« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

マラニック

先日、マラニックに行ってきました。ネット繋がりのランニングクラブが主催する龍神温泉マラニック。堺の泉ヶ丘駅を金曜の夜8時にスタートして滝畑~蔵王峠~高野山~龍神スカイラインを通って龍神温泉がゴール。昼の3時前にゴールでした。総距離115k、標高差1300mとかなり過酷なマラニックです。

もともと、マラニックとはマラソンとピクニックを合わせた合成語なんですが、このコースではこの言葉は少し合わないような気がします。とにかく上りが多くしんどい!ゲー出るほど上りがありました。

とか何とか言っても終わってしまえば、夜中頭にライトを着けて仲間とワイワイ喋りながら走った事や、朝方は眠くてみんなが無口になってひたすら走った事や、高野山が近づくと飛ばす人が出てそれに付いていってムッチャしんどかった事や、龍神スカイラインからの奥深い新緑の山々が目にまぶしく気持ちよく、クタクタになって走った事や、途中冷えたビールがマイウ~やった事や、遅れると「野グソやってたんチャウ?」って品のない事を言う人がいたり、いろんな事があって思い出すと楽しかった、ほんとピクニック?気分ではないけれど、それに近い気分・・・マラニック気分かな、また行きたくなる龍神温泉マラニックでした。

200605271030000途中の龍神スカイラインでのエイド休憩の写真。

この、マラニックのエイドと言えば、完璧なサポートでした。

とにかく食べ物がふんだんに用意されておりました。おにぎり、うどん(きざみうどん)、カレー、ソーメン、他にオレンジ、バナナ、チョコ、どら焼き、飲み物もカルピスからコーラーまで、もちろんビールも!すべて、冷えてました。昼間の暑い中での冷たいビールはもう、最高です。

走ってる者はただ、食べて飲んでるだけで、ひたすら走るだけ!こんな単純なことを自分の足で目的の温泉地まで行くだけ、目的も含めて単純、シンプルイズベスト! がいいんですねぇ。

今回の参加料は、たったの3千円!しかもゴールから自宅まで送っていただいてこの値段です。これは、他では真似の出来ない事だと思います。

今回、このマラニックに参加して思ったこと・・・値段の安さもさることながら、このネット繋がりのランニングクラブ、「青馬会(せいまかい)」素晴らしいクラブだと思いました。

走る人、サポートする人、以外に、見送りにくる人、途中、顔だけ出す、合流して走る、走っても夜中に帰る、最期まで走る、途中リタイアした人はサポートに回る・・・・それぞれの人がそれぞれの楽しみ方、参加の仕方があって、それがごく自然にまわってる、その自然に、普通に時間が過ぎて、すごく簡単に時間が過ぎて行く事が、ここまで成長したランニングクラブならではの事だと思いました。

なかなか、簡単に真似の出来ない事です。

このランニングクラブ、背中にSINCE2000と書かれてます。6年になるんですねぇ。ここまでクラブが成長した裏には、代表の濱ちゃんの人柄、クラブを支える仲間たちの力があってのことだと思います。

さらに素晴らしいクラブになってほしいと思います。200605271317000

龍神温泉まで8kmの標識、ポールにしがみ付いてるお嬢様は、太い?ポールが好きなんでしょう・・・悶絶、奇絶峡まで行くんでしょうか?青馬会の看板娘 たこちゃんです。

(後ろはサポートカーで休んでるところが映ってます。)

マラニックは男ばかりでは楽しくない!でしょう。やはり、こんな変わった(失礼)楽しいお嬢様と一緒に走ることで楽しさも増しますねぇ。

しかし、女といって侮ってはいけません、今回も最初から最期まで115k走りきった女性がいましたよ~!(やなちゃん)見た目はそんなたくましく見えないけど、見えるか? 写真は載せませんので青馬会のHPでご確認下さいませ。http://www.ican.zaq.ne.jp/eubws808/

勝手にHPのアド載せてごめん! 

とにかく、こんな厳しい過酷なマラニックを企画してそれをいとも簡単にやってしまう、青馬会。 素晴らしいランニングクラブです。(褒めすぎか?褒めごろしか?)

