« 目標を持って | トップページ | 町のために、 »

大和川

このブログでも何度か書いた事のある、大和川。

奈良県の笠置山地を源とし生駒山系から大阪湾に流れる一級河川、大和川。

汚い川の代名詞であった大和川。

危険、汚い、臭いの3Kの大和川。

自分は、この大和川に平成17年から仕事で関わり、全国の汚い川ワースト1の汚名返上を合言葉に取り組んできた事から、この川に愛着を感じるようになり、この川に関わる人との繋がりもあって、仕事から離れた今も、この川の取り組みに参加させていただいています。

「水辺の楽校」

子どもたちを対象に、川をフィールドとして、川を楽しく学ぶ取り組みなんです。

今日も、S市のある小学校4年生の生徒がこの川に集まりました。

川の水質の事、生物の事を川で学ぶのです。

以前と比べると、水質は間違いなくきれいになっています。 川に足を普通に浸けられるくらいきれいです。

鮎の遡上も確認されてます。

Pa310246
手を浸けて顔を洗うくらいきれいになればいいのですが、、そんな日が来るまで、この川と関わっていきたいなぁ、この川の成長を見守っていきたいし、その一役を担って行きたいと思っています。

Pa310257
そして、今日は暑くもなく寒くもなくの最高の天気にも恵まれてsun

子どもたちが、網を持って楽しそうにしてる姿を見ているだけで、何だかほのぼのして、嬉しくなりましたし、何か疲れがふーっととれそうな気持ちになって、

やっぱり、川はいいなぁ~なんて思いました。

網でガサガサして、いろんな生き物が捕れるんですよ!

エビやウナギの稚魚、モクズカニからボラの子ども、名前忘れたけど珍しい魚も捕れていました。

Pa310265
何が捕れたんやろ~?

Pa310283

Pa310275
ウナギまで!

前日から、ボランティアの方が仕掛けて捕れたんです。

こんな風に、国や市の教育など行政の方もいますが、ほとんどの方がボランティアで参加してるんです。

なかでも、学生の方がたくさんお手伝いに来ていただいて、直接子どもたちと接していろんなことを教えていました。

そんな事をしながら、彼らもいい勉強になってるんでしょう。

子どもたちも、教室で学ぶより、フィールドの方が楽しく学ぶことが出来ます。

大和川という自然の恵から、大人も子どもも、たくさんの事を学び、人と人が繋がり、夢も広がっていくんです。

これまで人が汚してきた川を、時間はかかると思いますが、人の手できれいにするときなんです。そのためにも、これからの時代を担う学生たち、子どもたちに、しっかりと教えていくのが、我々大人の責任だと思います。

その大人の1人として、僅かの力ですが、自分もお手伝いしていきたいです。

Pa310289

|
|

« 目標を持って | トップページ | 町のために、 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/56015252

この記事へのトラックバック一覧です: 大和川:

« 目標を持って | トップページ | 町のために、 »