« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

6月1日より、

誠に勝手ながら、

カインズカフェの営業時間を変更させて頂きます。

これまでの、

AM8:00~PM6:00までを、

AM8:00~PM5:00までと、

させていただきます。

このことによりまして、

この夏の節電に繋がればと、思っておりますが、

その分、

営業時間中は、節電いたしません!

みなさまに、ここちいい時間をお約束させて頂きます。

みなさまの、ご来店心からお待ちしております。

P1020588

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

UTMB

ULTRA-TRAIL DU MONT-BLANC 

ウルトラトレイルデュモンブラン

今回、STYに一緒に行った、いけしょう君から昨年のUTMBのDVDが送られてきました。

彼からのメッセージは、

今年のSTYで3ポイント、来年のUTMFで4ポイント、

UTMBには7ポイント必要なんですが、

再来年のモンブランに行きましょう! やて。。

早速、DVD見ました。

もう、気持はモンブラン~。。

ですが、

取りあえず、来年はUTMF!

いくで。

申し込みいつからやろ?

その前に、PCがフリーズしませんように・・。

お詫び。

来年、久しぶりに萩往還250kいくで~! って言うてましたが、、

スイマセン・・・140kか70kにします。

UTMFの練習として、萩に行きます。

250k走るみなさんのゴールを迎えさせていただきます。

今年のSTYゴールで、

鏑木くんに来年走りますて、約束しましたからね。。

いけしょう君! これで、ええけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

同窓会2

同窓会から帰ってきました。

予想した通り、濃~い、賑やかな、そして楽しい同窓会でした。

90人以上集まって、比較的女性が少なく感じましたが、

来てる女性も、濃~い人が多くて、、

みんな今年で54歳ですから、、もう、バリバリです。

久しぶりに会う人でも、昨年の自分の怪我の事を知ってる人もいて、人の噂は怖いところがあります。。

頭の怪我して、大変なことになってると思ってる人もいて、再起不能みたいな・・

でも、今日会って、自分の姿を見て安心してくれました。

何か、心配してくれてることが嬉しいですね。同級生っていいもんです。

もう、次の同窓会の話題も出て、、

次は4年後、

オリンピックの年に開催するんです。

その幹事が、

自分の出身である中○校区と言うことになって、

同じ校区のメンバーが集まって、

次回はこんな風にしよかとか、気の早い話しが飛び交いましたが、、

4年後、57歳になってます。

中○小学校には、バトン部があったので、もっと、女性を集めて、

チアガール? みたいなもんをやってみるかと・・その気になってる、

おばちゃんもいましたよ~!

怖い話しですが・・

でも、自慢じゃないですが、、

4つの校区のある中学校ですが、

我が、中○校区が一番粒ぞろいです! 女性たちもみんなそう思ってるようでした。

怖い話しです・・(笑)

さあ、4年後の同窓会、

どんな風な同窓会にするのか、みんなで楽しみながら作っていきたいですね。

そして、6年後の還暦には、

高校の同窓会があります。

その前に、3年後に大学の同窓会がありました。

幹事は大阪なんです。

先の話しですが、

色々と、決まっていく方が、

楽しみが増えていいですね!

いつまでも、若く、元気で、いたいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

同窓会

先週の日曜日に高校の同窓会があって、

自分はSTYレースのため残念ながら欠席、

今日は、参加した同級生のy君から手紙が送られてきました。

10年ぶりに同窓会に参加したことや、クラスで参加したのは9名で少なかったことや、次の同窓会は6年後の還暦に合わせて開催することや、次回はたくさん参加されることを期待していますとくくられていました。

そして、同窓会のスナップ写真はPCで見れるようになってますと書かれていました。

Y君、ありがとう!

早速、写真を見てみると、懐かしい人がいるわいるわ・・この人誰?みたいな人もいっぱいいましたし、何じゃこりゃ~ってな人も??

今回の同窓会で面白かったのは、名札に卒業アルバムの写真が貼られていたことでした。

自分の写真はないので、うちの店の常連さん、昨年からトライアスロンも始めたT岡君です。

Img_21991 どうです、彼も名札をかざしながら挨拶してるようです。ほらね、高校の時こんなんでした・・。

この写真では見にくい?

う~ん、、本人の許可とってないけど、、まぁ、ええか! 店の常連さんやし、走友やし、同級生やし、バツいちやし・・関係ない??

