« 明日は、 | トップページ | どーでもエエ話し。 »

ショック

書いたブログがすべて消えてしまいました~!

あ~ぁ

書いた内容は、

昨日のS市の大和川であった水辺の楽校まつりの事。

自分は平成17年より仕事で関わっており、ようやく水辺の楽校が平成20年に開校して、今回のようなイベントは今年で6回目です。

一昨年から仕事から離れてしまいましたが、ボランティアで参加しています。

水辺を活用した自然体験学習が主な目的なんですが、川の本流は流れも速くて危険なので、人工的ですが砂州にせせらぎ水路を作って子供たちに水遊びをする、ここは人気のコーナーなんですが、

今年は、子供たちに網を持たせて、魚を捕る、、ガサガサですね。これが結構難しくて、そう簡単には魚は捕れないわけですが、

ここで、大和川の水質について、

大和川と言えば、

汚い、臭い、危険と、

いい形容詞がなくて、ここ最近までも、水質は全国ワースト1という、ある意味全国的にも有名な河川であったんですが、河川の環境基準(BOD5mg/ℓ)を大きく上回っていたんですが、ここ最近の水質改善は目覚ましいものがあって、今ではBOD3mg/ℓを下回るくらいの勢いで、鮎の確認も出来ているほどなんだそうです。

そんな、水質改善されてることが、身を持って体験することが出来ました。

網を持って、魚のいそうな岩や石の隙間などで、網を持って足でガサガサすると、手長エビやウナギの稚魚などが、面白いように・・とまではいきませんが、網で捕れるんです。

もう、期待以上です。

これだけ、水質が改善されてきた事なんでしょう。

そんな魚が捕れることが分かると、子供たちはup 一生懸命です。

時間を忘れて、魚捕りに集中します。

兄弟なんでしょう、お兄ちゃんが網を持って魚とりに夢中になってる後ろを小さな弟が必死に付いて行きます。そんなところが危なっかしくて、時たまよろけそうに・・そんなところをお母さんが心配そうに見てる姿が印象的でした。

自分たちは、そんな子供たちの安全管理で、深みに入らないように注意することが役目なんですが、

帰りに、お母さんからありがとうございましたと声をかけていただいた時は、なんか、嬉しかったですね。

子供たちが、近くの川でこんな遊びが出来ることを実体験して、川の楽しいことばかりでなく、危険なところも身を持って体験することが、大事なことだと思います。机では学べないところが、ここにあるんだと思いました。

これこそ、水辺の楽校なんだと。。

大和川が、これからもますます綺麗な川に楽しい川に成長するところを見て行きたいので、これからも関わっていきたいと思います。

P1000032_2 P1000027 P1000026_2

魚は捕れなくても、こんな遊びも出来るんですね~!

子供たちはいきいきしてましたよ~!

あっそうそう、今日で自分は35歳になりました・・

53か?

|
|

« 明日は、 | トップページ | どーでもエエ話し。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/52298204

この記事へのトラックバック一覧です: ショック:

« 明日は、 | トップページ | どーでもエエ話し。 »