« 試験曳き | トップページ | 寄合 »

セカンドオピニオン

医療の分野の場合、患者が検査や治療を受けるに当たって主治医以外の医師に求めた「意見」、または、「意見を求める行為」。主治医に「すべてを任せる」という従来の医師患者関係を脱して、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくべきと言う考え方に沿ったものである。

と言うことであります。

つまり、今年の祭りは無理だと言う主治医に全てを任せるのではなく、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した祭りについて、患者自身が選択・・・coldsweats01

結論は、weep

アカンて。。crying

トラ仲間のY田先生入れると、3人のDrにアカンて言われたことになります。

とりあえずは、今月いっぱいは大人しくします。脳の回復には時間がかかるんだと、特に老化現象により委縮傾向にある脳が元に戻るには時間がかかるだと言うことで、Y田先生からは、頭に爆弾を抱えてるんだとも言われたし、

自爆したらエライ事になる・・周りの人も巻き込むことになるので、大人しく祭りします。

と言うことで、今年の祭りは、

見物人 です。

写真cameraいっぱい撮ります。

世話人カメラマンになります。

交差点に迫るだんじりを激写して、ブログでアップしますね。

ところで、

台風12号でエグイ被害となってる和歌山や奈良は、これまで自分が行ったことのある地が多くて、

毎年、熊野三山に行ってることもあって、知った場所だけに余計に気になります。

自然の破壊力には人間は何も太刀打ちできない事が、東日本大震災から、まざまざと見せつけられてるようです。

何だか、想定外を想定しなければならないと教えられてるように思います。

でも、こんな残酷な自然とも共存していかなければならないのですから、人間の知恵や力を結集し、災害から一日も早い復旧、復興に全力を挙げて取り組み、政府は全面的にバックアップする・・原発問題も想定内で考えれば、答えは脱原発しかないでしょう!

細かいことをチチくりあってる社会にうんざりする場面が多く感じると、特にここ数年思いますが、もっともっと大事な事が忘れ去られてる部分があるように思います。

そんな事に警鐘を鳴らしてるのが、今年に入ってからの災害のような気がします。

自分の頭のケガも、なんかの警鐘なんかな?

|
|

« 試験曳き | トップページ | 寄合 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/52673646

この記事へのトラックバック一覧です: セカンドオピニオン:

« 試験曳き | トップページ | 寄合 »