« まいった、 | トップページ | 必需品 »

こまった、

こまった、

こまどり姉妹。

別に、困ったことはないんですが、スイマセン、話しの流れ上こうなってしまいました・・・スンマソン。

Komadori

せっかくなので、こまどり姉妹について調べました。

1938年昭和13年)2月16日、北海道厚岸郡厚岸町で炭鉱労働者をしている父親の双子として生まれた。家族は、その後樺太へ渡り、敗戦まで樺太で育つ。

太平洋戦争後は、極貧生活の中、帯広市釧路市の炭坑町を転々とし、銭函でついに家賃が払えなくなり夜逃げ。大楽毛に移り住み、ここで姉妹は日銭を稼ぐために門付けを始めた。

1951年(昭和26年)上京。東京都山谷木賃宿に住み、父親に連れられ、三味線を片手に台東区浅草の飲食街を流すようになる。その頃スカウトを受け、1959年(昭和34年)、コロムビアに入社。「こまどり姉妹」という名は一般公募で決められた。

デビュー曲は当初「三味線姉妹」であったが、浅草を流していたという経歴から「浅草姉妹」へ変更となった。

愛称は「演歌版ザ・ピーナッツ」。同じ双子のザ・ピーナッツとの交流は歌謡ジャンルが違っていたものの公私共に盛んであった。1960年(昭和35年)には、ザ・ピーナッツが「こまどりジョッキー」という番組の構成、出演を行っている。ただし、こまどり姉妹の方がザ・ピーナッツより3歳上である。

1961年(昭和36年)、NHK紅白歌合戦に初出場。ザ・ピーナッツに次いで紅白史上2組目の兄弟・姉妹での出場となった。紅白歌合戦にはこの年から7年連続で出場している(詳細は下記参照)。

人気絶頂の1966年(昭和41年)5月8日、鳥取県倉吉市で公演中に突然、18歳の男が舞台に駆け上り、葉子を刃物で刺した。この男は、栄子のファンで、結婚を望んでいたが応じてもらえなかったので、無理心中を図ったというものであった。葉子は腹部を刺され重傷を負ったが一命を取り止め、しばらくして舞台に復帰した。

父母の死、栄子のガン、葉子の大怪我、栄子の交通事故、脱税問題などの不幸が続き、大きな借金を抱えたまま一時芸能界から離れた。

1984年(昭和59年)、久々の新曲「浪花節だよ人生は」で活動を再開。2008年には第50回日本レコード大賞で功労賞を受賞。そして、2009年には片岡英子監督によるドキュメンタリー映画『こまどり姉妹がやって来る ヤァ!ヤァ!ヤァ!』が公開された。(ウィキペディアより)

へぇ~そうなんやぁ・・・ザ・ピーナッツより三つ年上なんや、、自分より20歳上・・

って、それがどないしたっ!ちゅうねん。

つまらんブログでスイマセン・・・

ホンマに、困った奴やで・・・

困った? こまった・・・

もう、ええけ?

|
|

« まいった、 | トップページ | 必需品 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/49845618

この記事へのトラックバック一覧です: こまった、:

« まいった、 | トップページ | 必需品 »