« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

お披露目

無事に入魂式および記念式典が終わりました。

2008083109370000

各町からたくさんの御祝いいただきました。

たくさんのお酒とお花。2008083111340000

2008083111350000

2008年8月31日、およそ100年に一度の記念すべき日となりました。

本日、第6代地車誕生です。

ジャジャ~ン!

よっsign01日本一sign03

2008083112060000

朝2時過ぎに起きて、終わったのが昼の3時ごろ・・

しかしまぁ、何ですわ、

濃~い一日でした。

明日から、本祭りに向けて寄合が始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

8月31日公開!

いよいよ明日公開です!

8年の年月を費やして完成した第六代地車。

300年以上の歴史に新しい一ページがはじまります。

この感動的な瞬間に関われる自分が幸せだと思います。2008083014140000_2

2008083014160000_2   

出番を待つ平成の傑作。

いくで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

祭りモード

すっかり岸和田は祭りモードです。

それぞれの町に提灯が灯され、祭りの雰囲気をかもし出しています。

青年団が練習で走るところもよく目にするようになります

来週の日曜日は我が町は入魂式。

そんな、祭りモード一杯の岸和田に・・・

金曜日の夜10時半に、おっさんおばちゃんが集まりました。

こんな時間に夜遊び?

岸和田からみさき公園までの往復ラン、青○会主催の夜間マラニックに自分も行ってまいりました。

ルネRCからも5名、途中でひげママも合流して総勢14名のマラニック。

こんな時間によくもまぁ、もの好きが集まるもんです。自分もその一人なんですが・・

紀州街道を走るコース、地元を走るので(実家の真横)少し顔さすなぁ、なんて少し気にしてたけど、夜やし、頭に手ぬぐい巻いてるから、分からんやろなぁって思ってたら・・・

自分に近づいてきて、「どっかで聞いた声とおもたら・・何してるん?」 って。

我が町の青年団二人、祭りに備えて走ってました。

一人は親戚の子。

夜遊びしてるところ、声でバレてしまいました。

しかし、みんなでワイワイと走るのは楽しいもんです。これはやってみないと分からないこと、途中コンビニ寄って休憩して、今月初めも夜間マラニックしましたが、今回は涼しかったです。って言うか、帰りは雨が降ってきて寒いくらい。

その雨も一時土砂降りになってきて、みんな諦めモードに。

中には、その日の朝から仕事に行く人もいて、所詮遊びなので、無理して走ることもなくて、復路の途中から電車乗って帰りました。

と言っても、夜中なので始発まで1時間ほど待ちました。この時が寒かった~!で、電車に乗ったらクーラー効いて、さらに寒い!

ゴール地点に無事に到着。

朝の6時過ぎやったかな。

その後は、仕事に行く人、自宅に帰る人、風呂に行く人それぞれに分かれて、

自分はもちろん風呂組。

温泉入って、ビール飲んで、朝飯食って、仮眠してzzzz

至福の時です。

今回のマラニック、

途中雨が降りましたが、終わりよければすべてよし。

楽しい40kでした。Img177

濱ちゃん!写真いただきました。アリガト!また遊んで下さい。ヨロシク~!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

突然の死

この盆休みに知合いのランナーが亡くなりました。

あるクラブのイベント中に・・・

今日、そのクラブのHPで主催者からの説明があって詳しい事を知る事ができました。

何度かその方とは大会で一緒になる機会があって、

その方、Y兄。

いつも笑顔を絶やさない方、

ビールは飲まずに酒を飲む方、

いつもマイペースで走られる方、

なので一人で走るのが多かったです。

で、よく道を間違う方・・

自分がたまに?道を間違えると、

嬉しそうな顔して話しかけてきたなぁ 

「kaisan どこで間違えたの?」 

嫁と一緒に行った伊勢神宮からのマラニック

今思うと、本当に印象深いマラニックでした。

二泊三日で三日間走るマラニック、伊勢神宮から熊野本宮へ向かう伊勢路。

大会側の説明では一日40kくらいを三日間走るマラニック、これなら嫁も大丈夫かなと、参加しました。 3年前かな?