ルネRCが一番やけどね!

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

男、清原和博

200605281015000 金、土と龍神温泉マラニック(詳しくはまた。)に行って、昨日の夜は眠くて眠くて・・9時ごろに布団の中に、何気なくTVのスイッチをオン。

オリックスVS横浜、8回表で3-6。昨日まで3連勝、しかも清原が先発出場してからの連勝、清原が出ることでチームが変わる、勝つ、さすがです。(それまではなんと9連敗・・・)

今日は負けやなぁ、眠たいけどボーと見てました。9回の表も平野が抑え、迎える9回の裏。

横浜の押さえは150kピッチャーのクルーン。勝ち負けよりクルーンの速い球を見たい気持ちで、うつろうつろでボーと見ていました。

投球練習で152k、154k・・速や! しかし、うつろながら、スピード表示より球が走ってないように見えたような気が・・(今だから言える?)

代打の牧田が2遊間を抜けるヒット。続く村松はファーボール。

おっ!清原にまわってくるかも。続く塩崎は倒れ1アウト、3番のベテラン水口。ここでゲッツーになれば、終わり。4番清原の出番がなくなるので、とにかく清原に繋いでほしいなぁと・・・さすが水口でした、2遊間を鋭く抜けるヒット!これ以上のないお膳立て、1アウト満塁で男、清原!

眠い目をこすりながらボーと見ていたけど、ここは眠くても、見なければ!身を乗り出してTVに。

1球目は、おもいっきり空振り。何キロか覚えてないけど速い!2級目は高めのボール。2球とも真っ直ぐ。クルーンも真っ直ぐ勝負なんでしょう。

そして、3球目。右中間方向へ高い打球が・・打球の行方を追う清原が、ベース上で万歳! 「ウソやろ~!サヨナラ満塁ホームランや!!」

布団の上で、自分も万歳! 清原に拍手! 眠いことも忘れました。

なかなか最終回にこんな場面はないと思うけど、ここでホームランが出れば逆転という場面があっても、本当にホームランを打つところが、理屈ぬきにスゴイ!

さすが、千両役者。男、清原和博です。同じ岸和田人として誇りに思います。(関係ない?)

参考に、長い野球の歴史の中で満塁サヨナラ本塁打はたったの27本。3点差をひっくり返した満塁サヨナラは、清原が13人目なんです。

2006052701004041ヒーローインタビューでは、自分らマイクをにぎり、

「神戸のみなさんこんばんわ。清原です。」

これを聞いただけで、自分は大阪に関西に帰ってきたことを、あえて言いたかったんでしょう。

男、清原和博の最後の花道を飾ってあげるから、大阪に帰って来い! 故 仰木監督の言葉を思い出しました。

そして、次にいった言葉、

「野球を辞めずにやってきて本当によかった。クルーンのあんな速い球、打てないですが、みなさんの声援がバットに当ててくれた。」

これを、言った清原も目が潤んでいたように見えました。自分も目頭が熱くなりました!R02812006052803020060528_1 Mkfuln20060528001001

 

                      

           カッコよすぎるで~!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

マイブーム

200605202013000 最近よくこれを食べてます。

さて、なんでしょう?

実は、豆腐ステーキなんです。元々豆腐が大好きで、夏は冷奴、冬は湯豆腐と年中豆腐を食べております。

豆腐とトマトがあればいいんです。ヘルシーでしょ?

先日、近所のお好み焼き屋に食べに行ったとき、陳列に豆腐ステーキなるものがあったので、ビールのあてに丁度ええなぁと、注文してみました。

これが結構、いけます。美味しいです。

豆腐にしし唐、しいたけ、大根おろしがあって塩コショウで味付けしてポン酢をかけて食べる、いたってシンプルな食べ物なんです。これが450円!高!