ブログ見てないと思うし、載せちゃいます・・2_1_2 今の姿からは、想像もできません・・

責任とって、自分も、

5_2 フサフサです。

そして明日は、

中学校の同窓会なんです。

かなり、濃~い、同窓会になると思います。。

大人しく、しとこ・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

STY後半

では、昨日の続き・・

苦しい、辛い、険しい山を出ると、エイドステーションがあります。

距離にして56キロ、残り26キロポイントになります。

ここのエイドが近づくにつれて、黄色い声援が聞こえてきます。若い子たちのノリはいいですね。疲れ果ててるからだに力が蘇ってくる気がします。あまりの声援に、ここはゴールか?と勘違いしてしまうほどの賑やかなエンドステーションでした。

ここに着いたのが夜の11時ごろで、食事もできるし、ここでゆっくり休憩することに。

鹿カレーがあるというので、いただきました。2012051923140000 ここで、カレー食ってると携帯にメールの着信音・・・いっしょに来たいけしょう君からでした。

「先ほどゴールしました。」 やて。

ぬあ~にい~sign02 もう、グオ~ル、したんどあ~と~sign03

しかし早すぎます。彼は13時間弱でゴールしました。

自分は明るくなってから、富士山を見ながらゴールしたかったので、明け方にゴールしますと、それまで車で寝といて下さいと返信メールを打って、残り27キロなので、コース的には厳しい山道はないので、歩き通しても6時間あれば着くだろうと計算して、ここを12時頃に出発することにしました。

ここでの約1時間の休憩もあって、カレーも食ったし、からだは少し楽になりましたよ。

でもまあ、ここを出てから暫くしてからは、眠くて眠くて・・からだフラフラしながら、まるで夢遊病者のように歩いていたと思います。この間、UTMFのランナーにもたくさん抜かされましたから・・

久しぶりに幻覚症状が出ましたよ・・草や木が人に見えるんです、、アレ?あそこにも人が寝てるわ~何やろ?また、幻覚出てるわ~と、近づくとホンマに人が寝ていたりして・・UTMFのランナーは二晩目ですから、眠たくなって当たり前、それに引き換え自分は一晩やのに、、でも、この眠いのはどないもこないも・・しようがなくて、アクビばっかし、、アゴはずれそうになりましたから。。

そんな、フラフラしていると、、

「kaisan~!」 って声が聞こえて・・

東京に転勤になった知り合いランナーが夜中にも関わらず、応援に来ていたんです。こんなところで応援してくれるなんて嬉しいですねぇ。Ko谷君アリガト! おかげで目が覚めました!!

ここで、残り15キロほどで、

ここからは、フラットな道は結構走れましたね。気兼ねなく走れる道に出るとホットします。怖がりの自分はトレイルに向いてないんかなぁ~なんて思ったりしますが・・そんなこんなで、河口湖まで出ると、湖畔の遊歩道を約4キロ走ればゴールなんです。

Imgp5728 残り4キロは、何だか嬉しくて、からだは疲れてるけど、不思議と足は動いて、最後まで走ることができて、5時12分にゴールしました。

所要時間、19時間12分。

タイム、順位は結果ですから、別に何の意識もなかったのですが、今回のレースは完走できたことが本当に嬉しくて何よりでした。

ゴール後は、鏑木選手に迎えていただいて、

思わず、「こんな厳しいコースをプロデュースして頂いてありがとうございました。自分はSTYで十分ですわ~。」 って言うと、

「来年まで1年、しっかり練習してUTMFに挑戦して下さい。」 と、優しく言っていただきまして、、来年はどうしましょう??

取りあえず記念写真と・・

Imgp5729 ゴール後は、いけしょう君に連絡して合流して、ガストで朝食して風呂入って、この日泊まる宿に連絡して早めに入れてもらって、少し仮眠しました。

3時間ほどでしたけど、爆睡しましたねぇ。

この宿、3Fの16畳ほどもある角部屋で、窓からは富士山がバッチリ見える部屋で、宿全体でも泊まってるのは私たちだけ? 貸し切り状態やったんですよ。Imgp5744 部屋から見える富士山です。