初日は40kくらいやったけど、二日目は60kくらいあったかな?しかも峠越えの連続、、距離半ばくらいから嫁は疲れて、みんなからペースが遅れだして、、

でもY兄は、時々後ろを振り返って自分たちを気にしながら走ってくれていました。

自分たちは、そのY兄の姿を見ながら走って、目標はY兄やったんです。

あまりにも自分たちが遅くて間隔があくと、立ち止まって待ってくれてたなぁ、、でもその間隔がある程度近づくと、Y兄は前へ進んでたなぁ。

そんな、優しいところがあるY兄が印象に残ってます。

ずーと、ついて走ってると、

左側から、別の仲間から、、

「おーい! 間違ってるぞー!」 って。

案の定、Y兄について走ったら道を間違っていました。

この時、

人の事を気にしてるんやったら、自分の事をもっと気にしてや~なんて思ったもんです。

Y兄、なんど道間違えても、いつも笑顔でかわしてたなぁ。

こんな話も・・・

これも伊勢ですが、

伊勢の二見ケ浦がゴールのイベントで、「太陽の道」

自分が先にゴールしていて、

Y兄が、もうすぐゴールするという情報が入って、

みんなで、ゴール地点まで行き、

ゴールテープを張りながら、

先のほうを目を細めながら見て、まだかまだかと待ってると。。

背中の方から、Y兄の声が・

え?

ゴールの後ろから来ました。

最後の最後まで道を間違って、ゴールする方向も間違って後ろからゴールなんです。

みんな、大笑いでした! 懐かしいなぁ~

いつもマイペース、

いつも一人、

よく道を間違える、

これが、あだになったんか、

こんな悲しい事に、、

山で、一人で、道を間違って、

滑落。

この日、

15日は、自分も六甲山の山道でいました。

とにかく暑い日でした。

こんな現実があると、しかも身近なところであると、

人事ではないです。

山を決して侮ってはいけないと、

今回の六甲も気軽な気持ちで、まだ山の経験もないメンバーを誘った事を少し反省しています。

これまでの自分のランニング人生で、本当に印象に残るY兄でした。

いつも笑顔を絶やさない、酒しか飲まない、マイペースで方向オンチなY兄は、

みんなの心の中で生き続けると思います。

しかし、

道間違えんと、ちゃんと天国に行ったんかなぁ~?

リュックをゆっさゆっさしながら、走ってる姿が今も目に焼きついています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

本日発売

2008082012460000

○川・○居川まつりをデザインした宝くじです。

まつり実行委員の方(S市在住の画家)にお願いして書いていただいた絵を使ってます。

描かれているのは、昨年のまつりで川に浮かぶ葦舟、手作りボートです。川沿いにあるのは、いろいろな出店テント。

かつてドブ川だった○川・○居川が、魚が泳ぐようになるまで再生され、市民の方々がもっと川に関心を持っていただき、さらに美しい川になる事を願って、開催されているまつりも、回を重ねて今年で第10回を迎えることになりました。

その10回を記念した、宝くじ。本日発売されました。

当たれば2000万円かな?

自分も10枚買いました。(たったの?)

この記念すべき第10回○川・○居川まつりは、来月の28日に開催されます。

沿川校区の小学生や市民の方々のステージパフォーマンス、環境に関わるブース、水槽でイルカも見ることができます。

詳しくは・・http://www.asamio.co.jp/river.htm

今回のまつりのメインイベントは、手作りボートレース!

これまで、200mほどの距離でUターンのあるレースでしたが、これだとUターンテクニックのある人がどうしても有利になってしまうため、カヌー経験者が勝ってしまいます。

体力のある人、推進力のある手作りボートを造ったチームにも勝つチャンスがあるようにルールを改正しました。

途中でパン食い競争や水鉄砲で的当てなんか入れたかったんですが、これは却下されました・・。

予選は200mの直線。敗者復活あります。

そして、決勝は約1000m、2箇所カーブあるコースで戦うレースにしました。

かなり、競技性、耐久性のある大会になりました。

興味ある方はどうでしょう?優勝チームは賞金10万円です!

