« 皆生へ | トップページ | お知らせ »

皆生の魅力

昨日の皆生トライアスロン、

本当に暑い、熱い、灼熱の皆生・・

熱いアスリートの戦いをこの目で見てきました。

朝7時のスタートから、日向にいるとジリジリと暑いsun

こんなに朝から暑いのは、自分が暑さに苦しみリタイアした2008年の大会を上回るような勢い。。

こんな灼熱の皆生のドラマはスイムスタートから切って落とされました。P1020600 トラ仲間です。みんな完走してほしかったけど・・P1020601_2

バイク応援も、雲ひとつない大山を見渡せる絶景ポイントで応援!P1020611

まだまだ、この頃はバイク前半戦ということもあって、アスリート達はまだまだこれからだというところ・・・しかし、この場所は陰のないところで、無茶苦茶暑いsun

P1020621 そして、ラン応援。

約10キロポイントで、3種目目で、さらに残り30キロ以上もある、体力的にも精神的にも相当厳しいところ、、そんなところで走ってくるアスリートに

「ガンバ―! ナイスラン!」 と声援!

真夏のピーカンの中で、フルマラソン。気温は36度、体感温度は40度以上かもしれません・・そんな過酷な中でも、アスリートたちはゴールを目指して走り続けます。P1020630 しかも、ランコースは街中の道路の歩道を走るんです。車が走ってる横をビュンンビュン走り、マラソン大会では信じられないですが、交差点では信号待ち、歩道橋も2か所渡るんです。

こんなレースに、、何で出るの?

そんな、単純な疑問が自分の心に問いかけてしまう時があります。

今回の皆生、相当な数のリタイアがあったらしいです。

出場する選手は、大会より選考されたアスリートの集まりにも関わらずリタイア続出・・経験豊富な仲間も二人リタイアしました。どれだけ過酷な大会であったかを物語っていると思います。

その後はゴール会場となる競技場へ場所を移して、アスリート達のゴールを迎えに行きました。

スイム3キロ、バイク145キロ、そしてフルマラソンを走りきり、死力を尽くしてゴールに帰ってくるアスリートたち、彼らの姿は、疲れ切った中でも、みんなが光輝いて見えましたよ~!P1020639

過酷なコースだけに、こんな灼熱な皆生だからこその、レースをやり遂げた感があるんでしょう。

こんな姿を見て、先ほどの疑問が解けたような気がしました・・

皆生は、トライアスロン発祥の地なんですが、レースはいつも真夏!そして、コースは交通規制をせずに、バイクコースは田舎道でも車は選手の横を普通に走るし、ランに至っては先ほど書いた通りで最悪なコース、お世辞でもいいコースとはいえない大会・・

それでも、リピーターの多い大会で、大会より選考されなければ出場できない程の人気大会なんです。

自分も、2008年にリタイアして、もうこんな暑い、熱いレースはもうエエわ・・なんて思ったりしていましたが、

今回、初めてレースの応援にまわり、アスリートたちが疲れ切ったからだでも、光り輝いてゴールする姿をこの目で見て、皆生の人気の秘密、皆生の魅力を知ることが出来ました。

真夏のレースだからこそ、灼熱のレースだからこそ、苦しくもがくレースだからこそ、他の大会を圧倒する過酷なレースだからこそ、人気ある大会であると思います。

This is KAIKE を知り、皆生の魅力にはまってしまったような気がします。

来年は、必ず出場します。

いくで。

P1020633 P1020617

|
|

« 皆生へ | トップページ | お知らせ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

kaiさん、日曜日は応援ありがとうございました。応援も暑かったでしょう。
とにかく今は養生して完全に身体を治してください!そしたら胸を貸してあげますよ!
僕をこの世界に引きずりこんだのはkaiさんとdoiさんですからね、復活を待ってます!

投稿: つがやん | 2011年7月19日 (火) 21:14

つがやん!
最後までよく頑張りました。
完走オメデト!
胸をお借りしてよろしいでしょうか?
つがやんの背中を見て精進致します。
来年の皆生まで、待っとれよ~!

投稿: kaisan | 2011年7月19日 (火) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/52244398

この記事へのトラックバック一覧です: 皆生の魅力:

« 皆生へ | トップページ | お知らせ »