« 悲しい出来事 | トップページ | 干し柿 »

偽装

最近の建築にまつわる偽装問題。

東横インの偽装問題が毎日報道されている。別に東横インを肯定するつもりはないが、一度問題が起こるとどこも足並みをあわさなければならないから・・・?

全国の都道府県や市が調べている。おそらく立場上調べなければならないのだろう・・・この問題どこでおちをつけるのだろう。

ここまで、問題を大きくしているのだから徹底的にしてもらいたい気もするが、現実問題として無理がある。

やはり一罰百戒なのか・・・

障害者団体も抗議している。当たり前だろうが、黙ってるわけも行かないだろう。

ラブホテル。

この建築は条例などでかなり規制されている。そのために立てられる場所がかなり制限されていて、新しいラブホはほとんどがビジネスホテルなんです。

つまり、ビジネスホテルで建築確認が下りてます。

ビジネスホテルは、確か入り口にカウンターがあって食堂があって、会議室があったらビジネスホテルとみなされ厳しい条例が適用されません。

ラブホによく行ってる○○さんなら、「あっなるほど!」て思うでしょう。入り口に入れば無人のカウンターがあるでしょう。ケーキとか入ってる陳列があるでしょう。メニューとかもあったりして。そう、あなたが行ってるところはビジネスホテルなんです。一度会議の予約をしたらどうでしょう。おそらく、物置になってるか改造されているでしょう。

ビジネスホテルに部屋の案内パネルはいらんやろう。ビジネスホテルに鏡張りの部屋はいらんやろう。ビジネスホテルにスケベ椅子・・・もうええてか。

ふと思う。このビジネスホテルに障害者用の部屋や駐車場があるとは考えられない。

でも、問題にあまりならない。

問題にならないからいいのかな?

でも、建築基準法違反は間違いない。

何かおかしい、理解できない。

これが大人の社会なんだろうか。

|
|

« 悲しい出来事 | トップページ | 干し柿 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/8490450

この記事へのトラックバック一覧です: 偽装:

« 悲しい出来事 | トップページ | 干し柿 »