« 臨時休業 | トップページ | 何やかんやと、 »

華燭の典

こんな表現は古い? 

死語に近いかも知れないけど、、

めでたい席での話しにこんな言葉を使ってはいけませんですかあ?

そんな、目出度い席が昨日(26日土曜日)あり家族で出席してまいりました。

嫁の兄の息子、甥っ子の結婚式です。

今回の結婚式は、こんな式もあるんかぁっと、初めて見た感じでしたよ。

まず親族他友人たちなどが、教会風の部屋に案内され、新郎側、新婦側に分れて座ります。

これは、普通ですね。

でも、ここは教会ではなくて司会者がいます。そして出席してる方に花一輪づつ配れらます。主に通路側に座ってる方にですが、

そのあと、新郎がBGMにのって登場します。その際、配られた花一輪を新郎に渡し、集まった花をひとまとめにしてブーケにするんです。P1020290 新郎が花をもらってるところです。

そして、新婦がエスコートされながら登場します。

新郎と新婦が向かい合って立ち、そこで新郎が出席者のみんなの前でプロポーズし、ブーケを渡します。

プロポーズがオッケイならば、新婦はブーケから花一輪を取りだして、新郎の胸にさす、これで目出度し目出度し!

とまあ、こんな儀式を、公衆の面前で、白昼堂々と、

もう、好きにやってチョーダイ!って、感じですが・・。

P1020292この後は、お決まりの指輪交換、そしてキッス!

あっそうそう、結婚した証明として、サインもしてました。立会人も新郎新婦から一人ずつ、どちらも親友でしたね。 これは、普通ですね。

しかし、こんな感じの華燭の典もあるんですねぇ。

ライスシャワー、ブーケトス、はお決まりの感じでしたが、でも、いいですねぇ。式場は笑顔いっぱいでしたよ。

P1020302 kaiファミリーも式場前で記念写真を、パチリ!P1020307 この後の、披露宴も、友人や会社の仲間からの、いろんな企画が盛りだくさんで、あっという間の3時間でした。

新婦は学校の先生で、主賓の挨拶もそこの校長先生でした。

この挨拶、少々長かったけど、、やはり人前でしゃべることが多くて慣れてるからなのか、喋ることが好きなのか、単なるKYなのか、このスピーチが長い、長がーい!

でもまぁ、それくらい新婦の事をみんなに伝えたかったんでしょう。

去年も4回、結婚式に出席しましたが、全てに共通することは、友達からのメッセージを予め作った映像で紹介することが多い事ですね。

昔は、せいぜい子供のころの写真を流すくらいですが、今は違いますねぇ。その編集はプロの技ですから、上手く編集され、見ていても飽きませんし、面白いし、やはりデジタルな時代だと思います。

デジタル元年ですから、いいんでしょう。

映像のなかでも一番印象に残ったのが、新婦のクラスの子供たちが先生におめでとうと言ってるシーン、、こんな時、先生って大変な仕事だと思うけど、先生ならではの感動する場面ですね。

また、1年生ですから可愛くて。。

こんなベッピンな先生に教えられてる生徒が羨ましく思いましたよ~自分の頃は、こんなベッピンな先生おらんかったもんなぁ~

あっそうかflair

校長先生が、彼女の事を長ーく喋った気持も分るような気がしましたbleah

|
|

« 臨時休業 | トップページ | 何やかんやと、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/51233552

この記事へのトラックバック一覧です: 華燭の典:

« 臨時休業 | トップページ | 何やかんやと、 »