この後は、大会会場までまた戻って、UTMFのゴール&閉会式を見に行きました。

UTMFの制限時間は48時間、距離156キロ、累積標高8500mこんな過酷なレースを最後まで諦めずに、制限ぎりぎりにゴールに帰ってくるランナーがいます。

何と、1分前のゴールでした。

恐らく、1位でゴールした選手よりも、歓声が大きく感動的なゴールだったと思います。

満身創痍のゴールでした。

閉会式の壇上にも上がらされて、みんなから暖かい祝福を受けていました。生涯忘れられないゴールだったと思います。

Imgp5739 中央が最終ランナーです。

最後に、今回一緒にSTYに参加した、いけしょう君です。↓ 彼は韋駄天です。和歌山の鏑木です。和歌山黒江で漆屋です。五代目です。

みなさん!池庄漆店よろしくお願いします。http://www.ikeshoo.jp/

Imgp5682 これで、エエけ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

5月21日

自分的に、忘れられない日なんです。

昨日?

富士山から帰ってきた日? 

じゃなくて、

ちょうど、1年前の5月21日、

自転車事故の日なんですweep

この日は一生忘れることはないでしょう。

その日から、1年経って、

富士山のトレイル、STYを走ることが出来ました。

完走できたことは、もちろん嬉しかったんですが、

何よりも、

スタートラインに立てることが、これまでにない喜びを感じました。

正直、

真っ青に晴れた空に映える富士山を見ていると、何だか目頭が熱くなりました。 アカン・・涙もろくなってます。

走る前からこんな調子でした・・・(笑)

それくらい、今回のSTYを走れることが嬉しくて嬉しくて、ワクワク感いっぱいで、メチャ好天気に恵まれたし、楽しくて楽しくて、ハイキング気分でいた感じでした。目標は、タイムでも順位でもなくて、完走あるのみ! 最後まで諦めずに、スタートに立てる喜びを感じながら、これまで支えて下さった方に感謝の気持ちを持ちながら・・昨日も書いたかな?

そんな気持のスタート前でした。

Imgp5713 思えば、今回のSTYのエントリー、、

実は、100マイルのUTMFにエントリーのつもりやったんですが、、

申し込みは、昨年の2月始めで、、

PCでの申し込みで、、先着800名の申し込みで、、

申し込み開始時間前からPCの前に座ってスタンバイ! このことは、その時のブログにも書きましたが、

なんと、PCがフリーズしてしまって・・どないもこないも・・

再起動して画面が立ち上がった時は、、申し込み完了・・だとさ。

それくらい、全国的にフィーバーしたUTMF!

日本初の本格的100マイルトレイルレース!

申し込めなかったので、仕方なく半分の距離のSTYに申し込みましたが、

今から思えば、これが大正解やったわけです。 

自転車事故後1年の我が身では、今の状況では、100マイルUTMFはハッキリ言って無理! 今回STYを走って、心底思いましたよ。

25キロ過ぎてから入る山道は、想像を超える登り、そして登り、下ってまた登り、んでもってまた登る、登る、、登山です!

UTMFは100キロ走った後に、この山道があるわけなんです・・

この山道は27キロなんですが、この間で10時間以上かかりましたから・・泣きそう・・イヤ泣きましたcrying それくらい過酷なコースでした。

富士の山の神は、自分の先の事、自転車事故の事も分かっていたんでしょうか、PCがフリーズしたことも、先の予見があってのことなんでしょうか?? 考えすぎかもしれませんが、、

もしも、もしも、最初の申し込みで、UTMFをエントリー出来ていたなら、どうやったんやろ~?? 今回走っていたんやろか???

世の中、計り知れないことがあります。今考えると、不思議なくらい結果オーライで、STYでよかったです。

PC君!フリーズしてくれてありがとう!! と言いたいです。

東の山の神が富士山なら、西の山の神は??

もう、おわかりでしょうが・・カインズカフェオーナーです。

西の山の神からも、これまでになく心配してくれてようで・・

これまでの、初萩往還や、初皆生トラのときより以上に、今回のレースは心配してくれたようです。。

自分も、山道では頭打たないように注意を払いながら、こけないように気をつけながら、特に下りでは慎重の上に慎重に・・・おかげで自分の後ろは大渋滞でしたが・・後ろが詰まるから余計に焦って、何べんもこけましたけど・・こけても頭だけは打たないように・・!

