« 本日発売 | トップページ | 祭りモード »

突然の死

この盆休みに知合いのランナーが亡くなりました。

あるクラブのイベント中に・・・

今日、そのクラブのHPで主催者からの説明があって詳しい事を知る事ができました。

何度かその方とは大会で一緒になる機会があって、

その方、Y兄。

いつも笑顔を絶やさない方、

ビールは飲まずに酒を飲む方、

いつもマイペースで走られる方、

なので一人で走るのが多かったです。

で、よく道を間違う方・・

自分がたまに?道を間違えると、

嬉しそうな顔して話しかけてきたなぁ 

「kaisan どこで間違えたの?」 

嫁と一緒に行った伊勢神宮からのマラニック

今思うと、本当に印象深いマラニックでした。

二泊三日で三日間走るマラニック、伊勢神宮から熊野本宮へ向かう伊勢路。

大会側の説明では一日40kくらいを三日間走るマラニック、これなら嫁も大丈夫かなと、参加しました。 3年前かな?

初日は40kくらいやったけど、二日目は60kくらいあったかな?しかも峠越えの連続、、距離半ばくらいから嫁は疲れて、みんなからペースが遅れだして、、

でもY兄は、時々後ろを振り返って自分たちを気にしながら走ってくれていました。

自分たちは、そのY兄の姿を見ながら走って、目標はY兄やったんです。

あまりにも自分たちが遅くて間隔があくと、立ち止まって待ってくれてたなぁ、、でもその間隔がある程度近づくと、Y兄は前へ進んでたなぁ。

そんな、優しいところがあるY兄が印象に残ってます。

ずーと、ついて走ってると、

左側から、別の仲間から、、

「おーい! 間違ってるぞー!」 って。

案の定、Y兄について走ったら道を間違っていました。

この時、

人の事を気にしてるんやったら、自分の事をもっと気にしてや~なんて思ったもんです。

Y兄、なんど道間違えても、いつも笑顔でかわしてたなぁ。

こんな話も・・・

これも伊勢ですが、

伊勢の二見ケ浦がゴールのイベントで、「太陽の道」

自分が先にゴールしていて、

Y兄が、もうすぐゴールするという情報が入って、

みんなで、ゴール地点まで行き、

ゴールテープを張りながら、

先のほうを目を細めながら見て、まだかまだかと待ってると。。

背中の方から、Y兄の声が・

え?

ゴールの後ろから来ました。

最後の最後まで道を間違って、ゴールする方向も間違って後ろからゴールなんです。

みんな、大笑いでした! 懐かしいなぁ~

いつもマイペース、

いつも一人、

よく道を間違える、

これが、あだになったんか、

こんな悲しい事に、、

山で、一人で、道を間違って、

滑落。

この日、

15日は、自分も六甲山の山道でいました。

とにかく暑い日でした。

こんな現実があると、しかも身近なところであると、

人事ではないです。

山を決して侮ってはいけないと、

今回の六甲も気軽な気持ちで、まだ山の経験もないメンバーを誘った事を少し反省しています。

これまでの自分のランニング人生で、本当に印象に残るY兄でした。

いつも笑顔を絶やさない、酒しか飲まない、マイペースで方向オンチなY兄は、

みんなの心の中で生き続けると思います。

しかし、

道間違えんと、ちゃんと天国に行ったんかなぁ~?

リュックをゆっさゆっさしながら、走ってる姿が今も目に焼きついています。

|
|

« 本日発売 | トップページ | 祭りモード »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/42234990

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の死:

« 本日発売 | トップページ | 祭りモード »