« 泉州M | トップページ | 春の兆し »

富士山

このお山、言うまでもなく日本一の山。

この日本一の山に昨年、登山競争、でなくて、、登山競走なる大会に参加して、初めて、てっぺんまで登った事は自分の記憶に新しい事なんです。

2月23日 もう過ぎて二日も経ってますが、この日が、富士山の日って知ってました?

223で、富士さん? 

フジサン 243?

つまり、2月43日チャウン? って、そんな日あらへんし・・

なので、2月23日なのです。。そんな事は、どうでもええんですが、

今年も、この富士山に行く予定なんです。

ウルトラトレイルマウントフジ  「UTMF」 と、略してよばれてますが、

日本初の100マイルの、つまり160キロの大会なんです。

「UTMB」の日本版、これ、ウルトラトレイルモンブラン、あまり詳しいことは知らないので詳しいことは省略しますが、、モンブランを舞台にした100マイルのトレイルレースなんです。

この日本版が、今年初めて富士山を舞台に開催される事となり、この大会にたいする注目度も高く、主催者が発表する前から情報がいろいろと流れて、自分もこの大会に興味を持った一人で、

やはり、日本一の山を舞台にするウルトラトレイルは、あまりにもインパクトが強くて、トレイルブームに拍車がかかったような感じで、、

さらに、この大会の申し込み日が、ニ度も延期となる異常事態に、、

この異常事態が、富士山のトレイル人気にさらに拍車をかけた異常事態?となって、

100マイルの申し込みが、定員800名が、申込開始から1時間も経たないうちに締め切り・・・自分は先のブログにも書きましたが、チーン!でした。

さすが、日本一の山です。 注目度も日本一!

この、注目度が日本一なだけに、この大会の開催が決定するまで、かなりのご苦労があったようです、関係市町村の協力はもちろんの事、富士山に関わる各種団体との協議調整に時間がかかったことは、簡単に想像することが出来ますね。

申し込み日が決定するまで、いろいろなHPを見ていると、明らかにトレイルを否定してるページがあって、トレイルランナーの事をぼろくそに書いてる方がたくさんいることを知りましたが、、

確かに、トレイルがブームになることで、山に入る人が増えて、増えることが山に負担が多くなることも当たり前で、トレイルだけでなくて、ハイキングも同じなわけで、あからさまに否定するっチュウのは、どーも、自分的には、何だかなぁ~的な感じで、

人が多くなっても、人と自然とが共存、共生できる方法を前向きに考えて行くことが大事であって、これまで山を愛し山を知ってる人から見ると静かにしといてくれと、面白くないところはあるかもしれないけど、山は、自然は、特定の人だけのものではなくて、みんなが、たくさんの人が知ってもらうことで、これから将来にわたって、人と自然が継続して共存、共生できる事だと、思うんですが、どうなんでしょう。

トレイルも、ハイキングも、ある意味、

「自然体験学習」 だと、思います。

今の、トレイル人気を、素直に受け止めて、一部のマナーの悪いトレイルランナーがいるのは否定することはできなくて、これはハイキングでも同じことで、人が多くなると、当然のようにゴミが増えて、おしっこもウンコもするわけで、これを最小限にするにはどうすればいいのか、考えることが大事なんではないかと、頭ごなしに、野グソして紙を放置するな!って言われても・・

どうすればいいのか分らない人が多いと思う、

とりあえず、今年の5月、自分も富士山のUTMFに挑戦します。100マイルは締め切られたので、90キロの部に参加します。これは定員1200名。

どっちかと言うと、自分で言うのも何なんですが、マナーはいいとは思ってなくて、どーも土地柄何でしょうか、土地のせいにしたらアカンて? 正直、山の経験はあまりなくて、これからトレイルを経験することでもっと山を知って、自然に対する考えも体で覚えて、身を持って自然との共存共生を学ぼうとしているランナーもいてるわけで、自分の事なんですよhappy01

自然保護団体のみなさま、頭ごなしにトレイルランナーを否定しないで下さいね。これからも、仲良くしましょう。そして、山の事、自然の事を、たくさん教えて下さいね。

あっそうそう、7月に野沢温泉でもトレイル大会やるそうですね。全国各地でマラソン大会が開催されるようになりましたが、全国各山でもトレイル大会が開催されていくようです。

|
|

« 泉州M | トップページ | 春の兆し »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 自然環境に関しては、商売柄一言では申し上げられません。皆さんで考えながら、共存を考えていきたいですね。野グ○は控えめにして下さい(笑)
 ちなみにUTMFは160㎞の部で、90㎞の部はSTYと言います。ご参考まで。

投稿: ジダン | 2011年2月26日 (土) 21:38

ジダン先生!
自然と人間との関係は永遠のテーマなんでしょが、
やはり共存ですね。
趣味と商売の両立・・
お手本見せて下さいね。
野グソしないようにオムツして走りますか?(笑)

投稿: kaisan | 2011年2月26日 (土) 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/50970156

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山:

« 泉州M | トップページ | 春の兆し »