しかし、夜中でも下りになると走りだす人が多くて、、ゆっくり行けや~って言いそうになるくらい、下りになると迫ってきます。。その都度、立ちどまって、お先にど―ぞ! 腹立つから登りになると抜いたるねん! でも、そんな事も長続きするはずがなくて、、

まぁ~、、今回のトレイルは、

むっちゃくちゃ、きついコースでした。。Imgp5724 顔は笑ってますが、からだはボロボロ、ドロドロでした・・down

Imgp5725 真っ暗けの毛無山、今回のコースの最高峰です。946mではありません・・1946mです。この後も二つ山を超えます・・

こんなまっ黒けの山道が終わると、56キロポイントのエイドがあります。残り26キロです。

着いたのが、夜の11時ごろ・・スタートして13時間です。。

今日は、ここままで・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

STY完走

無事、帰ってきました。

まぁ~シンドカッタ!

でも、好天気に恵まれて富士山もバッチリ!

スタートに立てる喜びを感じながら、これまでご心配をおかけしたみなさま、応援していただいてるみなさまに感謝の気持ちを込めながら走りました・・・

けど、途中からは、しんどくて辛くて、足はつるし、何べんもこけるし、喜びや感謝の気持ちどころではなくなりましたがcoldsweats01、怪我なく無事に完走できたことが何よりでした。

詳しくは、また後ほど報告します。

記録は19時間12分でした。

一緒に行った、和歌山のI庄君は、12時間57分!

ゲッ!早過ぎです。

Imgp5705 河口湖のゴールゲート

Imgp5714 STYのスタート前 静岡県こどもの国

Imgp5716 スタート直前、富士山に太鼓の音が響きました。

Imgp5729 ゴール直後、朝の5時12分でした。

鏑木選手に迎えていただきました。エエ人です。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)
|

STY

明日からSTYに行ってきます。

って、何のこっちゃぁ? って思う人が多いでしょうが、、

分かる人は、かなりマニアック?ですよ。

マニアックなあなた! ぜひ、来年参加して下さい・・

自分は来年はUTMFです。

このことは、以前のブログに書いたかも知れませんが・・前に書いた事はすぐに忘れますねん・・

富士山の裾野をトレイルランする大会が、明日スタートします。第1回大会なのです。

富士山を一周するとてつもない壮大なスケールの大会・・

「ウルトラトレイルマウントフジ」

大自然の中を48時間の制限時間の中で、冨士山の裾野を一周、156キロを走り歩く大会。

ワイルドだろ~?

こんなにスケールのでかい大会はこれまでなかったと思います。

それぐらいビッグな大会。超ビッグです。

自分もこの大会に参加します!

ただし、自分は富士山半周なんですが・・

なので、82キロなんです。制限時価は26時間。

これでも、ワイルドだろ~?

気持ち的には一周走りたかったのですが、PCでのエントリーに失敗down PCがフリーズしてしまい、再起動したら、もう定員・・定員800人ですよ! 

こんな、過酷な大会にエントリー開始から1時間も立たないうちに定員一杯になるなんて、チト異常さを感じたんですが、

そんな、走る場所も、距離も、申込も尋常ではない大会が明日、スタートします。

自分も、富士山半周と言えども、山道を一昼夜通して82キロもあるわけですから、なめてかかっては完走はと厳しいと思ってます。

恐らく、完走率はメチャクチャ低いと思います。特にUTMFは・・・

どれくらいのランナーがゴールに帰ってくるのか、ゴールの感動のシーンを今から思い浮かべてますが、、

まだ、準備はこれからですが・・まだやってないんかい!って言われそうですが、、

心して、このレースに臨みたいと思います。

走力的には、今の状況は厳しいものがありますが、26時間をフルに使って、目指すは、完走です。

「諦めない」 気持は、誰よりも強いものを持っていると自分的には思っています。

これまでの経験は無駄にせず、これからの自分を発揮するためにも、

必ず、完走します。

そして、来年のUTMFに繫げたいと思います。

一緒に行くのは、和歌山のサブスリーランナー、I庄くん。

ゴールでは、かなり待ってもらうことになると思いますが、自分なりに精いっぱい頑張って完走します。

天気もよさそうなので、

距離は長いけど、制限時間も長いので、

決して山を舐めてるわけではないですが、

ハイキング気分、夜遊び気分で、贅沢な時間を、STYを楽しんできます~!

あっ、STYって、

「静岡 TO 山梨」 の意味なんです。

さて、これから準備します。Imgp5243 写真は、2年前の富士登山競争のスタートの朝です。あのときは、後ろの富士山のてっぺんまで登りました。

今回は、あの周りを、半周してきます。

どんな、旅になるやろか??

