« kaiカフェ(仮称)オープンへの道④ | トップページ | 建築着工 »

クリーン作戦

今日は、毎年この時期にある、大○川クリーン作戦。

昨日に引き続き、天気に恵まれました。

ポカポカと暖かくて、参加者も昨年を上回る人数で、

想定していた数よりも多くて、記念品が足りないくらいたくさんの方が来られました。

これは、嬉しい悲鳴?です。2009030110300000

この、記念品は事前に袋詰めして準備する必要があって、この作業、結構大変なんです。

そもそも、参加された方に心ばかりの物を、という気持ちで、少しは客寄せで始めたものなんでしょうが、これだけの参加者があって、定着してくれば、記念品は無くてもいいと思いますがね、、

来年はどうなるでしょうか?

この予算は、○阪府なんです。

橋○知事の耳に入ったら、即無くなるかも?

参加者が増えた理由として、、

もちろん地域の方々の参加も多いのですが、学校の課外授業の一つとして参加するようになったことと、

今回、特に感じたのが、企業の参加が多くなったこと。

事前の問い合わせも多くあって、企業が団体で参加していただける方が本当に増えました。

川は、地域住民だけでなくて地域の企業の人たちにも守られていく、

いいことですねぇ。

これがたくさんの学校や企業につながって、清掃活動が継続してあると、本当にきれいな川になるでしょうね。

大○川の清流復活!近いかもしれません。

学校の課外授業の一つとしての参加した生徒達、ゴミ拾いも本当に一生懸命やってくれて、土に埋まってるタイヤや自転車を掘り起こしてまで取ってくれます。

単車を運んでる生徒もいて、これは、さすがに重くて四苦八苦してましたが、後で、大○和川の事務所で取ってもらうようにしました。

一見、ヤンチャそうな生徒に限って、こんな大物に手を出します。

清掃活動が終わってから、毎年恒例なのですが、生徒達の前で30分ほどお話しをする時間があります。

地元の方と役所で15分づづお話しをします。

地元の方からは、自分が子供のころの大○川を語ってもらいましたが、少し話が長かったかな・・落ち着きのない生徒は、立ったり座ったり、嫌そうな顔して、

一部に、こんな生徒がいると、周りに伝染します。

話を聞く雰囲気がなくなって、

先生も見かねて、「座りなさい!」って言うても知らんぷり。

地元の方も、そんな雰囲気を知ってか、余計に終わる気配など出さず、意地になって?かどうか分かりませんが、お話しをしておりました。

そんな、空気の後に自分の番です。

まぁ、適当に話しときました。どうせ、聞いてくれないし・・。

この学校の参加も4年目で、自分もこれまで見てきましたが、今年が一番悪かったですね。

大○川の環境は少しずつですが、よくなってきてますが、学校の環境改善は、なかなか難しいようですね。

2009030110560000

今日の成果。

クリーン作戦に参加されたみなさんのおかげで、これだけのゴミが出ました。

ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。http://www.city.sakai.osaka.jp/city/info/_kasen/y_i_clean.html

|
|

« kaiカフェ(仮称)オープンへの道④ | トップページ | 建築着工 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/44212972

この記事へのトラックバック一覧です: クリーン作戦:

« kaiカフェ(仮称)オープンへの道④ | トップページ | 建築着工 »