« 本日退院 | トップページ | 自宅療養中 »

自宅療養

昨日の退院から今日は自宅療養となり、自宅にて安静です。

朝食に近くのファミレスに行った以外は、ずーっと家で療養・・TV見たりパソコンしたり、い眠ったりで、

歩くと、少しふらつく感じがあるので、椅子に座ったり、ソファーで横になったり、

普段から家でじーっとして何かするっちゅう習慣がなくて、本でも読めばいいのに、そんな気にもならずで、何となく一日が過ぎた感じです。

PCでは、今回の自分の症状であった「慢性硬膜下血腫」を検索して調べてみますと、本人の症状を綴ってるページもあって、そんなところから自分の症状も、自転車事故からどうやったんやと、思いだしながら少し書いてみようかなと思います。

原因となった自転車事故は5月21日(土)の昼過ぎ、前から来た車の進路妨害で、自転車のブレーキをかけたところ、からだが吹っ飛んでコンクリートに激突!

頭から激突して、肩と背中を打撲。この時、ヘルメットは割れ、肩、背中が痛くて骨折かと思ったほど、病院での検査結果は、頭も肩もどこも異常なく、ひとまず安心。

事故の翌日から頭が痛くなりだし、3日後の24日(火)に再度病院に行き、CT検査してもらったところ頭には異常はなく、頭痛の原因は他にあると、整骨鍼灸院に行くことする。

今思えば、この時の頭痛は首、肩の打撲から来ていたんでしょう。

その後、整骨鍼灸院に通い、肩から首にかけて張ってるとのことで、その治療に専念し、頭痛もましになってきてので、トレーニングを始める。(事故後10日)

最初は頭や肩の痛みに負担にならないようプールで走ることから始め、6月4日(土)には初めて外を10キロ走る。(事故後2週間)

この時は頭痛はなく、むしろ走る時の腕振りのため肩が傷んだ。

その後、肩の痛みは治まり6月18日に初めて200m泳げた。(事故後4週間)この日に自転車の修理が完了し次の日に事故後初めて自転車に乗る。ホイールを新調して快適!

皆生トラに向けて一歩近づいたかなっと感じたころ・・

でも、鍼治療しても頭痛は治まらないためマッサージに変える。

走る距離は徐々に増えるようになり、帰宅ランもはじめ、25日には85キロのロングライドをする。(事故後5週間)

26日には祭関係のソフトボール大会があって、走るとこれまでよりも強い頭痛を感じて皆生に不安を感じ、病院へ行き診察を受ける事にする(6月28日)この日は休暇を取っていたので診察後も自転車に乗る。

診察の結果、来週(7月5日)にMRIの検査を受けることになり、この検査を受けるまでもトレーニングは続け、7月2日~3日はお遍路に行き自分は二日間で約40キロ走る。(事故後6週間)

そして運命のMRI検査7月5日を向かえる事になる。

これまでの経過をもう一読み返し思い出してみると、事故後4週くらいから鍼治療しても頭痛はスッキリしなくて、この頃から硬膜下血腫の症状が出ていたのかもしれません。

ただ、頭痛以外の症状がなくて、食欲もあるし運動も出来ていたし、呑気にお遍路に行っていたんですねぇ。お遍路中も宿ではアホしていましたから。

お遍路から帰ってきた次の日はやたら疲れが残り、その日の晩からの頭痛はこれまでよりも強くて痛み止めを飲みましたし、日ごとに頭痛は増してきましたから、この検査の日はかなり末期的な症状やったかもしれません。

手術の前日はこれまでにない頭痛でしたから。。

事故から45日です。

いま思うと、かなり危ない橋を渡ってきたんだなぁと思います。強い頭痛の症状が、お遍路中にあれば自分はもとより他の人にも大変な迷惑をかけていたことになりますし、想像すると恐ろしいです。

7月5日の検査を受けて、予想だにしなかった入院、手術となり、想定外の展開になりましたが、これまでの事を順序立てて検証していくと、かなり無理な事、、無茶な事ですね、、をしていたようです。全てが結果オーライで、ここまで自分を導いてくれた神様仏様に感謝です。

今回の病気と言いますか症状は「慢性硬膜下血腫」 お酒好きの中高年に多いらしいです。

そんなあなた! 頭を打った後、1カ月から数カ月経って症状が出てくるらしいです。

自分の場合は早期に発見出来てよかったんですが、遅れると後遺症が残るらしいです。

明日は我が身です。みなさんも気をつけて下さいませ。

自宅療養中の自分は、頭にネットを被せた、新玉ねぎ見たいな格好でいます。

2011071018420000 こんな格好で仕事も行けないので、娘が帽子を買ってくれました。しばらくは、この格好です。2011071018400000戦場カメラマンみたい?