では、行ってきます~!

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

タイトル

何となく~タイトルを変更しました。

ついでに、デザインも変更。

このブログを始めたのが、H17年の11月頃やったかな?

その時のタイトルが、

「kai的~快適生活」

自分的に個性ある快適な感じのあるブログにしてみたいなぁ、と言う気持ちを込めてこんなタイトルにしました。結構気にいってましたけど、、

カインズカフェがオープンしてからは、

「快適~カインズカフェ」

文字通り快適なカインズカフェの事も宣伝しとかなアカンでなぁ、と言う気持ちで変えましたけど、、

最近、店の事もあまり書いてないし、何となく変えたいなぁ~っちゅう気分になって、変えてみました。

「kai的~カインズライフ」

あまり変わってないけど・・

これは、これからの自分はカインズカフェとともに生活していくと、でも自分の個性は活かして、と言う気持ちを込めてのタイトルです。

壁紙も変えてみました。爽やかな感じでしょ!

今週末の、富士山トレイル「STY」もあるし、これまでの気分から心機一転! 富士山に挑戦! って言うのも変化の一因かもしれないです。

今日は、大会の説明書をしっかり読みましたよ。

大会のプロデューサーでもある、鏑木毅はエエこと言うてます。

「この大会の目的は決して山の中で他人の速さを競うことではありません。富士山周辺の自然の素晴らしさ、偉大さを知り、自分自身を見つめなおすことです。」

そして、

「めったに走れない贅沢なトレイルを堪能しながら「楽しむ勇気」を。」

これを読んだ時、ワクワク感とゾクゾク感がからだを走りましたよ。

kai的なトレイルしたいと思います。

スタートは今週の土曜日午前10時です。

いくで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

竜神マラ

11日の晩から12日にかけて、竜神マラニックに行ってきました~。

S市の泉ヶ丘をスタートして、竜神温泉まで、約115キロをマラニックする・・つまり自分の足で竜神温泉までの115キロを走るという、普通ではあまり考えられない事なんですが、誰が思いついたのか、そのあたりは、行けたらおもろいやろなぁ~って言う 「ノリ」 だったと思いますが、

それを現実にやってしまうランニングクラブがあるんです。

青馬会RC・・

しかも、このマラニック、今回で7回目なんだそうです。

自分はこのうち、3回参加して、2回竜神までたどり着いてますが、

これまでの、天候の具合、参加者の調子、何かで、高野山で断念したのが3回、竜神温泉まで行ったのが3回と、

RC代表の濱ちゃん曰く、、「3勝3敗やねん!今回で勝ち越すで!」

結果は? ビミュー??

しかし、このマラニックはサポートする方がいて成り立つマラニックなんです。

7回目と言うこともあり、もう完璧なサポートです。

サポート含めて参加者は17名、車4台、乗車定員は十分にあって、みんな車に乗れるのに、運転手以外は走って竜神温泉目指して、

こんなアホなマラニックは、夜の9時半ごろに泉ヶ丘をスタートしました。

大人の夜遊びですね。

夜中の真っ暗な道を、ライト照らして10数人のおっさん、おばさま?が走ります。

ワイワイ、ガヤガヤと、

公園の中や、ひとけのない道、山道など、

そんなところでも、、

あれれ??

真っ暗な道に車が一台止まってます・・エンジンかかってます・・・

そんな真っ暗な中で、エンジン掛けて・・・

ん?もしや不審者?

こちらは、ライト照らして10数人が走って近づきます・・

不審者の車を横目に確認しながら、ゆっくり近づくと・・・

不審者は二人。。

大人の夜遊びをしてるのは、我々だけじゃなかったようですsecret

不審者のからだは固まっておりましたわ・・・sweat01

まさか、こんなところに夜中に走って来るとは、しかも10数人も!

運が悪いとしか言いようがありませんねぇ・・

かたや、おっさん連中は運がよかったのかどうか分からんけど、興奮して大盛り上がり! 

