« 大阪ドーム | トップページ | 太陽の道 »

太陽の道

『太陽の道』
箸墓を中心に東西約200キロの直線上(北緯34度32分)に、「太陽の道」と呼ばれる、古代の祭祀遺跡が並んでいるという説がある。
 東の端は、伊勢の斎宮址。西の端は、淡路島伊勢の森(伊勢久留麻神社)。この二つの「伊勢」のあいだを、古代遺跡や古い由緒をもつ神社が点在していて、共通点が太陽神の祭祀に関係があり、磐座・岩石が信仰の対象となり、女性の祭祀者のイメージが感じられるとされる。
 太陽神の祭祀に深いかかわりをもった古代の「聖線」、すなわちこれが「太陽の道」と名付けられたゆえんである。
 桜井市では、長谷寺、三輪山、桧原神社、国津神社、箸墓が線上に浮かぶ、古代王朝の政治的効果を狙って策定されたと考えられているが、地図や磁石のない時代に東西の直線を引くことができたとするなら、古代の測量技術に驚嘆する。

とあるところでこんな風に説明されております。

今回の太陽の道マラニック、今年で3回目の参加です。

浜寺公園を夜10時にスタートして大鳥神社、萩原天神、二上山、多神社、箸墓、三輪山、長谷寺、室生寺、曽爾高原、掘坂山、松阪城、伊勢斎宮を通過して、これら全て北緯3432分上に位置します。そしてゴールは二見ヶ浦!190kmのマラニックです。Photo

3日目の午前中にゴール。昨年の記録を見ると35時間23分費やしてゴールしてます。もちろん、途中で風呂に入り仮眠もしてのゴールです。                                                        

                 箸 墓(卑弥呼の墓?)

制限時間40時間の大会です。別に早くゴールする事が目的でなく、この時間内でいかに楽しく、自分のペースで走り歩き、そして苦しみ最後まで諦めず、二見ヶ浦にゴールする事が目的です。

今年も天気が良さそう、しかも桜も満開でしょう。自然の中に自分も一つになり風になります。新緑の野を山を駆け巡り光り輝く息吹を目、肌、脚、身体全体で感じながら太陽の道のはて、二見ヶ浦めざして遊んできます。

スタートは7日の夜10時。   

                      05_020                                                           

昨年のゴール写真です。

                    

|
|

« 大阪ドーム | トップページ | 太陽の道 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/9449765

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の道:

« 大阪ドーム | トップページ | 太陽の道 »