« 謹賀新年 | トップページ | 新年会 »

熊野詣VOL.5

今年も行ってきました。

2日から一泊二日の旅、タイトルの通り今年で5回目の熊野詣。

もうすっかり恒例行事となっております。自分が家を空けてるこの二日間、嫁はゆっくりと箱根駅伝の観戦・・自宅で。これも恒例となっているようです。

今年の旅のお供は昨年も参加してるメンバーで4人の旅となりました。

毎年、このツアーの企画していただいてるshimizuさんは、昨年からの足の故障で、無理して走るとアキレス断裂の恐れがあると医者から脅かされ?車で我々を並走していただきました。

なので、古道は3人の旅となりました。やかましいお嬢二人連れての、まさに珍道中でした。

いつもならリュックに全ての荷物を入れて、バスや電車やタクシーを駆使して熊野三山を巡るんですが、今回はshimizu号がありますから、荷物は預けることが出来るし、途中の移動はロス時間もなくて、快適に熊野三山巡りが出来ましたよ。

本当にありがとうございます。この場を借りて、「御礼!」 っと。

来年は、誰が故障かな? (笑)

今回のコースは、紀伊田辺まで電車で行き、そこからshimizu号で滝尻まで。滝尻から近露まで、熊野古道を走り歩きました。約13キロを4時間ほどかけてゆっくりと・・

古道は年末からの寒波で雪が積もって雪化粧!静寂の熊野古道は雪に染められさらに神秘的な様相・・・のはずが、じゃじゃ馬ニ匹いましたから、やかましい、やかましい!

いや、それくらい楽しかったと思います。

今回の宿は近露の民宿。ここは食堂に囲炉裏があって、囲炉裏を囲んでの酒は進君です。

はじめは団体さんが囲炉裏を囲んでいましたけど、その方たちが帰ると民宿の大将がこちらで飲みませんか?と。

ほのぼのした大将で、夜遅くまでやかましい我々に付き合ってくれました。

先にいた団体さんとは、地元の獅子舞の方たちで、正月は各家を回るらしくて、明日もそんな予定があって、朝からこの民宿に集まるんだと、、人のいい大将は私たちのために披露してくれると約束していただきました。

エエ人や~。

翌朝、

約束通り、朝から民宿前で!生まれて初めて目の前で獅子舞を見ましたeyeP1000015

P1000014 P1000013

新年早々、縁起のいいものを見ることが出来ました。何だか、田舎ってええなぁ~って思いましたよ。街ではこんな光景ないですもんねぇ。

そして、この後は熊野三山巡り、、

熊野本宮大社から、速玉大社、そして那智大社と巡ります。先に書いたように今回は車で移動出来るんで、本当に無駄なく余裕持って、しかも運転手付き、ガイド付き、移動の途中は景勝地に案内してくれるし、食事は美味しい海鮮丼の店に連れていてくれるし、お土産タイムもあるし、

「いたれり、つくせり」 とは、この事だと思いましたよ。

来年は誰が故障やろ?こんな事出来るんは、○ー○"君しかおらんなぁ。来年よろちく! (誰やねん?)

那智大社はこれまで何度も行ってるけど、那智の滝は遠目で見るだけやったので、今回は下まで降りてまじかで見ることが出来ました。

滝からの水しぶきが人の顔に見えると聞いたので、神さん?仏さん?目を凝らしてじーっと見たんですが、何も見えなかったです・・

邪念があると見えんのかな?P1000001 もう少し近くまで行けるんですが、ここから先は有料やったんで、辞めときました(笑)

この前、TVでやってたんですが、神さんと言うのは姿がないらしいですね。このように滝を祭ったり、巨石であったり、山であったり、太陽であったり、姿のない想像の世界らしいです。それが仏教伝来で、仏さん(仏像)と言う姿のあるものが出現したことは、かなりのセンセーショナルやったらしいですよ。

でも、姿のないもの、自然を祭るって神秘的で、何か日本的な気がします。今気が付いたけど、神秘的って言葉に神があるわ・・神の秘密か、、なるほど~!

やはり神の国、ニッポンです。

今年も無事に熊野詣でをすませました。これがないと一年が始まらない・って言う感じになってきましたが、来年も同じように行きたいと思います。

今年も一年、自分の体に気をつけて、家族を大事にして、よき理解、よき協力を得ながら、また新たな挑戦に向かって行きたいと思います。

今年もいいスタートがきれました~happy01scissors

お暇な方は、これまでの熊野詣バックナンバーをどうぞ。。読むの邪魔くさい?

http://kaisan.cocolog-nifty.com/kochankai/2010/01/post-5c90.html
http://kaisan.cocolog-nifty.com/kochankai/2009/01/post-0ca5.html
http://kaisan.cocolog-nifty.com/kochankai/2008/01/post_09e5.html
http://kaisan.cocolog-nifty.com/kochankai/2007/01/post_0ca5.html

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | 新年会 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

kaisan本年もよろしく。3日4日長島温泉花水木でお世話になったのですが 2日間担当してくれた女中さんが尾鷲の人で香梅堂は使い物ではもう飽かれたらしくその一筋入ったところの「きねつき」という店の「なぎ」というお菓子は絶品だそうです。新情報で一度食べときます。新宮市の和菓子恐るべし・・・。

投稿: shimizu | 2011年1月 8日 (土) 20:56

shimizuさん!
家族旅行エエですね。
ふぐはどないでしたか? 羨ましい・・
新宮の和菓子情報、ありがとうございます。
絶品、食べさして(笑)

投稿: kaisan | 2011年1月 8日 (土) 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/50503431

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野詣VOL.5:

« 謹賀新年 | トップページ | 新年会 »