この格好で社会復帰します。明日はもう一日大事をとって自宅療養します。

|
|

« 本日退院 | トップページ | 自宅療養中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何の事件でも、ちょっと笑いのネタにしてしまうカイさんが好きです。
 今回の皆生は残念ですが、ボチボチの復帰でお願いします。

投稿: セバスチャン | 2011年7月11日 (月) 00:12

今、kaisanのブログを見て驚いています。
実は私も55歳?の時に二度、慢性硬膜下血腫の手術をしています。其の時は年の初め頃から頭痛が始まり。特に頭を左右に振ると痛みが酷い状態でした。
たまたま、年末年始にワープロに熱中していたので、目の使い過ぎの疲れから来ているのではないかと思い眼科を受診、診察の結果は眼精疲労からきているので薬の服用とワープロを暫く止めてくださいとのことでした。
暫くすると頭痛も治まったのですが2ヶ月程経った頃、また以前のように頭痛が始まり、これはおかしいと思い3月30日に脳外科でMRIを受けたところ、酷い慢性硬膜下血腫で直ぐに入院手術が必要と宣告されました。たまたま4月1日から職場が変わることになっていたので、一日遅らせてもらい翌日新旧職場に事情説明をおえ入院手術を受けました。
原因は確定できなくて、考えられることは前年の10月にソフトボール大会でセンターに来た飛球をバックしながら補給転倒した時に頭を打ったのが原因と推定。
打撲をしてから長期間経っていたので脳に血液が多量に溜まっていたので脳の変形が一度の手術では完全には戻らないため2週間後に再手術を受けました。
脳と硬膜の間に隙間ができると出血がしやすいので、多量の飲酒と脱水には今も注意しています。
慢性硬膜下血腫の場合は通常打撲後暫く経ってから症状が出てくるのでKaisanの場合は頭痛の原因は違うものと思っていました。
そのほかに今年の萩往還で転倒、左肩を打撲し腱が損傷ただいまリハビリ中です。お互いに事故には最新の注意をいたしましょう!特に自転車は危険なように思うのですが?
Kaisanの早い回復と今後事故のないことを願っています。

投稿: 大西おじさん | 2011年7月11日 (月) 20:35

セバスチャン!
ありがとう。
皆生頑張ってなぁ。
ブログに書いてくれてるけど、
「人間万事塞翁が馬」
ホンマ、考え方ひとつ。
前向きに考えます。

大西おじさん!
コメントありがとうございます。
硬膜下血腫の先輩やったんですかぁ?
これまでの数々の大会において、
元気な姿を知ってますから、
お手本にして、自分も完全復活しますね。
大西おじさんもお大事にして下さい。


投稿: kaisan | 2011年7月11日 (月) 22:06

大変な目にあいましたね。
お見舞い申し上げます・・・
しかし、kaisanの人柄と言おうか、
何と言おうか・・・病気の方が、たじたじやな。
やはり「鉄人」は強いなぁ~。

皆生、残念でしたね・・・
でも、また来年あるやん!
くれぐれも、お大事に・・せなあかんでぇ。

投稿: 一匹狼 | 2011年7月12日 (火) 20:18

一匹狼さん!
せやねん、大変でした。
症状が頭痛だけやったんで、
医者から、さすが鉄人ですねと言われましたよ(笑)
暫く自宅療養で運動もでけへんし、
ストレスたまるわぁ。
復帰戦は大阪マラソンです。

投稿: kaisan | 2011年7月12日 (火) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/52173125

この記事へのトラックバック一覧です: 自宅療養:

« 本日退院 | トップページ | 自宅療養中 »