« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

お弁当

この季節、子供たちは遠足に行きますねぇ。

うちの孫も遠足やったらしいです。

遠足といえば、お弁当。

前日から何やら支度しておりました。

子供の弁当を作ってるんです。覗くと・・Content

ドラゴンボール!

これ、チーズと海苔で作ってるんです。

弁当のふたを開けたら、こんなおかずが入ってると、喜ぶでしょうね!

これを見ていると、孫の優世の喜んでる顔を思い浮かべました。

自分の子供の頃はこんなおかずはなかったなぁ。

あっそう言えば・・ウインナ―で作ったタコやカニがあったなぁ。

母親は子供のために、こんなところで子供を喜ばすことを考えるんですねぇ。

先日、爺と婆で優世連れて、風呂屋へ行きました。

爺と婆も孫を喜ばしましたよ~!Content_2

ほら!こんなに喜んでます。

チョットちょうだい!って言うて、もらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

シーズン到来!

秋に入りマラソンシーズンがやって来ました。

ここ最近は、春から夏はトライアスロンが中心。

夏から秋にかけては祭りが中心となって、

そして秋から冬にかけてはマラソン!

その第一戦が今日、和歌山のマリーナシティでありました。

メチャクチャいい天気!で、この前もバイクで行ったところです。

和歌浦湾を眺めながら、最高の天気の中、汗ばむ感じですが、秋の海風は清々しいです。

そして、ここの大会の名物!生ジャズを聞きながらのラン!

全国から約一万人のエントリーがあったらしいです。

ファミリーランから5k、10k、ハーフまで。 

この大会、好きな大会の一つです。

子供から大人まで、ビギナーからベテランまで、

たくさんの人の、いろんな人の歓声、感動のある大会だと思います。

今シーズンのスタートになる大会として、最高のロケーションの中、いい感じで走れました。

練習不足はあるものの、自分なりに限られた練習時間の中で、今シーズンは目標目的を持って、充実した練習が出来きてたのかな?

どこまで走れるのか不安はあったものの、予想以上に走れました。

1時間24分台で走れました! 満足。大満足。

40代最後の今シーズン。頑張っちゃうよ! なんて。

来週は吉野川ハーフ、次の週は熊野古道マラニック、その次の週は泉佐野10k、そのまた次の週は福知山マラソン、そのまたまた次の週は那覇マラソン・・・

あほチャウ? って言わないで下さい。

これ全て、嫁も一緒なんです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)
|

美術館

今日は仕事で美術館へ行ってきました。

徳島まで。。

好評につき期間を延長したらしいです。

美術館・・・橋の下なんです。

今年の夏、阿波踊りを見に行きましたけど、そのすぐ近くにある川なんです。

船に乗りながら、絵をみるんです。 橋の下で。

この発想、、面白いけど、それを実際にやってる事、すごいと思いません?