上位3チームのほかに、ユニーク賞やデザイン賞もありますよ。

しかし、1000mを漕ぐのはしんどいやろなぁ~!

琵琶湖の鳥人間コンテストと方を並べるような大会になるように、続けて行きたいと思っています。

いづれは、ここでトライアスロンする?

川のお遊び、夢は広がります。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

夏季合宿②

初の六甲合宿、14名の参加で苦しくて、楽しくて、そして快適な合宿でした。

今回の合宿は、六甲縦走を走って、宿舎の六甲YMCAに行く組と、車で行く組とに分かれてのスタートでした。

14名中、走って行く組みは・・・4名でした。

残りの10名は車組・・・ほとんどやん!

電車に乗って、須磨浦公園まで。

この日は、甲子園で大阪桐蔭と報徳の試合があったので阪神電車は一杯でしたよ~! 

途中、電車の中で喋ってたら、駅を乗り過ごしてしまうハプニングありましたが、9時15分に須磨浦をスタート!

しかし、暑い!2008081509340000

今回、走って行く組に入った勇気ある3名です。後ろに明石大橋が見えてます。

この時はみんな元気でしたなぁ。

真ん中でおる奴、走り始めて8年ほどになりますが、年に1~2回大会に出る程度、六甲縦走なんてまったく初めて、、誰かにそそのかされて参加したそうな。(誰に?自分かな。)

コースの事など話してないので、給水用のボトルポーチも持たずに参加です。コンビニで買えると思っていたらしいです。一応、経験豊富な?自分は2リットル担いで走りましたよ~!

六甲縦走、、山なのでもう少し、涼しいと思ってましたけど、も~ハンパない暑さ熱さ!

水分もハンパなく飲んでしまいます。

彼をそそのかした自分も少し責任を感じて、その分、彼の給水係りをやりましたよ。給水だけでなく、塩分やブドウ糖の補給。おにぎり煎餅も。

そんなこんなしながら、死にそうになりながら走っていると、今年萩往還を完走したベテランが、なんと白旗!

もう、アカンて。

脱水です。両足つったそうで、顔色も悪く、あえなくリタイア。

コース途中に駅があるので、そこから電車でゴーでした。

写真右の、ビール妖怪アブさんです。昨日飲み過ぎて、朝から便所(ウンコ)ばっかり行ってました。出しすぎて、脱水になったんでしょう。

何度か六甲縦走コースを経験していたけど、夏の六甲を甘く見ていたんでしょう。自分もそうですが、こんなに苦しいとは! 

寺○クン、ゴメンね。そそのかして。距離も25kくらいかなぁって適当に言って。本当は36kありました。

でも、最後までよく頑張りました。こんなクソ暑い中、六甲を走れるなんて君は幸せもんですよ。(笑)2008081513030000

これ、露天風呂チャイますよ。

途中うまい具合に、川があったんで、あまりにも暑くてみんなでパンツ一丁になって、浸かりました。

Vサインしてる、アホなおっさん(失礼) 気持ちよく浸かってるのは、写真左の、自称ジダンさんです。(似てるのは頭だけ~。)

まぁ~川の水は冷たくて、メッチャクチャ気持ちよかったです!生き返りましたねぇ。自然の恵みは素晴らしいです。

夏の六甲縦走は、こんな苦しくもあり、楽しくもあった、たったの36kmでしたぁ。

ゴールの六甲YMCAでは、車組のメンバーが出迎えてくれて、ゴールテープもある演出で、達成感がありました~! 冷たいビールも用意してくれてました。

みんなありがとうございました。

ゴールで出迎えてくれた、一人(女性)、、前日まで走る気持ちがあったようなんですが、自分の判断で止めました。賢明な判断?

まだ、走り始めて1年くらいなんですが、最近メキメキと力をつけて、この前も初100kを見事完走した実力の持ち主。自分たちの姿を見て、参加しなくて良かった~?けど、羨ましかった~?と、複雑な気持ちやったみたいです。

彼女が参加していたらどうなっていたか? また、違ったドラマがあったかも?

この企画、また来年もやる事になりました。来年の参加に期待しましょう!

この後は、みんなでバーベQ!

