« だんじり見物日記 | トップページ | お客さん »

合掌

10日午後5時20分ごろ、大阪府泉大津市春日町の市道で、だんじりをぶつけ合う秋祭りの最中に、
同市の男性会社員(28)がだんじりの間に頭部を挟まれ、搬送先の病院で死亡した。

府警泉大津署によると、だんじりは長さ3.6メートル、幅1.9メートル、重さ約4トンで、1台を約300人で引いていた。

事故が起きたのは、止まっているだんじりの後部に別のだんじりを衝突させる「濱八町祭礼」という行事で、
男性はぶつけられる側のだんじりの後部にいたという。

同署は、ぶつける側のだんじりの操作を誤り、斜めに進んで男性を巻き込んだとみて調べている。 

時事通信 10月10日(日)23時47分配信

先日の祭りで、あまりにも悲しい、いたましい事故が起こりました。亡くなったのは28歳の男性、娘婿と同い年です。

事故のあった泉大津の祭り、

岸和田とは違った型のだんじりで、岸和田型を下だんじりと呼ばれるのに対して、この型は上だんじりと呼ばれてます。

下だんじりには前梃子があって、岸和田を中心にやり回しが見せ場となって脚光を浴びている祭りでは、この型が主流となっていますが、ここの地区は、昔からある、この上だんじりの伝統を守り通して、他の追随を許さない、泉州地区では、ある意味特殊な、頑固な、言い換えれば、ヘンコな地区なんです。

やり回しに変わってあるこの地区の見せ場が、

「かち合い」 「カッチャイ」とも呼ばれてます。

前に止まってるだんじりに後ろから別の町のだんじりがぶつかりに行くんです。そのぶつけ方もハンパなくて、ぶつけられただんじりの前が浮くほどで、初めて見た人は度肝を抜きます。

この地区の祭りを濱八町と呼ばれ、伝統を守り通しているこの地区の祭りは、岸和田と違った祭りで盛り上がりを見せており、自分もここ何年かは必ず見物に行っております。

見物していつも思います。エエ祭りしてるなぁ~。

祭りの心意気、誇り、伝統を感じます。曳いてる姿も粋です。

こんな、盛り上がりを見せている祭りで、本当に悲しい、いたましい事故・・。

見物人が多いから盛り上がる祭り、盛り上がるから楽しい祭り、もっと盛り上がりたいから勢いがつく祭り、そして、勢い余っての事故。

祭りで尊とい命がなくなったのですから、外野がとやかくと簡単には書けないのですが、

この地区の祭りの伝統、つまり、かち合いは守り通してほしいと思います。

しばらくは自粛もあるかもしれないですが、伝統の灯は消さないで後世に繫げてほしいです。

今日は、帰宅ランしました。

途中、この事故現場に立ち寄りました。

たくさんの花、花、花。

たくさんのお供え物。

線香には火がついてました。

そこに立ち止まり、合掌。

しばらくは歩いて、亡くなった方のご冥福を祈りながら、その場所を去りました。

|
|

« だんじり見物日記 | トップページ | お客さん »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も数日前に現場に行ってきました。
花束と線香が供えてあって手を合わせてる人がたくさん居ました。
かち合いですが今後どうなるのでしょうかね。。。
独特の文化を守ってきた地区ですので今後も変わりなく進んで行って欲しいとは思いますが・・・・。

投稿: 濱ちゃん | 2010年10月15日 (金) 08:25

濱ちゃん!
地元は大変だと思います。
あのT町は来年新調なんです。
この先どうなるか分かりませんが、
前向いて進んでほしいですね。

投稿: kaisan | 2010年10月15日 (金) 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/49744276

この記事へのトラックバック一覧です: 合掌:

« だんじり見物日記 | トップページ | お客さん »