百聞は一見にしかず、、見に行ってきました。Content

この企画、徳島市のJC(青年会議所)がやってるらしいです。

聞くとJCの50周年記念事業らしいです。

もともと、この川のクルージングはあったらしいのですが、市内の人も知らない人が多くて、利用が少なかったらしいです。

その利用者が少しでも増えればと思い、そのためには何をすれば・・・と考えた時に、橋の下を使って・・何か。

と言う発想になり、今回の企画になったらしいです。

しかし、それを実行するパワーはすごいと思います。

ちょうど、去年の今ごろから準備にとりかかったらしいです。

まずはじめは、子供の写真から始まります。

市内の保育所や幼稚園の子供たちの写真、300人ぐらい載せてるらしいです。Content_2 

この発想、いいですね。

子供の写真載せれば親は間違いなく見に来るし、爺婆や親類まで、、橋の下を見に来るでしょうね。

他に小学生の書いた絵や、若者の写真、地元出身の画家の絵など7つの橋の下に絵が飾られています。

こうして、これまで川に来る機会の少なかった人も、特に地元の人がここに足を運ぶことに大きな意味があると思います。

この製作費用、取り付け費用、全てJC持ちらしいです。

役所は橋の使用を許可してるだけらしいです。

JCの企画と言えども、わが町のために、一役を買って出るところが素晴らしいことだと思います。こんな市民パワーがあってこそ、街は活性すると思います。

川はきれいに整備されており、水もきれいです。山(眉山)も近くまで迫り、船から見ると景色は気持ちよく映りました。

羨ましいほどのロケーションです。

こんな素晴らしい川を地元の宝として誇りに思ってもいいでしょうねぇ。

そして何よりも、ここの船に乗って気持ちのいいクルージングをして、気持ちのいい景色をみて、また来てみたいという気持ちになりました。

これが、口コミで広がり、街の活性に繋がるのでしょうね。

こんな機会、チャンスは、「橋の下美術館」で・・・

若い人たちの発想で、仕掛けがあって、人が集まり賑やかになり、また、次の発想に、仕掛けに繋がるのでしょう。

川と人・まちのつながりを、徳島市の川で見ることが出来ました。

http://www.topics.or.jp/artproject/

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

昇魂式

200710210547000 朝6時、最後の曳行スタート。(10分前でしたが・・)

まだ薄暗く、献燈台の灯りで第5代だんじりが、一際美しく、何か、、寂しくも見えました。

最後になるには、もったいない過ぎ、姿見の本当にきれいなだんじりです。

このだんじりを手放すのは惜しい! あ~もったいない。

200710210652000 他所の町と花を交わします。

昇魂式ならではの光景です。

見にくいですが、纏が3本あるのが分かります?

逆光でこんな写りになりました。

しばらくは町内を中心に曳行、そして宮入です。

200710210704000 今日も、子供達がたくさんいました。

これから、宮入して魂を抜きます。

朝の7時ごろです。

200710210721000 宮入する○城神社には岸和田城があります。

城をバックに撮ったのですが、これも逆光で・・・

城とだんじり、エエ感じです。

200710210826000 魂を抜いた後は、昇魂式の会場、浪切ホールへ。

写真は岸和田カンカンにあるベイサイドモールです。

城とうって変わっての近代的な建物、結構都会でしょ。

ギャラリーの数にはびっくりです。

だんじりの後ろを金魚の糞みたいについてきます。結構ジャマでした。200710210957001

式典会場。

年番、若連さんは本日の警備をしていただきました。ありがとうございました。その方々をはじめ、各町の会長、各種団体の長をご招待しました。

正面のスクリーンには、これまでのだんじりの映像を流しました。

なかなか、イキでしょ!200710211128000

11時に式典は終わり、この後、会場から小屋までの曳行。

これが本当の最後の曳行になりました。

みんなが、それぞれの思い出のあるポジションへ、、、

屋根に乗るもの、鳴り物するもの、綱(ドンス)を持つもの、たかるもの、

それぞれが自分の思いあるポジションで、思いを込めて、みんなが一つになって曳きました。

自分も、後ろ梃子のドンスを持たせていただきました。最後の、本当に最後の小門のやり回し?を、花ドンス(一番後ろ)を持ったことは一生の思い出になりました。

ひょとして、ホンマにやり回しするのかなぁ?と、チョット緊張しましたが、、、最後は止め回しでした。 ホッ!

そして、無事に小屋に納めることが出来ました。

最後まで名残惜しみながら、みんなで万歳三唱!200710211135000

バンザーイ! バンザーイ!

ブワンザーイ!

誰やねん、この手・・!

指の隙間にだんじりが見える?

