« 泉州マラソン | トップページ | 宅急便 »

法事

今日は、お婆ちゃんの法事。

25回忌です。

昭和59年の3月に亡くなり、丸24年が経ちました。月日の経つのは早いですね。

家を出る前に、嫁と話していました。

自分: 「オバチャン(お婆ちゃんの妹さん)・・まだ生きてるなぁ?」

嫁: 「去年の祭りに来てたよ。まだ生きてるで!」

実家に着くと、そのオバチャンがいました。自分が会うのはホンマに久しぶりで、話しかけたけど、自分のことが誰か分からんかったみたいで、、

「こーいち、やで!」 って言うと、

オバチャンは懐かしく思ったみたいで、両手で握手というか、手をさすってくれました。 久しぶりに会ったので、少し老けた感じに見えました。

それもそのはず、92歳なんです。

でも、しっかり喋るし、まだまだ元気でした。

オバチャンの作ったお豆さん、よく頂きました。美味しかったなぁ。

そんな昔の事を思い出して、お婆ちゃんの事も思い出しました。

明治生まれの、背筋の延びたシャキッとした感じの人で、どこか気品のある風で、いつも着物着てました。子供の頃はよく叱られたなぁ。

そのお婆ちゃんが亡くなる前の年に、自分の母親が亡くなりました。昭和58年でした。

自分の娘が先に亡くなって、その1年後に、お婆ちゃんは後を追うようにこの世を去りました。娘に先立たれて寂しかったのかな?

時代は確実に流れて行きます。その時代の流れの中で、喜びがあり、悲しみがり、怒りがあり、感動があります。それが積み重なって歴史となります。人は必ず死ぬけれど、死から学ぶ事、思い出す事、懐かしくも思い、昔を振り返る事で、今の自分を知り、生かされている事を思い、その事に感謝する。

法事、これまで何となく務めてきた時間が、人と人を結ぶ、特に親戚同士を結ぶところに、亡くなった人が繋げてくれているんやと思います。

何か、仏さんに悟られたような、、ぼんさんは言うてはりました。

我々は、御仏に生かされているのですよ。

法事も務めるのではなくて、務めさせていただいていると、

こんな事を思うのは、やはり年なんでしょうね。

仏に感謝して、

「南無阿弥陀仏」

|
|

« 泉州マラソン | トップページ | 宅急便 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/40231916

この記事へのトラックバック一覧です: 法事:

« 泉州マラソン | トップページ | 宅急便 »