見た~? ○○が○して○○してたで~! ここでは書けません・・

私としては、こんなくだらないことに盛り上がる大人げない人たちを冷めた目で見ていたのは言うまでもありません・・・

この後のコースは、今回のコースの中でも難関の峠越え、自分が自転車事故した、

ナメ谷峠・・・もとい、失礼しました・・車でもナメ谷・・・スイマセンsweat01

鍋谷(なべたに)峠に向かいました。

そんなこんな事で、みんな楽しく、夜中でもワイワイガヤガヤ・・

さすがに、夜中は眠くて眠くて、サポートカーで寝かせてもらいました。この間、約30キロはパスしたかな?寝過ぎて自分だけ置いてけぼりになって、走ってる人から携帯で起こされるしまつ・・・大変失礼しました。

でも朝、6時ごろに高野山大門に到着しましたよ~!2012051205590000高野山の空気は冷たく、凛とした独特な空気に身が引き締まる感じがします。

早朝の高野山はエエです。

2012051206170000 この後は、駐車場でカレータイムです。

542873_223742394404715_100003068683 ジェイさん!FBから写真いただきました。

ここで、カレーを食べられるのもサポートのみなさんのおかげです。ここに来るまでも、アサリ汁やうどんもいただきました。ありがとうございました。

そして、ここからは竜神スカイラインを通って竜神温泉に向かいます。残り50キロ! ひえ~! ってことは、ここで65キロ走ったことになります・・自分は半分寝てましたけど・・coldsweats01

2012051208200000 竜神スカイラインです。護摩壇山までは、ほとんどが登り基調・・みんなしんどいのに楽しそうです・・アホです。

2012051208370001 山深い景色は絶景です! 吸い込まれそうになります。

高野山から護摩壇山まで30キロ、そして竜神まで20キロありますが、サポートの都合や、みんなの体調、天候などで、代表が状況判断して、護摩壇山をゴールにして、そこから車で竜神温泉まで行くことに変更しました。

素晴らしい状況判断です。何も無理して行くこともありませんから、、

でも、ここまで95キロ。

今回の参加者のなかで、一度もサポートカーに乗らずに走りきったツワモノは、一人いました。護摩壇山では、ひもをゴールテープ代わりにして、みんなで出迎えましたよ! 

みんなが途中休む中でも走りきった、じんちゃん! 完走オメデトウございます! パチパチ。

そして、車で移動して、、

2012051213080000 目的地の竜神温泉です。

二日かけて、ようけ遊びましたぁ。

で、今回の勝ち越しはどうなったのか? 結果はビミョーと先に書きましたが、

代表に聞くと、護摩壇山は竜神村、そこまで走ってるし竜神温泉まで来てるので、4勝3敗! らしいです。

今回で自分は4回目の参加でしたが3回竜神温泉まで来ております。自分的には3勝1敗ですhappy01

今回の竜神マラニック、途中、不審者による、とんだマラ?もありましたが・・・無事に終わって、本当に楽しいマラ?マラニックでした。

青馬会RCのみなさま、ありがとうございました。

今回は、ルネRCからは4名お世話になりましたが、来年はもっと増えるかも? 次回もよろしく頼んどきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

新調

来週末のレースに備えて新調しました。

富士山の周りをぐる~っと走るレース、

「ウルトラトレイル・マウントフジ」って言うレースがあるんです。

略して、UTMF

第1回大会でして、自分が出るのは1周ではなくて、半周・・

静岡から山梨ルートなので、略して、STY

半周でも総距離、82キロ、累積標高4209m、制限時間26時間

そんなレースに出るために、靴を買いました。

トレイルシューズは持っているんですが、足の先があたって、ダイトレでは爪が死んでしまったし、レースの距離が距離だけに気になるので、新調したわけなんです。

でも、新調したのはトレイルシューズではなくて、底の厚めのジョグングシューズなんです・・・

足が大きくて、中々店頭ではなくて、欲しい靴はいつも取り寄せになります、、こんな時、足が大きいと不便です・・・どんな時が便利かと聞かれても、便利な時はないですが・・

ジャイアント馬場は、16文キックを武器にしてましたけど、16文て何センチ何やろ~?

調べてみると・・

1文は2.4cmで、計算すると16文は、38.4cm・・・ひえ~! ジャイアント馬場の足は38cmもsign02

もう少し調べると、馬場の足は、アメリカのサイズでは16号に相当したのが、記者が間違って16文と表記した事から、16文キックと呼ばれるようになったらしいです・・

自分の足は、11.8・・

自分が蹴ると、12文キックになります。 12文キックで、富士山を走るど~!

