« 臨時営業 | トップページ | 孫 »

同級生

ブログでもよく書いてるような気がする、「同級生」

自分のまわりに、昔から付き合ってる友達は、同級生が多いですね。

やはり、生まれ育った地で、ずーっと生活しているからなのと、

圧倒的に感じるのは、祭りがあるから。。

祭りの社会は、完璧に縦の社会、年功序列。

なので、学年単位で役が変わり、学年単位で話しを進めることも多くて、必然と会う機会も多くなります。

我が町の同級生は自分入れて、3人なんです。

昔はもっとたくさんいたんですが、それぞれの事情があって祭りから離れて行きました。

鼻を垂らしてた頃から知ってる者同士、普段はそれほど会わなくても、祭りがあるから寄合があると必ず会う、そんなことが何十年も続いていると、自然と絆も深くなります。

そんな深い絆をもって、来年は自分たちの同級生が曳行責任者なので、しっかりと彼のために、町のために尽くしたいと思います。

今年の祭りでは、もうひとつ同級生との話題が・・

同級生と言えば女性もいるわけで、

岸和田の女性は、結婚して嫁いでも、祭りになると生まれ育った町に帰ってきますし、子供をだしにして、自分もだんじりについて走る人が多くて、やはり、男だけでなくて、女もだんじりから離れられないのでしょうね。

そんなことで、祭りになると同級生の女性とも会うわけで、今年はひょんな事から、町内の同級生の女性と、自分たち3人とで、夜の曳行で一緒になる事になりました。

男女5人で、エエ歳こいだ、おっさん、おばはんが、片手にビールや缶チュー持って、だんじりと一緒に歩く・・・

まぁ、外から見るとスゴイ光景なんでしょうが、祭りだから許せられる?

呼び合う名前は、昔からのあだ名で、

おばはんでも、でーちゃんとマリちゃん。ちなみに、おっさんの自分はこーちゃんcoldsweats01

こんな事、52年生きてきて初めての経験でした。

でーちゃんの息子は我が町の青年団で、自分の親がビール飲んで酔いながら歩いてる・・自分を見られるのも親を見るのもいやでしょうが、祭りならではの光景・・

息子には、「母親がいるから、この町のだんじり曳けるやど、母親に感謝せいよ。」 なんて事、言いましたかな?

そんなこんなで、今年の祭りでは、貴重な経験をさせてもらいました。

だんじりの曳行時間も終わりに近づいたころ、同級生のおばちゃんとの別れ際には、

今日は久しぶりに会えてホンマに楽しかったこと、

そして、こんな楽しいことは、

「50年に1回でエエわ・・・」

って、言いましたかな?

|
|

« 臨時営業 | トップページ | 孫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/49531875

この記事へのトラックバック一覧です: 同級生:

« 臨時営業 | トップページ | 孫 »