳(は)せ月」(しはせづき)なのだそうです。
昔は正月も盆と同じように祖先の霊をともらう月でした。
お経をあげるため、お坊さんがあちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源だと言われています。

まったく違う見かたで、
万葉集の時代、古来から十二月の読み方にあった「しはす」という言葉に当て字をしたのではないかと言う説があります。


他にも「師匠が走るから」や「漁師が走るから」とか色々な説があります。
本当は、何なんでしょうね。

もう少し調べると・・・・

1.師が走る、師とは誰かで4説
1-1)師は学校の先生、先生が走る(子供の頃のおじさんの認識) 師走
★1.師走とは、年末で日ごろ落ちついている学校の先生も忙しくて走りまわる月だと言うところからきたという説。いまだにそう言う人もいる。

1-2)師とは坊さんなり、坊さんが走る(ごく最近までのおじさんの認識)
★2.師走とは「師馳(は)せ月」(しはせづき)なのだそうです。昔は正月も盆と同じように祖先の霊をともらう月でした。お経をあげるため、お坊さん(=法師とか導師と言うでしょう)があちこちの家々を忙しく走りまわったのが語源だと言う。
 おじさんの田舎でもお盆の12日ごろ、年末の29か30日ごろだったか毎年坊さんがお経をあげに来ています。盆と正月前には必ず檀家を廻っています。だからその時期坊さんが物凄く、忙しく駆けずりまわっているというのはよく分かります。

1-3)師とは師団の師で、兵隊さんが走る
★3.師走とは師団つまり、「年末になると兵隊さんがバタバタ走る」という意味らしい(これは1名だけの少数意見)。

1-4)師はとにかく師匠のことである。なんの師匠かはあまり深く追求しない。ただ走り方が問題。趨(すい)走(チョコチョコ走る)する。
★4.師走とは、1年の終わりの12月は、みんな忙しく、師匠も趨(すい)走(チョコチョコ走る)するため「師趨」(しすう)がいつの間にか「師走」に代わったとする説もあります。(「師趨」の趨の右側が取れた?)

2.ここからは誰も走らない 何々の終わりという意味
2-1)仕事が終わる
★5.師走とは、12月は1年の終わりの月であり、総仕舞いの意味の「仕極(しは)つ」が語源との説。『し』が仕事の「し」で『はす』の方は「果てる」の意味。仕事仕舞いの月、つまり仕事が終わるという意味。

2-2)為す事が終わる
★6.「師走」とはもともと「為果つ月(しはつつき)」であり、1年の終わりの物事をなし終えるという意味があったらしい。(為す事が終わる?字が違うが、意味はほぼ上と同じく仕事の終わりだね)

2-3)年が終わる
★7.師走とは「としはつるつき」や「としはするつき」がなまったという説(これは歳が果てる、年が終る月という意味)

2-4)日時が終わる
★8.貝原益軒の説は、日時がはつる月だから、「しはつる月」、それがなまって「しはす月」となったのであろうという説(★7と同じ。貝原益軒説は疑問★9のほうでしょう)

2-5)季節(四季)が終わる
★9.江戸・元禄元(1688)年の『日本歳時記』(貝原好古編・貝原益軒補)という本には「しわすというは四時の訛音なり。四極月(しはつづき)なるべし」とあります。つまり四時(春夏秋冬)が果てる意味の「しはつ」がなまって「しわす」になったのだそうです。これは四季の終わり、つまり季節が終わるという意味。
★10.「歳極(トシハス)」の略転、「万事、為果(シハ)つ月」、(大言海)(上2つ、2-1)と2-2)同じか)

3.当て字説
★11.「十二月(シハス)には 沫雪降ると 知らねかも 梅の花咲く含めらずして」と万葉集巻第九~一六四八にあり、また、「十有二月(シハス)」と日本書紀にあります。
これからして、万葉・記紀時代には数字で書いて「シハス」と読み、「師走」とは表記しておりません。従って、「師走」は後世の当て字であることがわかります。
(昔から十二月をシハスと呼んでいた、後で師走を当てたのだろうと言うことですね。これは説得力あり)
★12.「語源不詳」「師走」は当て字、以上は(国語大辞典)
(ズルイがとにかく当て字説派。これが一番正しいかも)

どっかのHPより頂きました。 

ん~ 色々説があるんやなぁ・・・(しかし、自分でほとんど書いてないわ。すまん)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ブログ

今日で11月も終わりですぅ。ってこう言う書き方はキモイ?それより字が大きくなってるでしょ。読みやすくなったかな?ブログも初めて約1ヶ月・・読者から苦情がありまして、ハイ。早速大きくしましたけど。200510231551001

実は自分も小さい字が見にくくなってきておりまして、つまり老眼?年には勝てまへんな。仕事でも老眼鏡を結構使っております、ハイハイ・・これをかけるとホンマよく見える!視界がメチャクリアで、何でも見えそうな気がしますが、遠くを見るとぼやけて全然見えない・・・この前も老眼鏡をかけたまま電話をとって、誰々さんに電話やから周りを探したら、これがメガネかけたままやからボヤケテ全然見えない!ここはどこ?誰々さんどこにおるねん!ってな感じで。話しがチトそれてしまいました。

あっそうそう、自分のブログ、文がダラダラと長くてしんどい。っちゅう苦情も受けました。これは何となく分かります。ハイハイハイ・・・自分で読み返してもだらけてしまいます。今日もダラケタ文になってると思います。ハイハイハイハイ(もうええて・・)

ブログも何を書こうか、いつも悩むところがあり・・・あれ?字が小さい?スンマソ このぐらいがええのんかぁ?このぐらいかぁ?これは小さすぎる?中身のない文やな、まったく!これ以上大きくならんのかな? 太くなった

(この大きさでいきます)
新聞で見た記事で・・大阪市のことがよく載ってます。市職員の厚遇問題!知り合いで大阪市職員がいますけど・・・最近は公務員の問題を一手に引き受けて、何やらバッシングされてますが・・実は少々のことでは驚かない、何を言われても気にならない、若いうちからこんな経験をするとこの先どんなエロ務員・・違う公務員になるか末が恐ろしいですぅ(キモイ)

このHP結構おもろいです。

http://www.osaka-minkoku.info/osaka/osaka.htm

写真の人物、来年は萩往還250に行くと宣言しております。この秋にその下見に行った写真です。山口県の国宝瑠璃光寺をスタートして瑠璃光寺に帰ってくる制限時間48時間にアホみたいな大会です。それに出る人です。あっ肖像権の問題あるの?個人情報の流出かな?まぁええでしょう。

img272

ついでにその奥さまも。ええ顔してるよ。(今年の萩往還70より)

もう眠いから寝ます・・ZZZ

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »