« 皆生(続き) | トップページ | りんくう »

入魂式

200707220702000 F井町の入魂式でした。

今年はF井町で2台目です。

このだんじり、平成5年に新調しただんじり。大修理の入魂式です。

昨年、屋根が真横に向くほど派手にぶつけて、今回の大修理なんです。

大屋根、小屋根、四本柱、土台から一部彫り物も変えたそうで、聞くと、4000万円かかったらしいです。高~!

単純計算すると、14年で4000万円です。

1年当たり285万円。

だんじりの維持費は高くつきます。

我が町のだんじりも来年新調で、現在製作中です。

今年は、昇魂式なんです。9月の祭りが終わって10月にやります。

大正6年に作っただんじり。約90年前のだんじり。

新調費用はあえて書きませんが、かるく1億はかかります。

だんじり以外にも飾り付けなど(旗、纏、太鼓など) 小屋も新調するし、入魂式の式典費用で1000万はかかります。

そんなこんなを入れると、もースゴイ金額になります。

この費用、ほとんどが寄付金でまかなわれます。

寄付金だけでは、なかなか金が集まらないので、8年ほど前から祭り関係者は積立をしております。

300年以上の歴史ある祭り、各町はこれを維持するために、守るために、ものすごいお金がかかり、苦労してるんですよ。

継続はチカラです。

今年の祭りで、今のだんじりを曳くのは最後になります。今年の昇魂式をどんな風にするのか、いろいろと意見が出ていますが、この時の式典でもお金がかかります。

90年の思い入れがあるだんじりですから、地元の人を一番大事にして、あまり金をかけずに、かと言って、地味にならないように、これまでの記憶をよみがえらせ、これからの記憶に残るような、ええ昇魂式にしたいと思いますが、さてどうなるか。

|
|

« 皆生(続き) | トップページ | りんくう »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/15840826

この記事へのトラックバック一覧です: 入魂式:

« 皆生(続き) | トップページ | りんくう »