« 宮古島から一週間 | トップページ | ディナーアルバム »

日曜日のディナー

日曜には朝から法事。

kai源本家のおじさんの13回忌。

親戚が本家に集まり仏壇の前に集合です。お経はさほど長くなくて、ほとんどい眠ってましたが、こうして久しぶりに会う親戚の方々と亡くなった方をしのんで一同に会するってことは、中々いいことですよねぇ。

お経終わった後、ぼんさんが話してくれた中で、来年は親鸞聖人の650回忌があるらしいです。

今の世の中、簡素化合理化されている中で、650年も続いている、意味があるから続いていることだと、何百年も続けてきた先人たちの思いを大事にしていただきたい。

昨今のお葬式では「家族葬」が多くなっている、さらに「直葬」というのがあるらしい。亡くなったところから直火葬場へ行くらしい。

簡素化合理化は悪いとは言わないが、生があって死がある、先祖があって自分たちは生かされている。

亡くなった方は、親戚や他のたくさんの方にしのんでもらってお葬式はあげたいものです。

こんなところまで、簡素化合理化は必要ない・・と、思う。

なんて事を思いながら、この日の夕方からはディナーrestaurant

娘と彼氏が、私たち夫婦をご馳走していただきましたhappy01 ありがとうね。

今年、結婚式を挙げる場所でのディナー、詳しい話を聞かないまま会場へ行くと、待っている人がいっぱい!

若いカップルとお父さんお母さんのグループが、何組いたかなぁ、ざっと15組以上・・だいたいですが。。

そして、時間になると会場へ案内されます。そこは、結婚披露宴会場!

当日の披露宴と同じシチュエーションを再現したディナーなんです。そこには司会者がいて、新郎新婦も登場するんです。

50年以上生きてきましたが、こんな体験は初めてでしたよ~。中々のアイデア、、これも商売なんだと思いました。

テーブルには結婚予定の婿、嫁のそれぞれのご両親といっしょが、一番ノーマルな形のようでした。

ここで、初めて両家のご両親が対面しているかもしれません、、どことなくぎこちない雰囲気のあるテーブルもありました。

中には二人だけで来ているカップルも・・我が家みたいに娘か婿の親だけもあって、みんなそれぞれ、、

ディナーも途中からビュッフェスタイルに変わり、焼肉ステーキ、チキン、エビからサザエ、フォアグラも! ステーキも和牛とオーストラリア産があって、披露宴での料金設定によっては、これとこれが入るという説明書?おしながきがあって、高い料金設定では、全てが入ってますよ~って、高い方を選んでいただくために、親もいっしょなら、しかもご両家の親がいっしょにいれば、見えもはるっての、、ホンマ商売上手ですわsign04

でも、結婚披露宴の雰囲気を味わいながら美味しい料理をいただくことが出来ました。

法事でのお昼の食事に引き続いて、本日のダブルヘッダーは、前半戦も美味しいものをいただいた上に、後半戦は幸せな気持ちで美味しいものをたくさんいただきました~。

写真たくさん撮ったので、後日紹介いたしますcamera

|
|

« 宮古島から一週間 | トップページ | ディナーアルバム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/48201168

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日のディナー:

« 宮古島から一週間 | トップページ | ディナーアルバム »