嫁曰く、「こんなん原価100円もないで~!」

今度、家で作って!っと言うと・・それから、しょっちゅうこれが食卓に出てきます。

作るは楽、食材は安い、食べて美味しい、

正に 「早い、安い、うまい」 の三拍子揃った吉野家の牛丼に負けない代物です。

一度、ご賞味下さい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

淡路島一周

昨年の琵琶湖一周に続き今年は淡路島一周、行って来ました!200605211118000

メンバーは皆生組二人と皆生ウエイティング中一人の三名。オッサン三人です。

泉佐野から朝6:30のフェリーに乗って、淡路島津名港へ。南に下って時計回りで一周。

写真のように天気は最高!メチャメチャエエ天気でした。日焼けで肌が痛い・・

昨日と違ってよかったよかった。この3人行くところは今のところ全て晴れです。

昨年の琵琶湖一周ラン、一周バイク、萩、そして今回と雨はないですねぇ。

こんな気候のいい日にバイクは最高です。特に淡路島の西海岸はきれいでしたよ。

昼は、その西海岸沿いのお店でお決まりのカレー&ビール!Imgp1701

こんな景色のきれいなところで食べました。ついついビールおかわり、飲酒運転でした。

そうそう、途中、ネズミ捕りしてました。制限速度40kmのところで。バイクでも捕まるのかなぁ?

下りでは最速62km出てましたが・・

しかし、飲酒運転はアカンな。(反省)

結構飛ばしたので、(平均速度は約30kmでした。)野島断層を見学。

もう、あの地震から11年も経つのですね。こうして後世に残して過去の現実を知る、思い出す事は大変大事ですね。ニュースでよく出ていた建物が見学コースになってました。家の横を断層が走っていて120cmもずれたとか。ここで住んでいたのですから、地震当日はすごかったんでしょう。

気になったのは、ここで住んでいた人はどこにいったのか?すぐ近くに新しい豪邸がありましたが・・・んな事考えるのは不謹慎やね。

とにかく、本日のライドは天気よく気持ちよく最高でした。約130kでした。

おっさん三人、よく遊びました。Imgp17082

しかし、ケツ痛いわ~サドルとハンドルの位置がどうも気になる・・・上りでも力がペダルに伝わりにくい・・言う事がイッチョ前に? 一応一軍選手ですから。 ウン、調整しよう。また、金かかるなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

戦え、地球人。

皆生トライアスロンから今年のポスターが送ってきました。今年のキャッチコピーが「戦え、地球人。」そして「己と戦え、大自然と戦え。」 なんとも、いやが上にも気合いが入るコピーです。200605201501000

早速、我が家のお茶の間に張りました。7月16日まで毎日見ることが出来ます。これで、毎日気合いが入ります。

んなに、気合い入れんでもいいでしょうけど・・

しかし、トライアスロンは、まだまだ経験が少ないので、不安が一杯ですが、一応去年の経験と、皆生から選ばれた一軍選手?ですから、自信と誇りをもって、己と戦いたいです。

しかし、「己と戦え、大自然と戦え。」 って何とも重いコピーですねぇ。

皆生の大自然と戦えるかどうか・・あまり敵にしたくないのですが、皆生の海、大山の山々、そして灼熱のロード、どれも敵にまわすと、コワイコワイ・・

皆生の大自然さま、仲良くしましょうね! 

話しは変わりますが、昨日の倖田來未の特集番組、娘が好きなもんで自分も見てしまいました。エロかっこいい歌姫、ついついお乳はみ出しそうな格好におじさんたちは釘付けにされてしまいますが、彼女結構しっかりしてますねぇ。

いいこと言ってました。

女子高校生たちの前で、

最近夢を持ってない人が多いと思う。一度だけの人生、夢をもって生きてほしい。夢は自分一人ではかなわない。親、先生、恋人などいい人とめぐり合えれば、夢はかなえます。いい恋人見つけてね!

自分のこれまでの話をおりまぜて、大阪弁丸出しみたいな・・で話してました。女子高校生たちは泣いてました。なんだか、このシーンを見て自分も泣いてしまいましたが・・

自分もこの話を聞きながら、いくつになっても夢を持ち続けたいと思いましたねぇ。いい嫁、いい家族、いい仲間にめぐり合えてますから、夢はかなえますね!

まずは、皆生トライアスロンを完走して、鉄人ラーメンを完食する事。

ちっさい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

感動のゴール!