こうして、昇魂式の長い一日は終わりました。

第五代だんじり。

長い間、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

前夜祭

明日、昇魂式です。

大正6年に造られただんじりが明日で幕を閉じます。

今日は、その前夜祭。

夕方5時に小屋を出て、町内をゆっくりと曳行しました。200710201646000

写真は小屋を出たところです。

祭りは9月なので、10月のこの季節に曳くことはなくて、いつもの感覚よりも肌寒く、太鼓も刻むことなく、ゆっくりと叩いていました。

明日、昇魂式を迎えるだんじりが、提灯をつけての最後の曳行になるだんじり。

提灯をつけた姿が物悲しく映りました。

冷たい空気が心にしみり、その気持に拍車をかけるようで、何だか目頭が熱くなりました。

今日の曳行は、走らないので、子供達がいっぱいいました。

ちっちゃい子供も、一緒になって、「エンヤー!ソーリャー!」

自分も、幼稚園の頃から父親の腕をつかんで引っ張っていたことを思い出しました。

もう40年以上前の話です。

今の子供達も大人になって、青年団、十五人組、若頭と順送りに繋がっていくのでしょう。

その繋がりが300年以上も続いています。

子供が減り、これからの運営はどこの町も大変になっていくと思いますが、子供なりに、今日明日の昇魂式を曳いてこの日の事を心に残して、来年新調されるだんじりを大事に曳いてほしいと思います。

だんじりはこれまで続いてきた歴史があります。

続いてきた歴史は文化になります。

文化は大事にして続けてほしいです。200710201757000

夕方6時に、献燈台の前に止めました。

明日の朝、6時に昇魂式が始まります。

平成19年10月21日、第五代だんじりの最後の曳行になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CoCo

我家の家族が一人増えました。

2ヶ月の女の子です。名前は

「CoCo 」

CoCoチャンです。200710142047000

寝てばかりです。

可愛いでしょ?

シーズ犬。

前から、娘や嫁たちは犬飼いたいと言っておりまして、

たまたま、嫁の職場の人からお話しがあって、昨日、いただきました。

名前は「ココロ」ってついていたらしいのですが、我家に来て「CoCo」になりました。

私が「ココロよりCoCoがええんチャウ?」って、命名いたしました。

まだ、我家に慣れていなくて、アチコチでおしっこ! ウンコも!

ただでさえ、家の中で、孫がだんじり曳きまわしてるのに・・・

さらに賑やかになりました。

どんだけぇ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運動会

昨日は孫の優世の運動会。20071013_008

家の裏の公園でありました。

保育所の運動会なんです。

優世はかけっこで一等賞でした。少し、フライング気味でしたが、子供の事ですから、まぁいいでしょう。

パパからは一等賞のご褒美におもちゃを買ってもらってました。

優世はご機嫌!

パトカーのおもちゃです。

ボタンを押すとあちこちが光り、音が鳴り、「緊急車両通ります。」なんて喋ります。

もっと強くボタンを押すとドアが開いて、中から車が出てきます。200710141030000

こんな感じ。

初めのうちは、喜んで遊んでいましたが、すぐに飽きたんでしょうか、だんじりの方が好きなんでしょうか、

「ソーリャ、オーリャ!」ってだんじりのおもちゃ曳いてました。

岸和田っ子やな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

秋晴れ

今日は朝から天気! まさに秋晴れ!

あまり気持いいので、仕事サボりました・・・?

ウソやでぇ。 

代休・・日曜出勤の代休。

まぁ、そんな事はどうでもエエンやけど、秋晴れに誘われて、朝からバイク!

爽やかな秋風を肌で感じながらの気持いいライド!

マリーナシティまで足?を伸ばしました。200710121233000

片道、たったの55kです。へへ

途中、峠がありますがほとんどフラットなコース。

本当は山に行こうと思っていたんです。 山もいいけど、

「海はいいなぁ。」 立松耕一

ホント、気持よかったです。

200710121228001 マリーナにあるリゾートマンション。

結構、売れてるらしいです。

セカンドハウスっちゅうやつやな。

近くにはヨットハーバーもあって、

世の中、お金持ってる人は持ってるんやなぁ。

目の前に海が広がって、きれいな景色見ながら、最上階に風呂があるらしいデス。 スカイスパて言うらしい。

ええなぁ~! まぁ自分には縁のない話ですが・・

縁のない家にも、200710122229000 広告は送られてきます。

広告見て夢でも見とこ。

リゾートマンションはさて置き、

こんな素晴らしい最高の秋晴れの中、仕事休んで、バイクでここまで来れる自分はしあわせモノだと思いました。

これは、金では買えんもんなぁ。

健康に感謝!200710121306001

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

祭り

岸和田祭りは9月と10月あります。

旧市の祭りと山手の祭り。

自分は旧市で、娘婿は山手。

なもんで、孫はハッピ二枚もってます。

祭りが二回あるんですねぇ。 

家でもだんじりは二台あります。

大きくなったらどっち曳くんでしょう? たぶん山手でしょう。

親の姿を見て育ってるでしょうから。200710082212000

一昨日、山手の祭りは終わりました。

でも家の中は・・・

孫が家の中で。だんじりを曳っぱりまわしてます。

子供の頃から、こんな風にだんじりで遊んで、からだにしみ込んで、大人になっていくんでしょう。

後ろのTVはだんじりです。

たかが祭りですが、子供なりに祭りを楽しんでます。

祭りを楽しむ気持は子供も大人も一緒です。

親から子へ、子から孫へ。

祭りは受け継がれていきます。

孫が取ってるポーズ。決まってるでしょう。

今年、副団長やった親を真似してるのでしょうか。

自分の子は娘二人やったんで、こんな風はなかったですね。

男の子と女の子の違いはこんなところではっきりします。

祭りは、男の役割、女の役割がハッキリします。

一昨日、ある町の詰所で炊き出しをしていた女性の姿が微笑ましく思えました。

あ、そうそう。

祭りで、娘が旦那の町のタンクトップを着ていました。

何やら、旦那と同じ町の嫁達で、オリジナルシャツを作ったらしいです。

女は女なりに祭りを楽しんでるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祭り見物

今年も行ってきました。

10月祭り。

岸和田市内でもあっちこっちで!

もう何年行ってるんかなぁ、毎年の恒例行事です。

娘婿のところも祭りです。

今年は青年団の副団長。200710070933000

分かりにくいですが真ん中で襷かけてるのが婿です。

声をかけたら、今年は暑くてしんどい言うてました。

「見物も、暑てしんどいわ。」って言うてました。(自分)

いつも水曜日の晩にラントレしてる中央公園の横にある神社前です。

今回見に行った地区は、東岸和田、下松、久米田、貝塚、泉大津、忠岡。

中でも特筆すべきところは忠岡。

この地区は4台しかだんじりはありませんが、1台1台に勢いがあり、心意気が感じられ、みんな祭りしてます。

各町の詰所では、お母さん方が炊き出しをして、曳き手の帰りを待ってます。町が祭りしてます。

勢いある祭りは事故と背中合わせです。その分、やり回しの決まるときの喜び感動は格別なんです。

しかし、勢い余って・・・200710061709000 こんな事に!

電柱はへし折られました。

この迫力は、スゴイ!

電柱のすこし後ろで見ていました。

これは昨日の事。

そして、今日・・・200710071747000

昨日折られた向かいの電柱。

根元から折れました。 チョットやりすぎ?

けが人が出なければ良かったんですが、折れた電柱の破片が見物人に当たり、頭から血を流していました。 若い女性でした。

電柱の真横で見ていたようです。

ここは、見物人にヤイヤイ言いません。つまり、自己責任で曲がり角のすぐ横でも見れます。危険と背中合わせの場所で見れるところも、忠岡の特筆?するところです。200710071642000

勢い余って、こんな場面も!

電柱に激突して、だんじりが浮き上がってます。

目の前でこんなん見たのは初めてです。

チョットやりすぎやろ~!

でも、祭りに勢いがなくなれば終わりです。

忠岡だんじりの心意気、大好きや~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

現場見学

200710031433000 昨日、工事現場の見学に行って行きました。

トンネルです。

ここは将来?鉄道が通るらしいです。

壁の横は道路になってます。

○土交通省 ○畿地方整備局 ○阪港湾・空港整備事務所が施工しております。 (長い事務所の名前・・)

咲洲(さきしま)と夢洲(ゆめしま)を結ぶ海底トンネルです。約800mあります。

地上部のトンネルをあわせると総延長約2100mのトンネル。

総工事費、、せんさんびょくおくえん。。1300億円! 

