« | トップページ | 止まらぬ負の連鎖 »

200611110947000 この写真、見ただけでは何の写真? 何が一般開放? って分かりませんが・・さて、何でしょうか?

カッパがいますが、何なんでしょう?

なにやらテープカット!何のテープカット? 前に子供達がいますが、後ろにはオッサンやおばさんが、子供達の親御さんも一緒なんです。

これ、大和川の香ヶ丘地区を一般開放するセレモニーなんです。これまで、この地区は川には近づけないように、危険ですから人が入らないようにしておりましたが、堤防工事が終わり、人が近づけられる環境が出来てきた事、水質が以前に比べてきれいになってきた事、川は危険な場所ではなく、人のやすらぎの場所であること、などなど、これまで、あまり人が近づく事がなかった、近づく環境がなかったところが、人の力によって、変わろうとしているところなんです。

この光景、冷静に考えると少し変なのですが、ワースト1ならではの光景なんです。

テープカットまでやらんでも・・・と思いましたが。。

明日の未来ある、子供達が参加することで、これからもこの川に人が近づけられる、もっときれいになれば泳ぐことが出来る川になって欲しいものです。まだまだ、ゴミが多くて決してきれいな川とはいきませんが、この川の現実を知ってもらい、この川を大事にしてもらうためにも、今日がある意味スタートなんかも知れません。

この後に他のイベントにも参加してきました。200611111525000

写真のタイトルのとおりのイベント・・シンポジウムなんです。

幼稚園児たちが、元気よく歌ってました。何の歌かよう分かりませんでしたが、みんな元気でした。

この、幼稚園では雨水をタンクに貯めて、幼稚園の花や畑の水やりをこの園児達がしてるらしいです。

水を大事にすることを、この幼稚園で教えてるらしいです。水は水道の蛇口をひねれば普通に出てきますが、無駄が多すぎるのでしょう。

この水を大事にすること、環境について考えるために現れてきたのが、これ!200611111533000

「エコレンジャー」なんです。

O阪F大学の学生がやってるんです。

なかなか、面白かったですよ~

水を無駄使いする悪者をやっつけるんです。

こんな、地道な活動なんですが、子供達がエコレンジャーから学んだことが、これからの社会に、環境を意識する大事にすることにつながることなんでしょう。

明らかに、時代は変わってきてると思います。 

「エコレンジャー」 いいことを言っておりました。

一人一人が6人目のエコレンジャーになって欲しいと・・・。 

なに色やろ?

|
|

« | トップページ | 止まらぬ負の連鎖 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/12648825

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 止まらぬ負の連鎖 »