Image007 Image010

Image009

Image008

Image006

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新調

わが町のだんじりが平成20年に新調されます。

今のだんじり、大正6年に作られ、約90年曳行されてきました。今年と来年の曳行でお役御免となりますが、また岸和田の山手の町で曳き手は変わっても曳行されます。200605141351000

今のだんじりの記念誌を作るため、今日は撮影のため、小屋に集まりました。

何年もだんじりを曳いてますが、じっくりと見ることはあまり無かったのですが、見れば見るほど味のあるエエだんじりです。

90年の歴史を感じます。このだんじりを手放すのは本当に惜しい気持ちですが、やはり、後世に残すためには、思い切った決断も必要なんでしょう。

100年に一度の大仕事なんです。

200605141355000

自慢の彫り物を自分の携帯でも撮影したので少し紹介しましょう。

正面の桝合(正面の屋根の下の彫り物)は神話の 「天の岩戸」 です。

しもぶくれ美人の太陽の神である天照大御神(アマテラス)は、絶品です。

200605141339000 これは、自慢の見送り (子屋根の下の彫り物)

川中島の合戦、上杉謙信が武田信玄を切りつけるところです。なかなか迫力あるでしょう。

別角度から見ると、武田信玄が軍配を持っているところが分かります。

200605141342000

新調だんじりの見送りも、今と同じ川中島の合戦です。これとひけを取らない彫り物を彫って欲しいものです。

今のだんじり、知る人は知る、かの有名な桜井義国の作品なんです。ホンマにエエだんじりです。

この後、彫り師のところへ行きました。どのくらい出来ているのか偵察に。

彫り師は、まだ粗彫りだと言いますが、素人の自分からすればかなり出来ていました。

300年の歴史ある祭り、この歴史を後世につなげて行き、新しい歴史が生まれます。先人達の苦労を絶やさないためにも、今我々が新しいだんじりを作るのです。

平成20年に完成です。出来上がるまで楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

皆生

今年の出場が決定しました。

そう、皆生トライアスロン大会から出場決定通知書が送られてきました。

200605131953000 結構、事務的な通知書でしょ!

なんか、高校や大学の合格通知がきたみたいですが、メチャうれしいです! 皆生トライアスリートの仲間入りできたみたいで。

去年の場合は、出場には変わりはないのですが補欠で出場やったんです。

まず、不合格通知がきて、はがき一枚です。そして、即ウエイティング希望のメールを送るんです。補欠が出た場合、出場できる可能性があるのです。即送るのも出場したい熱意を伝えるため。

一昨年も不合格で、補欠も駄目でした。

出場選手の都道府県枠があるらしいです。自分の場合は大阪府で欠員が出た場合、連絡来る可能性があったのです。何回もこの皆生に出場しているdoironさんに、冗談で 「もし、怪我して出れなくなったら自分が出れるかも?」って。

doironさんが怪我したわけではないのですが5月末ごろに大会事務局から自分の携帯に直接連絡がありました。「欠員が出ましたが、出場できますか?」

即座に「ありがとうございます。出場します。」

この時もうれしかったけど、今回は一次選考で選ばれたから、補欠選手違いますよ~一軍選手やで~!

去年の大会、、自分がイメージしていた内容とはほど遠い、ヘロへロのゴールでした。完走できたことはうれしかったけど。

得意のランでは、走れず、からだが動かなかったです。自分の想像を超える過酷なレースでした。とにかく暑い、熱い!おもいっきり水、氷をかぶりながらヨレヨレのゴール。いっぱい抜かされました。

完走できた喜び、感動はもちろんありましたが、思うように走れなかった悔しさもありました。それより、ゴールした人に配られるラーメンがあるんです。「鉄人ラーメン!」と呼ばれてます。

去年は、食べてる姿を見るだけでも気持ち悪くなりました・・・食べる物、何もからだが受け付けず、着替えも一人で出来なかった状況でした。最悪~

こんな経験は初めて・・・(いや2回目かな?初ウルトラのサロマでもこんなんでした。)

今年の目標は!

ゴールして、美味しく鉄人ラーメンを食べる事! これですよ!

そして、○○ママより先にゴールできたらええかな?

○○ronさんより先にゴール・・・

まぁ、皆生に参加されるみなさん!全力を尽くして頑張りましょう!

Kaike_005_1

去年のヨレヨレのゴールです。ラン仲間、嫁さんと一緒にゴールしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

仕事終わってからたまに飲みに行く事があります。

今日も久しぶりの飲み会。わが社の走友会の総会、って言うても単なる飲み会。

普段は顔を会わさないメンバーですが同じ趣味を持つ仲間と飲む酒も美味いです。話しは仕事の話はほとんどなくランニングのことばかり。

中でも、萩往還の話しが話題となり、250k3回完踏した自分としては話さないわけにはいきません。自分の話で結構、触発された人が出て来年は140kから走るって言う人が何人か宣言しておりました。

酒の力を借りてかもしれませんが、走る人はみんな単純です。でも、年になってもこの単純なところがいいんでしょう!みんな若いです。

先日、飲みに行った話し・・・

1次会が終わり数人でそばを食べにいき、そこではお決まりの焼酎のそば湯割り・・・これが次の日に残らんでいいんですねぇ。梅干しなんか入れて。

何人かいたので、焼酎をキープする事に。

店のおばちゃんが焼酎を持ってくる、そして白いマジックと。

自分がマジックを手にとって、一緒に来たメンバーの名前を書いてやろうと、○河と目立つ場所に書いてやった!どうだと言わんばかりに。しかし、書きながら、ビンが熱かったのを覚えているが、何故熱いのかは気にならないって言うかその時は分からなかった・・・

○河君にそれを見せると、「あんたどこに書いてるん?」

「えっ?」

酔っ払うとこうも、分からなくなるのか、「ハハハ」って笑いながらも自分がここまで気がつかないところが怖かった。

このビン、そば湯を入れてるビンなんです。名前書くとき熱かったはず。

普通はそこで気がつくはずなんやけど、酔うとコワイですねぇ。

普通に見れば、普通に見らんでも・・焼酎のビンとそば湯のビンは明らかに違う!全然違う!

書いた自分が一番恥ずかしかったけど、店のおばちゃんに 「そば湯キープしといて!これでええか?」

これを聞いていた隣の客はそば食べながら笑てましたわ。200604052127000_1

これがそば湯をキープしたビンです→

こんな客おらんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

弁当

自分の弁当です。200604201129000

嫁さんがいつも作ってくれます。結構、まわりからドカ弁って言われてます。

ご飯とおかずの境目があまりなく見た目も中身もダイナミック弁当です。

自分はこの弁当で慣れてますが、初めてこれを見る人はいつもびっくりします。

この弁当のサイズになる前はもう少し小さかったのですが、同じ職場に自分と同じくらいの弁当があったので、嫁さんに大きくしてもらいました。

負けず嫌い?

朝は食べる時間がなく食パンだけで済ましてますが、昼飯が一番食べるかな?だから、人より大きな弁当がいいんです。200604261205000_1

弁当の大きさが分かりにくいと言う人がいましたので、消しゴムをおいて写しました。

「何で弁当写してるの?」って声が聞こえましたが・・

いつも美味しくいただいているのですが、この弁当二日酔いの時も同じボリュームなんです。これが結構ツライ・・もちろん残さず全て押し込む・・いや、食べます。

200604211209000_1 これが、そうです。結構ヘビーでしょ!

これは自慢でもないのですが、弁当を作ってもらってからは、食べた後は必ず自分で弁当箱を洗ってます。

もう20年以上もなりますが、昔は洗ってると、年配の方は何で洗うのって顔して「エライなぁ」ってよく言われましたが、今は洗う人が結構多いです。

気になるのは女性職員、洗ってるのを見たことがありません・・・

きっと、洗わずに持って帰ってる。男の自分の方が偉い?

先日、娘に弁当を作ってもらいました。200605011203000

やはり、親子です。娘の弁当もコテコテでした。

美味しかったよ!ありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

萩往還

1_043_1

ゴール後のツーショット!隣の彼は3年前の萩140kで知り合ったT蟹くん。

昨年に続いてビールを用意してゴールを迎えに来てくれました。感謝感謝です。

走る仲間ってホントいいなと思います。年に何度かしか会わないけれど、走る仲間は、走る喜び、苦労、辛抱、感動すべて共有できる事がうれしいです。

ここ、萩に集まる仲間は全てこれを共有する事が出来る集まりだと思います。だから、また萩に来たくなるのかもしれません。

会社では、萩の話しをする事はありませんが、一部で知る人がいますが、ほとんど会話にはなりません。何一つ共有する事が出来ないですねぇ。

この落差はホント大きいです。落差どころではないかも、次元が違いすぎる?世界が違う?変人扱いされそうになりますが・・・

そんな変人かな?っと自問自答することがありますが、ある意味、この感動を知る自分は幸せものだと思います。

この250kを完踏する人

特に運動のずば抜けた人の集まり?特に体力のある人の集まり?

違いますねぇ。むしろ運動音痴が多いかも?

でも、これを達成する人はごく限られた人たち、ごく限られた人たちしか挑戦しないのか? なんでやろ?

いろいろ考えても仕方ないけども、確かに理解しにくいところがあるかも知れないけど、自分の可能性、自分の夢を持つ事は素晴らしい、そしてそれを達成したときの喜び感動は言葉では言い表せない。失敗したときの悔しさがあるからまた次の目標に向かう。自分のことだけでなく人の喜び感動を自分のことのように感じる事が出来ます。

こんな素晴らしいスポーツに出会えた自分は本当に幸せです。

1_045

1_046

仲間のゴールを喜び、感動を共有できる事が本当に幸せです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

萩往還写真集

  Imgp1676_4 Imgp1677ルネRC萩250k4人衆

Imgp1680

昨年チェックカードを拾っていただいた命の恩人、広島のF岡さん。

俵島から

Imgp1683 200605030629000_1

西寺のエイドで

シーブリーズから

200605030852000200605031049000

200605031057000

虎ヶ崎から朝焼け200605051136000

200605040537000

西阪本のエイドで

200605040945000

200605041138000

1_042

瑠璃光寺ゴール!200605041329000_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

萩往還完踏!

1_048今回の萩往還250k、ルネRCより4人参加し、全員完踏しました。

ゴール後、瑠璃光寺の入り口での写真です。

前のめりになってるアンパンマンみたいなおっさんは、ゴール後すぐでまだふらついているようですが、彼はルネRCの会長、H間です。(H会長)

一昨年、250kで挑戦するも150kあたりであえなくリタイア・・・そして、今回はそのリベンジ!見事なリベンジをはたすことが出来ました。オメデト~!

今回も160k過ぎで98~99%は止めろと思ってたらしいですが、まだ時間あるし、ゆっくり走ってるうちに回復してきたらしいです。ちょうど日が落ちてくると気温が下がり身体も楽になるんでしょう。リタイアと完踏は紙一重だと言うところを見せて頂きました。

その左に、首にタオル巻いてるおっさんは、ビール飲み妖怪のあぶさんです。一昨年140kを「足にマメできた~痛い~」でまだまだ時間もあったのにリタイア・・そして昨年は140kを完踏して今回の250k初挑戦。

これまでの経験を生かして250k初挑戦で初完踏はお見事でした。(パチパチ)ビール飲み妖怪も走ってる間はビールを我慢、ゴールする気持ちを最後まで無くさずリタイアは一度も考えなかったと。やはり超ウルトラはこれまでの経験とゴールする気持ちが大事なんでしょう。それを見せていただきました。

ちなみに、70k参加予定のあぶママは、愛するダーちゃん(ダーはダーリンのダーやて)が心配で?前日から体調崩して無念のDNS・・(スタートラインに立たなかったこと、因みにDNFはフィニッシュしなかったこと、つまりリタイア)

このことはダーちゃんがゴールしてから言いましたよ。

右端の、おっさんは・・(おっさんばっかりやなぁ) 50歳になったホンマもんのおっさん、でも皆生トライアスロンを9年連続完走してるルネの鉄人、doironさんです。萩250も今回で4回目の挑戦。もちろん、すべて完踏です。

今回は、ビール妖怪あぶさんを最初から最後までナビ!まさに完踏請負人です。ここ最近、体調が万全でない中でも、しかも我がままあぶ節に耐えながら、奥歯の詰め物が取れながらも、シャックリが止まらなくても、しっかり完踏に導く所はさすがです。超ウルトラは辛抱!っていうところを見せていただきました。

そして、ビール片手にご機嫌な、快適なkai。みんなのゴールを見させていただきました。3年前に140kを完踏し、3回目の250k完踏する事ができました。

超ウルトラはこれまでの経験とゴールする気持ちで完踏はできますが、やはり練習不足は結果に出ます。本当に正直なスポーツです。絶対にラッキーはありませんね。

ここ2ヶ月の練習はほとんどなく、練習不足を補うためにダイトレ、六甲縦走、太陽の道、熊野古道と休日を利用しての大会などで練習でしたが、これだけでは思うような走りが出来ない事がよくわかりました。

途中、強い人たちについていけなく、少し悔しい思いもしましたが、まぁ「マラニック」ですからタイム気にせずに楽しく・・・?苦しいほうが多かったかな?

練習不足はもろ結果に出ることを身をもって知る事ができました。

しかし、今回の萩250k、参加4名が全員完踏出来た事が、何よりもうれしかったです。おそらく完踏率は半分くらいでしょう、そんな過酷なレースをルネRCのメンバーは4人ですが完踏率100%なんです。これってすごい事でしょう!

あっそうそう・・書き忘れてました。1_053

嫁も昨年に続き70kを見事に、一番美味しい時間?18時前に瑠璃光寺に帰ってきました。

この70kは萩往還道を往復するコース的には一番しんどいコースを12時間以内で走るレース。途中、250k、140kの選手とすれ違います。自分も嫁と往還道で会えて力を頂きました。

こんな厳しいコースを最後まで諦めずに、時間とも戦いながらゴールした事は素晴らしいです。

ゴール目指して最後まで諦めないしぶといところを見せていただきました。(B型はしぶといってかぁ?)

ルネRC萩組、完踏おめでとう!

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

萩往還

05_007_2

いよいよ明日スタートです。萩往還ウルトラマラニック。

写真はスタート&ゴールとなる国宝瑠璃光寺です。明日もこの写真のように良い天気になるようです。

この大会、今年で4回目の参加となります。初めての参加は140kに挑戦しました。これまで夜間走の経験がなくヘッドライトを付けての走りは緊張した記憶があります。

この初めての萩往還で衝撃(笑劇)の出会いがあったんです。このとき知り合ったメンバーで(リーダー、マネージャー)○○ダンサーズを結成したんです。

人の出会いとは面白いものです。しかし、この出会いは本当に衝撃でした。

2回目からは250kに挑戦し、今回で250kは3回目です。これまでの経験を生かして250k、48時間内でおもいっきり楽しんで苦しんで、写真の瑠璃光寺にゴールしたいです。

この大会、250k、140k以外に70k、35kと、他に60kや30kのウオークもあり、250kの残り30kからは70kやウオークの人たちとのすれ違いがあります。

すれ違う時には250kや140kのランナーをみんなが拍手しながら迎えてくれます。これがまた、感動・・涙・・・涙。。

ここまで走ってきて本当に良かったと思います。そして、それが力になりヨレヨレの身体が復活するんです。

人の限界ってどこなのか分からないところがあります。自分で勝手に限界をつくってしまい、ヨレヨレの身体が本当にヨレヨレになり身体が動かなくなる・・動かなくしてしまうんですねぇ。

今回も、走っているのは自分だけではない、他の参加者から力をいただきながら最後まで諦めずに、瑠璃光寺を目指して、一杯楽しんで一杯苦しんで、最も贅沢な3日間を過ごしたいと思います。

クラブの仲間も250kに自分入れて4人エントリーしてます。嫁は今年も70kにエントリー!往還道で会えることを楽しみに力にして走ります。

他にも走る仲間がたくさん走ります。走るのは自分ひとり、自分の身体だけなのですが、仲間がたくさんいます。個人競技のランニングですがゴールできるのは自分ひとりの力では無いことをこのマラニックを通して身体で感じるjことができます。

そして自分が、日本で一番贅沢な時間を過ごしてる幸せ者やと思いながら走りたいです。

いざ、萩往還!

いくで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »