« 能登旅行 | トップページ | ジャズマラ »

ウルトラ回顧

珠洲ウルトラから、もう5日経ちました。

早朝5時スタートして夕方5時6分にゴール、

12時間以上もの間、苦しんで、我慢して、辛かったですが、

能登半島の美しい景色もイヤになるほどのレースでしたけど、

少し振り返ってみたいと思います。

スタート前日、

泊まった宿は料理民宿・・

その名の通り、料理がメチャウマ!!

やっぱり、魚・・

刺身です。 船盛りです。写真ありませんが、、

鯛、イカ、アジ、ツブ貝、サザエ、、中でも絶品やったのがノドクロの刺身!

焼き魚あるし、松茸の茶わん蒸し、、他に何あったんかあんまり覚えてないけど・・

それぐらい美味しくて、ビールがすすむクンでした~coldsweats01

その上に、ウルトラに出られる自分も嬉しくて嬉しくて嬉しくて嬉しくてウレチクテ、

チョットはしゃぎ過ぎたかな~?

おかげさまで、

二日酔いです。。

スタートから、気分悪くて、気持ち悪くて、

体調の復活を願いながら、エイドでは水しか受け付けなくて、

途中、トイレも何度も行って、

トイレと言っても、立ちションですが・・

10キロ過ぎくらい走って、ようやく気分が楽になってきて、

15キロくらいのエイドで、初めて食べ物を口にして、

チョコレートです。

すると、30キロ過ぎあたりから、ここまでほとんど食べてないので、

ガス欠に・・

ここで、スタート前に聞いていたことを思いだして、

30何キロで、カレーエイドがある。。

何キロのエイドとか、そんな詳しいことはまったく知らなくて、と言うか、コースの説明書は何にも読んでなくて、

行きあたりばったりのレースで、

これも、自分的には大会の楽しみ方で・・筋書きのないレース?

30キロ後半を走っていた頃に、そろそろカレーかな? 次のエイド当たりが間違いないと・・ちょうど37キロあたりやったと思います。

で、そのエイドに着いて、、

何か、カレーのある雰囲気がなくて、あるのはオレンジ・・

おばちゃんに、

ここはカレーあるんチャウン??

ゴメンネぇ~次の次のエイドに変わってん、ゴメンネぇ~

ガックdown

ええよ~、楽しみは後においとくわ~ って、顔引きつりながら言ってましたわ~

その分、オレンジいっぱい食ってやったぜ!! ワイルドだろ~crying

結局、ここから5~6キロ先のエイドにありました、ありました。。

カレーがありました。確かにありました。

もう、ここまで空腹になると、朝からのあのムカつきがウソのようで、、

小さいカップに入ったカレーでしたけど、おかわりオッケイやったので、

4杯いただきました~! ありがとう!!

ここから先、45キロポイントで折り返しで、この折り返しポイントは千畳敷。

海の際にある、棚田です。Dsc_0231
こんな絶景を見ながら折り返しです。

もう、この頃から足が動かなくなってきてまして、、

まだ50キロもあるのに、こんな状況で大丈夫やろかと、不安になった頃です。

ここから先は、約40キロくらいやろか、、海岸線沿いをずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーと、、走るんです。

ほとんどアップダウンもなくて、景色は絶景で、メチャクチャきれいなんですが、、

足が動かなくて、走るにも走れない、、歩いたり走ったり、の繰り返しで、、

キロ7分くらいの超遅いペースで、、

でも、この超遅いペースで走るのが辛くて、すぐに止まってしまって歩いて、少し無理してでもペースあげる方が楽かと思って走るも続かなくて、、

その間、7分半くらいのペースで走ってる人がいって、

自分が走るとその人に追いついて先に走っても続かず歩くと、その人に追いつかれて、、

また自分が走りだすと追いついて、先に走っても歩いて・・・

そんな繰り返しが何度も何度もあって、

どーも自分は、ゆ~くりの同じペースで、ずーーーと走ることが出来ないようです。。

そんな調子で走っていると、、

後ろから可愛らしいフリルのついた水玉模様の赤いスカートはいた、少し仮装ぽい格好の女性に抜かれて、

走る姿も、中々可愛らしい感じで、、

気になって仕方なかったんですが、追いかけて顔を見る元気もなくて、、元気やったら追いかけるのになぁ~

で、85キロくらいのエイドで、その方といっしょになって、、

気になる顔は、、

これ以上書くのをやめときます。。

さらに、その女性から話しかけられて、、

せっかく女性から話しかけられても話しは繋がらないように・・・

これ以上書くのはやめときます。。

残り15キロ、、

少しアップダウンが出始めて、、

上りは歩いて、下りは走るの繰り返しで、

しんどい時は、多少のアップダウンがあった方が、気分的にも体力的にも楽でしたねぇ。

そして、残り10キロのエイドに到着して、

不思議なもんで、残り10キロの看板を見ると、残りは頑張って走って見るかという気になって、走る出すと、足が動きます。。

ここから先は、エイド以外は歩かずに走れました。

途中、辛くて足が動かなくて何度も歩いたけど、

足が動かないのではなくて、気持ちの問題が大きいようです。 でも、この状況を乗り越えるには、精神力はもちろんですが、やっぱり練習! つくづくと思いましたねぇ。。練習が足りないから、こんな情けない状況になるんだと、、、

でも、残り10キロは、気持よくとまでは行かないけど、何か意地になって走っていた感じで、タイムを意識して意地になってるのではなくて、どこまで頑張って粘れるのか、弱い自分を出したくなくて、、

残り2キロくらいで、遠くの山々に日が沈む所で、その山々には風力発電が何基も並んでいて、その遠くの山の近くを走ってきて、ここまで来たんだと思いながら、夕日を見ていると、、目頭が少し熱く、、ウルウル来ましたねぇ~

夕焼け空にシルエットで映る山々が、メチャクチャ綺麗でした。

12時間以上かかっても、ゴールする人のご褒美のような気がして、

ゴールでは、すでにゴールしてる仲間から出迎えていただきました。

本当に、100キロは長い長い距離でした。 途中諦めたくなるような弱い自分も何度も出てきたけども、最後まで諦めずに頑張れた自分が、少し誇らしく思ったりもしましたよ。

たくさんの仲間といっしょに走って、たくさんの感動もいただいて、走るってこんな単純な事だけども、中身の濃~い、いろんなドラマがあって、幸せな気分にさせられた、今回の珠洲ウルトラでした。

197474_164278460379117_1757167044_n

|
|

« 能登旅行 | トップページ | ジャズマラ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした~。
復活の100kmでしたね!
ゴールできる喜び、走れる喜びは本当にいいもんです。
また行きましょう♪

投稿: 濱ちゃん | 2012年10月29日 (月) 08:22

濱ちゃん!
走れるっていいですね。
去年の事があるから、つくづくそう思います。
もういっぺん、サブ10したいなぁ、、
と、欲が出てきます。。(笑)

投稿: kaisan | 2012年10月29日 (月) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/55978403

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラ回顧:

« 能登旅行 | トップページ | ジャズマラ »