走った後、達成感の後の肉は、チョー美味かったです。

そして、今日。

六甲から宝塚までのラン。この宝塚までのコースはほとんどが下りで、距離にして約20km。

参加者は9名もいました~。

残り5名は車の移動です。みんなの荷物運びなどありがとうございました。

ラン組9名は、みんないっしょにゴールの宝塚温泉まで走りました。誰一人の脱落者もなく、みんな快調に走れました。

今回の合宿、自分的には一杯走れて(全縦走56km)、食べ物も美味しくて、本当に充実した合宿で、しかも六甲の夜は涼しくてメチャ快適で夜景もきれかったです~。

来年も、いくで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

夏季合宿

毎年この時期にやってるルネRCの合宿。

今年は六甲山です。

3年前から始まった遠征合宿の第四弾!

それまでは毎年、浜寺公園のユースホテルで宿泊してましたが、青少年の健全な宿泊施設で、夜中まで酒飲んで騒いだため、とうとう追放されてしまいました。

その後、場所を探して2005は貝塚のほの字の里。山の家です。Photo

2006は初めて府外遠征。

徳島県阿南へ阿波踊りしに・・・チガウチガウ、YMCAへ。

ここも青少年の健全な施設。また追放?

幹事さんはよく考えてくれたもんです。建物が別棟になってるため、夜中でも騒ぎ放題?

3

150 なので、昨年2007も阿南YMCAへ。

2年続いて海の家なので、今年は山の家へ!

今年は六甲山YMCAです。

みんなで、海の家や山の家に行くと、子供のころに行った、臨海学校や林間学校を思い出します。

YMCAがそんな施設なので、余計に子供のころの事を思い出すのでしょう。

今回も子供のころの気持ちで行く合宿なんです。

参加者は14名のおっさん、おばちゃんです。

内、4名だけが六甲縦走コースの須磨浦公園から走って六甲山まで向かいます。残り10名は車で・・・六甲山から逆走して合流する事になてます。

もちろん、自分は走る組です。

約35kくらいかな?

暑さに負けないように景色を楽しみながら走りたいです。

さて、楽しんで走れるかな~?

走った後は、たらふく食って飲んで、騒いで・・・

おっさん忘れて、子供になるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成の傑作

ご存知、武○信玄と上○謙信の名場面。

見送りです。(小屋根下にある彫物)

2008081010100000

評価はさまざまです。

ちなみに、先代の見送りは・・・ Kita33            

やはり、櫻○義国の傑作!

何やろ~!

この、リアリティは・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

暑っついなぁ~

2008080523510001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

平成の傑作

ほぼ出来上がりました。

平成12年に新調が決まり、

資金調達のため、積立てが始まり、

平成15年に原木が決まり、

昨年、大正の傑作に別れを告げて、

そして、平成20年、

まもなく、平成の大傑作が完成します。2008081010070000_4

平成20年8月31日 入魂式

午前6時公開!

乞うご期待!!

間違いなく、金メダルじゃぁ~sign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

静けさや~岩に染み入るぅ 蝉の声

ええ歌やなぁ、なんか、風情があって涼しく感じますなぁ。

夏の風物。

ところが、、

朝のはよから、蝉の声・・・

シャンシャンシャン・・・

ジャカマシイ! ウルサイ! 暑苦しい!

芭蕉が聞いたら、どんなん歌うんやろか。

このウルサイ蝉、

「クマゼミ」

西日本中心に生息してるらしいけど、徐々に北上してるんやて。

これも温暖化の影響なのか、ここ数年異常発生してるらしい。

今日は孫連れて、裏の公園にウルサイ蝉取りに行きました。2008080914090001

予想はしていましたが、このクマゼミ、いくらでも取れます。

もっと、高いところにおると思ってましたけど、低いところでもおるおる、、ナンボでも。

孫の背で、手で取れるくらい。

自分が子供の頃は、網の棒が短いので継ぎ足して、普通の網を持ってる子供の前で自慢げに蝉を取ったことを思い出したけど、、

今の蝉は、警戒心がなさ過ぎるのか、蝉が多すぎて、高いところは満員なので、仕方なく低いところなのか、、蝉取りする子供が少ないので安心してるのか分からないけど、信じられないほど低い木に止まってます。

2008080914120000 30分ほどで虫かごが一杯になるくらい取れました。ほとんどがクマゼミ。

一匹だけアブラゼミ取れました。

と自慢してる優世です。

そう言えば、子供の頃はアブラゼミが主流やったような気がします。

先日、奈良に行ったとき、二月堂へいく山道での蝉は、中々風情がある、涼しげな蝉の鳴き声でした。上品な鳴き声に聞こえましたよ。

平城京1300年の鳴き声? たいそう?

