« 法事 | トップページ | 出前講座 »

それぞれの萩

今年も山口県の瑠璃光寺を舞台に萩往還がありました。

これまで、4年連続参加してきた大会。

初めて参加した時は、夜中を走ることも初めてで、250kも走ることなど自分の想像からは遠くて、140kに参加した大会です。

その後は、250kに参加し、3年続けて完踏した、距離が長いだけに、ことのほか思いのある大会なんです。

今回は、参加しなかったんですが、2日の夕方6時になると、何だか大会のことが気になりました。去年までのことが思い出されて、今頃どこを走ってるんだろうか・・なんて、夜中にも走友にメールを送ったりして、自分も大会の中に入りたい気持ちになりました。

こんな苛酷な大会なのに、苛酷な大会だけに気になるのかな? 気にしだすと自分も走りたい気持ちになって、、何だか 「萩病」 なんでしょうか。

今回もたくさんの走友がこの大会に参戦しました。それぞれの思いの中で、苦しくも完走した人、残念ながらリタイアした人、悲喜こもごも、たくさんのドラマがあったんだと思います。

この大会中に、走友から携帯がありました。彼は、自分より走歴はありますが、まだ100k越のウルトラは経験がなく、この萩往還に興味を持っているようなんです。

この大会に出るにはどんな練習をすればいいのか、どんな靴をはけばいいのか、フルマラソンで4時間切るくらいでないと完走できないのか、などなどいろいろ聞いてくる・・

この大会へのアドバイス、、自分でもよく分からなくて、とにかく経験する事が大事や、フルのタイムなんて全然関係ないよ、と適当な事を言いましたが。。

今日一人で走りながら、この超ウルトラの事を自分なりに考えて見ました。分析しました。

この大会に参戦するには、もちろん「走力」 「体力」は必要です。それがなければ250kも走れるわけがないですね。

でも、走力と体力だけでは無理でしょう。その上に必要なのが「経験」ですね。

その経験の上にあるのが「気力」なんです。そう、強い気持ちを持つことが絶対に必要なんですね。

250kと長ーい道のり、筋肉痛なんか当たり前、全身が脱力、睡魔がそれを後をおして、無気力な気持ちになります。残り距離の事を考えると、お先真っ暗!なんて気持ちになり、自分で限界を考え始めます。。。

そんな気持を打ち消す気力が必要なんですが、気力はそんなに続きませんね。そのとき、その時にカツ!を入れてもその時だけ・・・すぐに、もう限界な気持ちになります。

それに打ち勝つには、、もっと、必要なものは、「精神力」なんです。

この、「精神力」の強さって、個人差があり、練習方法なんて分からんし、これも経験の上にあるんでしょうが、この強さは他人には計り知れません。

今回の、萩で、これまで自分の知ってる限り、このどれもこれもあるのに、リタイアした人がいます。

自分なりに、これも走りながら考えました。

何が、足らんのやろ~?

走りながら考えると、もっともな事が浮んできます。

「走力」「体力」「気力」「精神力」このどれもあっても、このバランスが大事なんです。このバランスは感覚的なこともありますが、やはり自分でコントロールすることが必要、つまり、冷静に頭脳でコントロール、、そう!「知力」が必要なんです。

結論。

萩往還を完走するには、「走力」「体力」はもとより、もっと力を出すためには「気力」 力を搾り出し力を続けるために「精神力」が必要なんです。しかし、前に前に進むだけでなく、時には冷静になることも必要、「知力」も必要なんです。

わかった? ○ちゃん! (誰?) 

初めての萩250の完踏後の写真です。

彼には「知力」が備わってます。 へへ

20040505_013

|
|

« 法事 | トップページ | 出前講座 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

kaisan!萩報告に参りました・・・今回は結局最後まで走るという気力も精神力も全然足らなかったように思います。
初めて参加したときのように「絶対に完踏する!」と言う気持ちが無く、また次ぎでも走れば・・・と。
二回完踏していい気になってたかもしれません。

これからはもっともっと自分に厳しくいかなければ。
来年リベンジしよう!

投稿: 濱ちゃん | 2007年5月 8日 (火) 17:42

濱ちゃん!萩お疲れさんでした。
正直、予想もしなかった結果で、まったくもって想定外!でした。
また来年! 来年に夢がつながっていいかもしれませんねぇ。
自分も来年! いきまっせぇ~!

投稿: kaisan | 2007年5月 8日 (火) 22:05

濱ちゃん、お疲れさんでした。
今年も行ったんですね。
ウルトラ、とりわけ萩は
ホント気持ちが大きく左右しますよね。
僕も今年行ってたら
完踏できなかったかも・・。
来年は、かいさんとリベンジですか。
時間が許せばゴールに
駆けつけまっせ~。
ホームページをみたら
皆生の友人で
桜井さんという人が
5年目の悲願達成で
完踏されてました。
皆生で会ったら祝福してあげようと
思っています。
かいさん言うように
それぞれの萩ですね。
走った人の数だけ
ドラマがあるのが
「萩」なんですね~

投稿: doiron | 2007年5月13日 (日) 00:02

doironさん!
関空お疲れでした。
いやぁ~しんどかった・・
萩のほうが楽? んな訳ないわな。

来年行きますよ~!
70kにエントリーして濱ちゃんのゴール見ろかな?(笑)

投稿: kaisan | 2007年5月15日 (火) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/14991281

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの萩:

» 休み明けでもボーッとしてはいられない、一気にパワー全開 [はいびすかす]
休み明けでもボーッとしてはいられない、一気にパワー全開 休み明けでもボーッとしてはいられない、一気にパワー全開で 活躍したい、という方に朗報! 「愛情1本」のチオビタドリンクが 1本98円、眠気に喝!  の眠眠打破が1本294円など、気力、体力の 回復をバックアップする各商品をまとめ買いできる [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 07:14

« 法事 | トップページ | 出前講座 »