と、どーでもエエことを書いてしまいましたが、

とにかく、12文の靴は店頭には、中々置いてなくて、

長居公園前のステップなら置いてるだろうと、そこへ買いに行くと、

ありましたありました、

トレイルシューズではないけど、ありましたありました、

2012051017060000 12文の靴です。ミズノを買ったのは初めて。

実は、明日の晩から、いつも仲良くさせてももらってる、青馬会RCの企画で、堺市から竜神温泉まで走る、竜神マラニックに参加してきます。

全行程は120キロもありますが、

STYの最終調整として、新調靴の感触を確かめながら、走ってきます。

一昨年参加した時の記事です↓

http://kaisan.cocolog-nifty.com/kochankai/2010/06/post-1589.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

爪痕

昨年の8月、台風12号による和歌山県から奈良県に渡る山中で、集中豪雨による大災害はまだ記憶に新しいですが、、

今回の熊野古道の旅では、

あちこちで、その爪痕が残っているのを目の当たりにしてきました。

山の静寂な空気の中で、その光景を見ると、人間の無力さを感じます。

崖崩れ、、

山の中では、その復旧は手つかずの状況・・

優先順位なんでしょう。

Imgp5601 この程度の崖崩れは、あちこちありました。

Imgp5606 林がなぎ倒され、全てが流されたます。

Imgp5607 こんなところで記念写真は、不謹慎ですね。オーナーはポーズ取ってるし・・

でもまあ、山中での被害は家もなく人もいないので、災害の大きさに圧倒され、自然のエネルギーの凄まじさを感じましたが、

次の日に行った、勝浦から那智大社に向かう那智川沿いは・・・

災害の復興、復旧に向けて、工事は進んでますが、

これまでの生活に戻るには、まだまだ時間がかかるだろうし、心の傷も今なお残ってるだろうなぁと、現場を見て感じる事が出来ました。

Imgp5657 畑は、こんな風に土砂が残ってます・・これを取り除くためにはどれだけのエネルギーが必要なんだろうと、あたり一面の畑がこんな風になっているのを見ると、この土地に関係のない自分でもため息が出ます。地元の人はどんな風に見ているんだろうか・・

Imgp5661 川はこんな状況です。これだけの土砂、、巨石も流れてくるんです。

Imgp5663 家は傾き、一階部分はぐちゃぐちゃでした。右側のポールのところまで水没したらしいです。この横に慰霊碑が建てられていました。

Imgp5658 「たくさんのご支援ありがとう私たちは負けません」 と書かれていました。

言葉を失う景色ばかりの中で、少し人のぬくもりを感じた、人の生き抜く力を感じた瞬間でした。

今回の、熊野古道~熊野三山巡礼の旅は、

熊野三山だけでなくて、大災害に直面した現場からも、人の生きていくパワーを感じることが出来ました。

自然の大きさ、自然の凄まじさ、自然の無情さ、そんな中でも、自然から見ればちっぽけな人間でも、負けない気持を持ち続け、生き抜く力を発揮し、人との繋がりをもって、自然と共存、共栄する、自然に謙虚な気持ちで生きて行く、そんなことを、

今回の旅で、あらためて学んだ気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

熊野古道

山の古道は心が落ち着き、心が洗われます。

そんな、古道を夫婦で旅してきました。

高級なホテルに泊まり、豪華な食事、

そんな贅沢な旅も、もちろんいいですが、

静かな山道を、古道を、ひたすら走り歩いて、目的地へ進む、、

古道は、山を超え、谷を下る、、

喉が乾けば水分を補給する、疲れれば立ちどまり休憩する、お腹が空けば地べたに座りおにぎりを食べる、、

そんな単純なことの繰り返し、、

人里離れた山の中で、

時間をかけて、体力を使って、疲れても、疲れ果てても、目的地をひたすら目指す・・・

目的はただ一つ・・熊野三山を巡る事。

出来るだけ自分の足で巡る事。

健康であればこそ出来る旅。。

目的地にたどり着く達成感・・・

疲れても、心地よい疲れ。

日常の疲れが取れる疲れ・・

なんと、贅沢な旅なんでしょうか! と、思ってしまいます。

そんな、贅沢な旅の一こまをご紹介します。

Imgp5556 林から光が差し込む古道は神秘的です。

Imgp5563

こんな苔むす古道を走り歩きます。

Imgp5560 オーナもご機嫌に走ります。

Imgp5568 中辺路の人気スポット、牛馬童子。

Imgp5573

中辺路の小さな民宿では囲炉裏を囲んで食事です。

Imgp5579 何故か、お客さんの娘さんのバイオリン・・調子に乗ったおっさん二人も加わって、バイオリン?演奏です。 右端は民宿の大将です。

Imgp5587 雄大な山景色を臨みながら、、何を考えて歩いてるのでしょうか?