それに比べて、裏の公園の蝉は・・・

なんと下品な鳴き声! 土地柄? 

静けさや~岩に染み入る蝉の声・・・どころか

暑苦しい~朝から耳につく蝉の音・・・寝られへんワイ!字余りじゃい!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大仏つぁん。

今日、仕事で奈良へ。

そのついでに、大仏つぁん見に行ってきました。

拝観料500円也。

さすが世界遺産ですねぇ。夏休みという事もあって観光客がたくさん!その中に、外国人の多いのに驚きました。

5年ほど前に、奈良大仏マラソンで行った事があって、大仏つぁんを拝むのはそれ以来。2008080711570000

家に帰って、新聞見たら、「大仏様 すっきり」 って。

今朝、1年間のほこりを払う行事があったらしいです。 その時は、掃除した後とは気がつかなかったですが、写真を見ると・・きれいかな?

この、東大寺にある柱で、人が一人通るのがやっとの穴が開いてるところありますねぇ。子供の頃に自分も通った記憶があります。

5年前に、途中で身動き取れなくなって、嫁に引っ張られながら通ったかな? 

今日も、そこで子供達が柱の穴を通ってました。中には、すこし大きめのお姉ちゃんが、通ろうと挑戦しても、思うようにからだが動かずに、親に引っ張られて、やっとのことで成功! 通った後の気恥ずかしい表情が印象的でした。何かほのぼのした感じで、ええ家族旅行やなぁ、なんて思いながら見てました。2008080712030000

大人が通ったらアカンわな! 

で、ふとその柱に目を移すと・・・

落書き。

柱は落書きだらけでした。

まぁ、世界遺産であろうと何であろうと、落書きは昔からあるもの・・自分も書いたことあるなぁと、思ったりしました。

一ケ月ほど前に、イタリアでどこかの学生の落書きで話題になったことを思い出しました。

そこに行った日本人の観光客が落書きの写真を大学に送ったことが発端だとか・・。たまたま、大学名が書かれていたから。

なんで、そんな事するんやろなぁ~。(落書きチガウよ、送った事やで。)

書いた方は悪気はなかったんでしょうね、きっと。

多分、まわりは東大寺と同じで、落書きだらけなんでしょうから。

大学名書かずに名前だけなら分からなかったのに。。処分された学生は書いたことより、大学名書いた事に悔やんでるでしょうねぇ。

でも、落書きは悪い事。器物損壊罪になるのかな?

その後、野球部の監督も自分の新婚旅行で落書きしたことが、バレて、首になった事もありました。 きびし~い!

社会通念上許される範囲って、どこまでなのかな?

なんだか、世知がない世の中ですな~。

その時の記事があったので・・

「教員、大聖堂に落書きで解任の危機」--。イタリア・フィレンツェの大聖堂に落書きをした日本人が、日本国内で停学や務めていた野球部監督の解任など厳しい処分を受けていることに対し、イタリアでは「わが国ではあり得ない厳罰」との驚きが広がっている。

 イタリアの新聞各紙は1日、1面でカラー写真などを使い一斉に報道。メッサジェロ紙は「集団責任を重んじる日本社会の『げんこつ』はあまりに硬く、若い学生も容赦しなかった」と報じる。

 フィレンツェに限らず、イタリアでは古代遺跡はスプレーにまみれ、アルプスの山々には石を組んだ文字があふれる。その大半がイタリア人によるものだ。同紙は「日本のメディアによる騒ぎは過剰だ」と、日本人の措置の厳しさに疑問を投げ掛けた。コリエレ・デラ・セラ紙も「行為はひどいが、解任や停学はやり過ぎ」と論評した。

 一方でレプブリカ紙によると、大聖堂の技術責任者、ビアンキーニ氏は「日本の出来事は、落書きが合法と思っているイタリア人にはいい教訓だ」と語った。

なんだかなぁ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

水汲み

すっかり我家の、って言うか、

自分の行事の一つになってしまいました。

昨日、洞川へゴロゴロ水を汲みに行ってきましたぁ。

水汲み始めて、5回目かな?

