« 水練 | トップページ | 十月祭 »

遺書が手紙やて?

北海道の滝川市でのこと。

小六の女児の遺書が公開されました。

昨年の9月に首吊り自殺、、、意識不明のまま今年の1月に亡くなったそうです。

その、事件が今頃になって公になりました。

遺族が、思いあまって新聞社に遺書を公開したからなんです。

昨日のニュースを見て、教育委員会の何とか室長のコメント・・・

「手紙に、いじめと言う言葉がありませんし・・・」

聞いて、びっくりしました。

明らかに「遺書」であるのに「手紙」 て。

いじめの言葉が無くても、読んだら「いじめ」て分かるやろ~!

このひと、いや、こいつは教育にたずさわる人間ではなく、教育を仕事として割り切るただの人なんでしょう。

人の心を持つ人間であれば、これを「手紙」と言えるはずがないと思いますが、何故、これを「手紙」と割り切れるのか、これを手紙と言うには、こんな悲しい手紙はないでしょう!

今日の、ニュースでは、一転して遺族に謝罪しておりました。

死んで、どれだけ経つねん!!

親は、面会を拒否したらしいです。

当たり前だと思います。今頃、謝ってもらっても、聞けないでしょう。

教育者たるもの、「心」 なくしたらアカンと思います。

偉そうなことは言えませんが、このニュースは言いたくなりました。

あっそうそう、この事件、「事故」とも言うてました。

「詭弁」 

道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。

|
|

« 水練 | トップページ | 十月祭 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/12166076

この記事へのトラックバック一覧です: 遺書が手紙やて?:

» ハッとして!Good [百合]
トシちゃんの歌ではございませんよ(笑)昨日、電車に乗ってたら久しぶりに痴漢にあった。痴漢なんて久しぶり。昔は痴漢をするような男なんて最低とか思ってたけど溜まってるせいかちょっとグッときちゃった(笑) [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 (土) 17:58

« 水練 | トップページ | 十月祭 »