1300円置くんと違います。

詳しくは、http://www.pa.kkr.mlit.go.jp/osakaport/sea/tunnel.html

しかし、このトンネル。

大阪市が2008オリンピックの誘致に失敗した舞台なんです。

夢洲、咲洲、舞洲と大阪市の海に並ぶように造られた埋立地。この人工島にオリンピックを誘致してその跡地は商業、住宅、レジャー、スポーツなど大阪市の一大未来都市! に、なるはず、、。

大阪の夢が咲きみだれ舞い踊る華やかな舞台になるはずやったんですが、、オリンピック誘致の失敗とともに、その夢は咲かず舞わずで・・・

夢ズ、咲ズ、舞ズ、でした。

埋立地は空き地に、広すぎる空き地です。

でも、道路、鉄道の建設は止まることなく、止めることなく、止めることできなく、止まること知らず、埋立地の土地利用はどうなるかわかりませんが、建設は着実に進んでおります。

今月初めに開通式があったらしいです。

200710031454000 夢洲からみた咲洲です。

一番高い建物が、ワールドトレードセンター WTCです。

テナントのほとんどが○阪市の機関が使用しています。

使用料はメチャ高いらしいです。

手前の丸い建物が「なにわの海の時空間」ってわけの分からない建物です。どちらも○阪市の施設。

この海底に、夢洲トンネルがあるんです。

この土木技術はスゴイですね。お金をかければ何でも出来るんですね。

1300円置くんと違いますよ~!

この開通によって、車は南港から咲洲、夢洲、舞洲から此花へ繋がりたいへん便利になるでしょう。

大阪港に一大コンテナバースを建設し物流は活性化し、関西の物流の拠点となり、経済効果はあるでしょうね。

隣のS市にシャープ工場の建設が決まり、ますます大阪港は発展するでしょう。

ところで、車はいいでしょうが、鉄道はどうなんでしょう。

当初の計画のまま、鉄道トンネルも同時に施工されていますが、聞くと、、、鉄道の建設の目途、、役人はこれを「モクト」と言います。

この「モクト」がたってないらしいです。自分が思うに、「モクト」 はたたないでしょう。

こう思うのは多分、自分だけではないでしょう。

でも、建設しています。

この鉄道部分は、全て○阪市の負担なんです。

こんなにヤイヤイ言われている、○阪市。

もうどうにも止まらないぃ~♪

わかぁっちゃいるけど、止められない~♪

なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

10月

昨日から10月。

神無月とも言いますね。

語源は・・

古くから我が国では10月を神無月(かんなづき)と言います。これは10月に日本中の神様が、出雲の国(現在の島根県)に集まり会議を開き、他の国には神様が居なくなってしまうことからそう呼ばれてきました。神様の集まる出雲の国では反対に10月は神在月(かみありづき)と呼ばれています。

とあります。

ここ最近、だいぶ涼しくなりました。

過ごしやすくなりました。

やはり、季節の変化はいいですね。

「四季」 「フォーシーズン」 やな。

地球温暖化・・・今年ほどこの言葉を聞いた年はないと思うほど。

これからも、この言葉はずっと聞き続けるのでしょう。

でも、温暖化といっても、しっかり秋が来ました。

そして、寒い冬も来るのでしょう。

しかし、季節の変化に異常があることは間違いないです。

異常気象 この言葉も毎年聞きます。

毎年異常ならこれが正常チャウン? って思いますが、ここは謙虚に。

ここ最近、特に今年の夏は、異常気象間違いないです。

熱過ぎ~!

いつになったら秋来るなん! って思いましたが・・・

しっかり、秋がきましたねぇ。 

自然は偉大です。

オータム ハズ カム! (何言うてるねん・・)

よーするに、季節の変化があって、生活の変化がある。

そして、気分も。

秋は気持いいですね!

昨日から、衣替えです。

あえて、季節の変化を出すために、

昨日から、クールビズ止めて、ネクタイにスーツ着てます。

せっかく涼しくなったのに、スーツ着たら暑いわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »