« | トップページ | Birthday! »

止まらぬ負の連鎖

今日の夕刊にこんなタイトルの記事がありました。

文部科学相にあてた手紙で自殺予告した11日、該当する生徒の自殺はなかったが、翌12日には富田林市の女子生徒のほか、埼玉県本庄市の男子生徒が自殺した。学校内でのいじめを原因とする自殺が10月から相次ぎ、1ヶ月以上経ても、その”負の連鎖”はとどまる様子がない。

発端は、10月初めに北海道滝川市で小学6年の女児が昨年9月、いじめを苦に自殺していたことが発覚したこと。女児は「みんなに冷たくされている気がした」「キモイといわれた」などと書いた遺書7通を教室に残していた。

10月11日夜には福岡県筑前町で、町立三輪中学校2年の男子生徒がいじめを受けたという内容のメモを書き残し、自宅倉庫で自殺。23日には岐阜県端浪市で、市立中学校の2年生の女子生徒が自身の誕生日に、クラブ活動内でのいじめが原因とみられる自殺を図っている。

一連の自殺では、市教委、学校側の対応のまずさが浮かび上がった。滝川市教委は「(自殺原因を)調査する」としながらも約9ヶ月過ぎ、いじめによる自殺との報道を受け、自殺原因がいじめであると認めた。また、筑前町では、担任の教師がいじめに加担していたと発覚している。

一方、文科省はこれまで、平成11年度から7年連続でいじめで自殺した児童生徒の数をゼロとしていたが、再調査を指示。

今月6日にはいじめを原因とする自殺予告の手紙が同省に届き、7日未明に緊急記者会見。手紙に「11日に自殺する」などとつづられ、消印が「豊○局」と読めたため、該当する全国の21都道府県の39市町村・特別区の教育委員会に対応を要請した。

さらに9日にも自殺を予告する別の手紙が届くなど、いじめ自殺の余波は続いている。200611132250000 

夕刊のこの面だけでも、自殺者が3人も!

もう、異常です。

自殺者が生徒にとどまらず、学校の最高責任者である校長先生までも・・・

異常です。

あまりにも異常なニュースを、新聞紙上だけでなく、TVの報道には、最近嫌気がさします。

TVならではの報道なんでしょうが、ビジュアル的にインパクトのある報道、視聴率のためなんでしょうか?

学校や教委の記者会見・・謝罪会見・・生徒へのインタビュー・・・「いじめはあったんですか?」 「言葉の暴力は?」 「先生の対応は?」

この報道もある意味「いじめ」に見えます。

ここまで、連鎖すると報道も自粛して欲しいと思います。

情報化社会の負の連鎖・・・負の遺産。

このままでは、何か変えなければ、、と思います。

|
|

« | トップページ | Birthday! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/12675603

この記事へのトラックバック一覧です: 止まらぬ負の連鎖:

« | トップページ | Birthday! »