我家の水の消費量・・・20ℓの容器、夏ということもあって三日でなくなります。

前回、この容器12個汲んできたのが、残りは・・使用中一個と在庫は一個に!

いかん~!

水がなくなってくると、何だか落ち着かなくなります。なんやろ?

この週末に汲みに行かなければ、途中で無くなる!

アカン・・・行かなければ・・

日曜日は祭りの寄合がある・・・ウゥ!

って事は、土曜日しかないぞー!

行かなけれぇばぁ~!!

とまぁ、たいそうかも知れませんが、

水汲み行きたくなるゴロゴロ病・・なんです。

空容器10個に新たに2個加えて、今回も12個。

水汲みが終わると、温泉へspa

えっ?

昨日は朝からリバティでspaしてるやん!

夕方は洞川でspa

そうなんです。一日二回。。

なかなか極楽な日でしたぁ。

家に帰って、車から倉庫まで水を運ぶのが、大変なんですsweat01

20ℓ容器12個なので、重さ240kg!

せっかく温泉入ったのに、汗だくsweat01

でも、倉庫に水タンクがあると、何だか落ち着くんです。

来月はいつ、ゴロゴロ日かなぁ? 

あっそうそう、

9月に予定してる、洞川マラニックの宿です。2008080217440000

モリ蔵くん! 段取りよろしく~!

ついでに、みたらい渓谷。2008061614310001

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

夜間走

昨日の夜11時にスタート。

私のいつものオアシス・・岸和田リバティに5人のおっさん、おばちゃんが集まり、

夜中に岬公園まで夜遊びしに行きました~!

アホでしょ?

でも、今の暑は夏いから・・・

昼間は走れないですから、

夜中に走る。

でも、そこそこ暑かったです。

時間はたっぷりあるんで、ゆっくりと、ワイワイ喋りながら、、

途中、何度もコンビニに寄って、

コンビニの店先に座って、飲んで食べて、

夜中に、こんなおッさん、おばちゃんが、

座り込んで、

若い子達もビックリ?

こんな事って、夜中に中々できないですねぇ。結構楽しかったです~。

二人のおばちゃん、夜間走は初めての経験。

楽しみながら、いい練習ができたみたいですよ。

みさき公園まで走って折り返す予定でしたけど、時間の都合、体力の都合で、少し手前でUターンして、岸和田へ。

途中、りんくうでは朝焼けを見ながらのラン!海沿いの爽やかな風を体に感じながら気持ちよく・・・

ここまで、調子よく走っていたおばちゃん一人は、練習不足もあって、少しお疲れのようで、あえなく、ここから電車で帰還する事に。。

まぁ、ここまでよく頑張りました!距離にして約35k。

よく頑張りましたよ! お母ちゃん!

で、

ここりんくうで、もう一人のおばちゃんと合流。

その名は、「ひげママ」

朝早く起きて、自宅から逆走してきて、自分たちと合流。

さすが、灼熱皆生を完走した、おばちゃんです。

元気印。

合流してからは、ペースあがって、付いていくのがやっとでした・・(笑)

そんなこんなしながら、無事に岸和田リバティにゴール。

6時半でした。

距離にして、約45k。

今の時期、昼間ではこの距離は走れないですねぇ。自殺行為!

でも、夜間走ならみんなと楽しく走れました。

この後は、風呂はいって、リバティでゆっくりしました。

自分と嫁二人は、ここで7時間もいましたよ。(笑)

ゆっくりし過ぎ?

ひげママだけは、リバティから自宅まで走って帰りました~! さすが元気印!

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »