« 第1回大津川さわやか3時間走 | トップページ | 第1回 大津川さわやか3時間走 »

だんじり

久しぶりのブログ更新です。

しばらく、お祭りやったもんで・・・

ブログなどしてる間もなくて、

14日の試験曳きから、15日、16日とお祭り・・

昨日は、片付け終わって楽作・・

楽作の語源はよう知らないけど、落策ともかくらしいけど、要は打ち上げです。

最後に来年の役割が決まって来年の祭りの始まりなんです。

はぁ~チカレタ、、ふぅ~~

でも、ようけ遊んだなぁ、、ようけ飲んだなぁ、、楽しかったなぁ、、

毎年、毎年、

同じ事を繰り返してます、、

話してることも、

同じことを言って、同じことで笑って、

こんな感じで、何年も、みんなとワイワイしてるだけで、若返ります、、昔の話しもいっぱい出て、タイムスリップした感じになります。

若返ったと言っても、気持ちだけですが、姿はおっさん、おじんですが・・

祭りの間は、

世間一般から離れた感じで、

喧騒感、焦燥感、鬱積感溢れる面白くない社会から離れて、

童心に帰って、我らが楽しむ・・

みんなが心ひとつになって、

欅の神、だんじりを曳きます。騒ぎます。アホになります。子どもになります。

今年も、いろんなことがありました。

細かいことは、書けないけども、、

同じことの繰り返しの祭りやけど、

今年の祭りは、今年だけの祭りで、

来年の祭りも、来年だけの祭り・・

何が起こるか分らない筋書きのない祭り・・

これが、祭りごとなんでしょう。

こんなことが300年以上も続いている、

歴史を感じます。伝統を感じます。文化を感じます。

非合理的な事だらけでも、継続されてきた伝統文化には、合理的な事は受けいれられない部分があります。

継続されてきたと言うよりも、諸先輩のされてきたことを重んじて、継続してきた、守ってきたと言う方が正しいでしょう。

今年の曳行責任者が最後の挨拶で言ってました。普段はアホばっかり言うてるけど、、

「絆」

「糸」へんに「半」

糸はだんじりの綱、

半は伴に、の意味で、

年寄りから大人から子どもまでが、一つの綱に伴にいっしょになってだんじりを曳く、だんじりの綱から「絆」が生まれると、

エエこと言うやん~!

Dsc_0147
Dsc_0149
Dsc_0152

|
|

« 第1回大津川さわやか3時間走 | トップページ | 第1回 大津川さわやか3時間走 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1年に1回??岸和田に生まれたかったと思うあたしです…。。。ww
見てたら走りたくなるな!!ww

投稿: ☆さのちゃん☆ | 2012年9月19日 (水) 23:08

さのちゃん!
自分は岸和田に生まれてよかったと思ってます。
生まれたところ(ふるさと)を大事にし誇りに思える町なんですよ。

投稿: kaisan | 2012年9月20日 (木) 17:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/55690032

この記事へのトラックバック一覧です: だんじり:

« 第1回大津川さわやか3時間走 | トップページ | 第1回 大津川さわやか3時間走 »