« 宮古回顧① | トップページ | 宮古回顧③ »

宮古回顧②

宮古島当日。

3時半に携帯の目覚ましで起床。夜中に一回起きたけど、わりと睡眠はとれたなぁ。目覚めは良かったけどあまり食欲はなくて、でも食べなければ、、

顔を洗って食堂へ。

和食のバイキング。自分は多めにご飯入れて一杯で十分、、おかわりしてる人多かったけど、やはりアスリートは食欲も凄いですわ~。

五時にバスでホテルを出発。

会場に着いてまずする事は、左腕にナンバーを書いてもらい右腕にバンドを巻いてもらいます。これはチップになってるんです。

この瞬間、何とも言えない緊張感が、からだ全身に伝わってきます。初めてのトライアスロンではないけれど、なにかいつもと違う緊張感が、、

スイム直前は、心臓バクバク状態でした。

S水さんと一緒にいたので、だいぶ前の方から スタートとなりました。それがスタートしてからとんでもないバトルの中に埋もれてしまい、もうパニック状態!大変を通り越して、経験した事のない、例えようの無い状態・・・なんじゃこりゃあ~!! 状態。 どんな状態やねん。

アッそうそう、、スターターは 「小泉純一郎」 でしたよ。スゴイでしょ。

これは金晩にあったカーボパーティでのサプライズ発表やったんです。

沖から船に乗って現れたんですよ。

両脇に綺麗な女性(ミス宮古?)が立って、後ろにはSPらしき人が立って、船に乗って登場。笑顔で手を振っていました。さすが純チャン、絵になる人ですねぇ。

話はレースに戻って、

苦手なスイムはひたすら辛抱、そして辛抱、ゴールするまで辛抱、もしくは我慢、或いは忍耐、、

きれいな海で気持ちよく楽しみながらと思っていたけど、スイムは楽しくない!

ようやく砂浜にあがって「ほっ!」 タイム見ると一時間チョイ、、速い!

おっしゃ~! 陸に上がったらいくでぇ~! Photo_3

バイクコースは宮古島を一週半。

きれいな景色を見ながら、橋を走ったりと、素晴らしいコースです。

写真は池間大橋。風がきつかったです。なので、自分の後ろに、、、これ、ドラフティング、つまり風除けなんです。トライアスロンでは禁止されてるんやけどなぁ。

ランでもそうですが、よく風除けにされます。 あまり、気にしてないけどね。

バイクは155k、皆生より10k長いですがアップダウンがそれほど無くて、何よりも景色が素晴らしくて、あまり長く感じなかった? んな事はないですが、皆生のコースより好きです。

タイム的にはまぁまぁかな? もっと突っ込めばよかったかも知れないけど、初めてのコースなので、満足しています。自分的にはまだまだ伸びしろがあるように思います。 ウン、まだまだタイムは縮まる。

バイクゴールして、靴を履き替えてランの準備、、やはりしんどかったです。座ってるとケツに根が生えて、なかなか走る気になれなくて、スイムの後もそうですが、この時間をもっと縮めなければと思います、トップランナーは速いですからねぇ~トランジッションタイムの短縮、どちらも10分以上かかてるもんなぁ。

で、ランの始まり。

走って、一番感じたこと。

島の人たちの応援がほんとうに温かかった事。

那覇マラソンもそうでしたけど、宮古も素晴らしかったです。島をあげての応援。

「ワイドー!」 って声援を送ってくれます。 ガンバレ!って言う意味なんです。

Photo_4 応援は素晴らしくて、エイドも充実して申し分なかったんですけど、やはり暑い熱い!

エイドごとに水をかぶって、体を冷やしながらのラン。

写真は、折り返し地点。

ビールの宣伝みたいでしょ。

ここから2時間20分ほどかかったことになります。

ビール飲んでたら、もう少し早く走れたかな? んな事ない。

しかい、ここでも、まだまだ伸びしろがあるように思っています。

ウン、まだまだタイムは縮まる。。ほんまかぁ??

実際は・・・後半のランはバテバテで、

上り坂は歩いてしまいました。残り5k切ったところでは、ここでも歩きたい気持になったけど、沿道の応援が多くて、そこら辺りでもう、

「お帰り~!」 って。

おいおい、まだ4k以上あるでぇ。

ここら辺りの、この距離が長い長~い。

でも、温かい応援に支えられて、歩く事もなく、歩くような速さでしたけどゴールの競技場まで走りきることが出来ました。

島人(シマンチュー)最高です。

そして、競技場へ。

今回のトライアスロン 

「孫と一緒にゴールする。」

これが最大の目標やったんです。

競技場へ入ると、すぐに嫁が、娘夫婦が、そして孫が待っててくれました。

まだ、残り300m近くあるのに、トラックの中に入ってきて、一緒に走って、、

自分は孫の手を引きながら走って、嫁が後ろから、「もう少しゆっくり!」って言われて、ゆっくり走ってるつもりでもゴールが見えると気持が止まらなくて、最後は孫を抱いて走りました。

正直、抱くのがチト早すぎて、抱いて走る距離が長かった~!

でも、でもでも、、

孫と一緒にゴールする事が出来ました。

最高でした!

宮古 シマンチュウー 最高!!

Photo_7

|
|

« 宮古回顧① | トップページ | 宮古回顧③ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

kaisan!宮古島お疲れ様でした。
最高の大会を最高のゴールで飾ることができ私も羨ましく思ってます。
海も最高に綺麗ですね!行きたいなあ~。
宮古島も車で行けるなら考えるんですけどね♪

今度は萩でお会いできますね!
S水さんとのお二人の70km珍道中も楽しみです。
往還道でお会いした際は是非やさしいお言葉宜しくお願い致します。

投稿: 濱ちゃん | 2008年4月25日 (金) 12:29

まずは、お疲れさんでした。m(__)m

いい家族、いい時間、そして・・・
いいレース。 ・・有意義であったみたいですね。
お孫さんの前での勇姿、鉄人ならぬ・・・
今回は「鉄爺」という・・事かな?(笑)

投稿: 一匹狼 | 2008年4月26日 (土) 20:39

濱ちゃん!
宮古へ車で?
うららさんなら行くかもしれんなぁ。
萩往還もうじきやな。
往還道でのすれ違い、楽しみにしています。

一匹狼さん!
宮古は最高でしたよ。
これからも「鉄爺」で頑張ります。

投稿: kaisan | 2008年4月27日 (日) 22:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/40982954

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古回顧②:

« 宮古回顧① | トップページ | 宮古回顧③ »