« 法事 | トップページ | 親睦会 »

家族葬

初めて家族葬のお通夜に弔問しました。

今年に入って9回目のお通夜です。

ここまできたら、今年は数えて行きたいと思いますが、不謹慎でしょうか?

でも、数えますけどcoldsweats01

職場繋がりのお父さんがお亡くなりになりました。87歳です。

大往生ですね。

このお方とは、もう20年来のお付き合いで、家族ぐるみでお付き合いおさせていただいておりました。

お父さんともいっしょに釣りに行ったこともあるし、晩年はカメラが趣味で、岸和田祭りではカメラ爺と化して、ところ構わずカメラ持ってウロウロしてましたから、、

見物人の中から、kaisan~! ってよく声をかけられました。

自分と知り合いというのをいいことに近づいて来て、だんじりにも近づいて、シャッターチャンスcamerasign01 中々のテクニシャンでしたね。

そんなお父さんですから、家族葬でも弔問させていただきました。

自分的には、実は家族葬は否定的で、最後くらいは亡くなられた方と関わりのあった方にたくさん弔問していただき、文字通りの最後のお別れは賑やかがいいと思ってる方なので、、

身内だけっちゅうのは、何か寂しい感があったんですが、

初めて家族葬に弔問して、これまでの自分の考えがありましたが、それぞれのご家庭に事情もあることですから、これもありかな?って思いましたよ。

祭壇の飾られてるお写真が、普通のスナップ写真で、しかも大きくて、とっても笑顔のいい写真でした。祭壇のお花が明るく綺麗で、その笑顔をさらにひきたてるような感じで、こんな表現は適当かどうか分りませんが、ディスプレイはかなりよかったです。

これまでの慣習にこだわらず、ご家族の気持ちを組んだ形でされてるような気がしました。

暗いところがなくて、とにかく明るい雰囲気の中で、ご家族に見守られながら少ない中で営まれるこんな葬式もありかな?って思いました。

そんな家族葬に、一般の弔問を受け入れるように椅子も用意されており、来られる方はどうぞって感じで、閉ざしてるところはありませんから、閉鎖的なところはなく、気持よく弔問させていただきました。

行ってよかったと思いました。本当に。

自分の思い過ごしもあったようで、まさに百聞は一見にしかず、、想像で考えてたらあきませんね。

最近流行ってるようですが、分る気がしました。

お亡くなりになったお父さんのご冥福をお祈りいたします。

でも、家に帰って嫁さんに言いました。

自分が死んでも家族葬にせんといてなぁ。いっぱい声掛けていっぱい来て賑やかにしてなぁ、、お金もいっぱい使ってやぁって。

寂しがりやですからcoldsweats01

|
|

« 法事 | トップページ | 親睦会 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/51707920

この記事へのトラックバック一覧です: 家族葬:

« 法事 | トップページ | 親睦会 »