« 泉州マラソン2 | トップページ | 泉州マラソン3 »

バレンタイン

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本で始まったもので、欧米ではみられないといわれるが、英語版wikipediaに「バラ、チョコレート、宝石などの贈り物」という表記があり、外国でもチョコレートを贈るのはごく普通である。ただ日本のようにチョコレート一色という状況はない。最も「甘く、スウィート」ということで、この菓子が選ばれたとされる。

日本でのバレンタインデーとチョコレートとの歴史は、神戸モロゾフ洋菓子店1936年2月12日に、国内英字雑誌に「バレンタインチョコレート」の広告を出し、1958年伊勢丹で「チョコレートセール」というキャンペーンが行われた。ただどちらにしても、あまり売れなかったようである。伊勢丹でのセールでは、1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったとの記録がある。

現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となっている。当初は女性が男性にチョコレートを贈ると同時に愛の告白をする日とされていたが、現在では既に交際中の恋人や、結婚している夫妻の間でも行われるようになり、さらには女性社員が上司などにチョコレートを贈る「義理チョコ」という習慣も生まれている。最近では女性が職場の上司・同僚・先輩・同級生など、日ごろから頻繁に顔を合わせる男性にチョコレートを贈る習慣も一般化してきており、特別な恋愛感情を伴うことなくチョコレートを贈る場合が多くなった。女性が女性へチョコレートを贈る「友チョコ」という習慣も生まれている。

近年、一部の女性の間で、女性から男性にチョコレートを贈る日本のバレンタインデーの習慣は、男尊女卑に由来するものであり、男性から女性に贈る習慣に改めるべきであるとの主張があるが、大きな声になっていない。また、性差別というのであるならば、両者が贈り物をしあう習慣に改めるべきなのだが、こちらも大きな声にはなっていない。しかし一部のマスコミの中にはこの意見をスケールアップして報道している例も認められる。

なお、この日がチョコレートなどのプレゼント交換の日となったのは、2月にはあまり商売になる年中行事が少ないため、この行事を担ぎ出して商戦をあえて仕掛けたことが発端といわれている。 とある。(どっかのHPより)

200602142308000 200602142259000 どちらも娘からいただきました。

姉はチョコチーズケーキ。

妹はホワイトチョコロールケーキ。

普段は甘いものを食べませんが苦いコーヒーを飲みながら美味しく全部いただきました。

他には、課の美女軍団より、同じグループの可愛げのない小娘から、生命保険の愛想のいいおばちゃん?からいただきました。

それと、仕事の関係で地元に行ったら、K大臣の奥さんからもいただきました。年寄り向けか、ハート型の最中でした。これも食べました。200602142306000

あまーい!

政治家の奥様は大変だ~!

|
|

« 泉州マラソン2 | トップページ | 泉州マラソン3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/8664943

この記事へのトラックバック一覧です: バレンタイン:

« 泉州マラソン2 | トップページ | 泉州マラソン3 »