« 女性の社会進出 | トップページ | 工事完了 »

六甲縦走

200603261206000 久しぶりに六甲縦走コースに行ってきました。2週前のダイトレに続いて、萩往還250Kに向けて第2弾です。

須磨浦公園をスタートして、高取山、菊水山、鍋蓋山、市ヶ原から摩耶山、凌雲台から六甲最高峰、塩尾寺(えんぺいじ)まで52kのコースを約10時間かけて走り歩いてきました。

天気はそれほど暑くなく山の風は本当に心地よく気持ち良く自然の中で汗をいっぱいかいてきました。

天気に恵まれたこともありますが山はいいですねぇ。10時間もかけて急な登りもあり、体力も消耗してしんどい筈なのですが、塩尾寺にゴールしたみんなの姿は清々しく爽やかで充実した顔をしています。まさに 「Good Job !」 でした。

今回の参加者は総勢46名と大所帯となり、参加された方も前回のダイトレのようなまったくの初心者はいないようでした。年配の方もおられ、中には、途中でリタイアした人もいましたが、これだけの距離ですからそれぞれのペースがあって、体力差もあって仕方のないところですが、リタイアした人たちも、今の自分の力も知って、また違った目標を持ててそれなりに良かったのではないでしょうか?

聞けば、歩きとおせば12時間でゴールするらしいです。年配の方でも時間があればゴールできる方もおられたと思いますが、スタートが7時半ですから無理もないでしょう。

「マラニック」

マラソンとピクニックを無理矢理くっつけた和製英語なんでしょう。

このマラニックも全国でいろんな大会が開催されております。自分も結構このマラニックが好きなところがあり、来月は堺の浜寺公園~二見ヶ浦までの太陽の道ウルトラマラニック190kに参加します。

そして、ウルトラマラニックでは全国的に有名な?萩往還ウルトラマラニック!今年で4回目の挑戦になりますが、当面はこの大会を目標にしています。

マラニックとは

「決められたコースを競争をすることなく、時間内に完走することを目的とした「楽しく走るスポーツ」である。

と書かれています。

この時間内に完走なんですが、もちろん個人差がありゴールする時間もそれぞれが違いますが、時間内に完走できて、楽しく走れることがマラニックなんです。

最近、このマラニック人口が増えており、人口が増えれば必然的に力のある人も多くなるわけで、そうするとそこで競争がうまれます。

完走したタイムは個人の目標として、次につなげる糧となり、完走タイムはもちろん必要なのですが、何かマラニックでもタイムの速い人が賞賛されるきらいがあるように感じます。つまり、競技性が出てきているように思います。

そのためにショートカットとか・・・・・まぁ、早くゴールしたい人は何か用事があって早く家に帰りたいのでしょうか?くらいの感じで、勝手に速く走らしとけばいいのであって、本当は、マラニックに参加する人は「競争することなく時間内に楽しくゴールする」これですよ!

今回の六甲縦走でも、10時間くらいでゴール、日没までにゴールするという比較的ゆっくりした速さで走り、歩いて、そこに出会いがあって、会話があって、昼食は定番のカレー&生ビールでゆっくりして、ゴールした後はこれまた定番の打上げがあって・・・はしゃいでしまいました。

朝の早くから夜遅くまで本当に有意義な時間を過ごすことが出来ました。ほんとにまぁ、よく遊びました。みんな不良やね。

家に帰れば、いきなり「臭い~!」って。

ギョーザ食べ過ぎたかな?

|
|

« 女性の社会進出 | トップページ | 工事完了 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

出張の多い今日この頃やけど、知らん町を探索して走るのもマラニックちゃいまっか。小牧城のジョギングコース、津城址公園から歴史探索、豊橋市内から城址公園、湖西市内から浜名湖岸、次はどこやろなー?膝壊してからあんまりよう走らんけど自分なりに楽しんで走ってまっせ~!

投稿: ヨネヤン | 2006年3月29日 (水) 11:08

出張で忙しい中でもマラニックやってるんやぁ。仕事はきついやろうけど知らない所をマラニック出来るのはチト羨ましいかな?津城跡かいらく公園の桜はメチャ綺麗ですよ!懐かしいなぁ。

投稿: kaisan | 2006年3月29日 (水) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/9291901

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲縦走:

« 女性の社会進出 | トップページ | 工事完了 »