Imgp5617 何を考えて、山を見つめてるのでしょうか? 正面は三里(みさと)富士と呼ばれてます。

Imgp5632 元々本宮大社のあったところ、そこにそびえ立つ大鳥居。50肩で手があがりません・・

Imgp5639 熊野三山の中でもひときわ目立つ朱色鮮やかなの速玉大社。凛とした気分になります。

Imgp5650 那智勝浦の海は綺麗です。おっさんは邪魔?? スマン

Imgp5667 熊野古道の中でも最も有名な大門坂。この先に那智大社があります。

Imgp5670 貴族の方ともお会いしました。後白河上皇、後鳥羽上皇さんでしょうか??

Imgp5672 この先に見えた、那智大社の鳥居は、神々しく見え、厳粛な気分になりました。

これにて、熊野三山完結です。

明日から心新たに、

仕事け?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熊野三山

GWの間、お店もお休みなので、

オーナーと二人で・・

熊野古道~熊野三山巡礼の旅?に出かけておりました。

自分は、今回で7度目の熊野三山。オーナーも3度目なんです。

後白河上皇は33度も行かれたそうです。

相当。旅好き? 遊び好きやったんでしょうね。

しかも、京都からですよ~!

京都から船に乗って八軒屋浜まで、そこから陸路で熊野本宮まで260キロほど・・

そこから速玉大社行って那智大社行って、でんぶで何キロ?誰か調べて下さい・・

車も電車のない時代に、考えれらない距離ですが、それを33回も行くなんて、恐れ入ります。。

この本宮、速玉、那智の熊野三山はそれぞれ現在、過去、未来を現わし、巡礼者の我が身を清め、新しい自分に生まれ変わるために、現世から来世への祈願を求めたと言われております。

なので、自分も身を清める?新しい自分に生まれ変わるかどうか知らんけど、取りあえず年に一度は熊野三山へお参りに行きたいと思ってます。

いつまでも健康でいたいしね。。

昔の人みたいに全て自分の足で、、と言うわけにはいきませんが、熊野古道は出来るだけ自分の足で!

途中は、電車、バスを使って、無事に熊野三山をお参りすることが出来ました。

この三日間の走歩行距離は、

58キロでした。

1 熊野本宮大社

Imgp5638 速玉大社

Imgp5680 那智大社

詳しくは、またレポートします。

明日は、大和川で水辺の楽校があります。

浅香山のつつじまつりと同時開催!お暇な方は、つつじ見ながら川で遊びませんか?11時からです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

熊野古道

5月3日から2泊3日で、熊野古道の旅に出かけます。

オーナーと二人で・・

昨年は1泊2日で、時間がなかったので、熊野三山は参らずに帰ったので、今回は2泊してゆっくりと熊野三山もお参りします。

紀伊田辺から滝尻王子までバスで移動して、そこから熊野古道です。

初日は、昨年に続いて中辺路の宿で1泊します。昨年は、囲炉裏を囲んで宿の大将と他のお客さんと夜遅くまで飲みました。

今年も楽しみです。

そして、二日目は近露王子から熊野古道を通り、熊野本宮大社まで行きお参りした後に湯峰spaで泊まります。

小栗判官が病に倒れ、ここの温泉で治癒したと言われる伝説のつぼ湯のある地です。

三日目は、バスでの速玉大社まで移動して、そこでお参りして大門阪までバスで移動。

この、大門坂が熊野古道の中で一番人気のあるコースで、那智大社に繋がっています。よくポスターで使われてる場所です。

そして、那智大社へお参りして熊野三山のお参り完了です。

今年は事故なく怪我なく健康に過ごせますように、そして皆生トライアスロン、補欠でも選考されますように・・神頼みしてきます。

皆生トラ、落選しましたdown 昨年は選考されながらも怪我のためDNSしたから何でしょうか??

まぁ、しゃあない・・weep

この後は、バスで移動して、紀伊勝浦からオーシャンアロー号で帰る・・

こんな工程で、熊野古道~熊野三山の旅に行ってきます~。

P1000016 昨年の熊野古道です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »