« お遍路に行く | トップページ | キライ »

お遍路二日目

2月20日(日)、お遍路二日目です。

前日は、52番太山寺~47番八坂寺まで、みなさん道に迷いながら、お遍路の旅は28キロでした。

心やさしい私は、みなさまを八坂寺まで車でお送りしまして、みなさまを降ろして、46番浄瑠璃寺の駐車場まで行って、本日の目的地、三坂峠まで一人お遍路ランです。

浄瑠璃寺~三坂峠まで8.5キロ、往復で17キロですね、、みなさんは八坂寺~三坂峠まで10キロ、、

みなさんが、三坂峠まで着くまでに、自分は往復して車で三坂峠まで行かなくてはなりませんが、何かへんな負けん気が出て、

自分が先に三坂峠に着きたい! 

そんな、目標の下、二日目のお遍路ランはスタートしました!

峠に向かうわけですから、登りが続きます。山あいのお遍路道を走るだけで心が安らぎます。昨日のお遍路は車も走る道ですから、あまり雰囲気はなかったんですが、、

Dsc_0455
二日目のお遍路は、こんな道なんです。

気温は低くて寒いのでしょうが、登りが続きますから、走り続けると自分は汗びっしょりsweat01 弘法大師様も汗かいてたんかな?

この時期は、歩きお遍路の方はほとんどいないですねぇ、なのですれ違う人はなくて、道中はほとんど自分一人・・

標高が高くなるに従って景色も雪化粧です、、

Dsc_0456
この先の写真は撮ってないんですが、もう完璧な雪道でしたよ~snow

頑張って走ってましたけど、上りもキツイし、雪で滑るし、山道は歩きお遍路・・

でもまあ、今まで来たことのない知らない土地を一人歩いているだけで、気持ち良くて、やはり 「同行二人」 弘法大師様といっしょですから、心洗われる気分で、ここまで来てよかったなぁ~なんて、感慨深い気分で歩きましたよ。

そして、本日の目的地である、三坂峠に到着です。

Dsc_0457
山道を抜けると県道の三坂峠です。

自分はこの後、スタートした浄瑠璃寺まで引き返して、車でこの場所にみなさんを迎えに来る場所なんですが、

自分が先に着きたい! って思ってましたから、そそくさとUターンしましたcoldsweats01

下りですから飛ばして走りたかったんですが、何せ雪が積もってますし、滑ったら怖いし・・ビビりながら下ってると、、2.5キロほど下ったところで、みなさんと合流しました。

思ったより、速いやん!

でも、みなさんお疲れな様子で、この先は上りキツイよ~雪積もってるし気つけてゆっくりなぁ~って言って、、

残り6キロは必死で走りましたけど・・・

この日のコースは、

130120

結構な標高差あるでしょ! おかげ様でエエ練習が出来ました。

スタートして2時間で浄瑠璃寺に到着しました。この後は、車に乗って三坂峠に向かうのですが、県道はかなり遠回りで、

何か知らんけど、必死で車で走りましたよcoldsweats01

しかし、努力の甲斐も虚しく、三坂峠に着いた時には、みなさんはすでに到着しておりました~

あ~ぁ、負けた・・・

別に競争ではないので、どうでもええことなんですが、

ここでも、みなさんにみかんを差し入れしました。昨日いただいた甘~い愛媛みかん・・

自分で言うのも何なのですが、自分って、エエ人でしょ!

この後は、車で道後温泉spaへ!

Dsc_0458
疲れを癒すには温泉が最高です。ビール飲めればもっと最高やったんですが、この日は車で帰宅でしたから、我慢ですね。

今回の二泊三日のお遍路の旅、

自分はほとんどが単独行動でお遍路しましたが、初日38キロ、二日目17キロと、山道もあったし、それなりに走れて、これまでになく距離を走ったお遍路でした。

歩きお遍路のみなさんも二日で38キロ! 初心者が2人いたにも関わらず、最後まで歩き通せました。

若い二人は、やればできる!と言いう、自信めいたものを感じたのではないでしょうか。

走る事も、歩くことも、皆さんそれぞれの体力の中で、達成感、感動を味わったと思います。 どちらも、からだを動かすことには変わりはなくて、何か単純な動きの中で、お遍路すると言う目的があると、普通にからだを動かす以上に、奥の深い感覚になってしまいます。

これも、弘法大師様のおかげ?

南無大師遍照金剛

道後温泉で食べた 「松山鮨」 美味かった~sign03

Dsc_0459

|
|

« お遍路に行く | トップページ | キライ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/56608474

この記事へのトラックバック一覧です: お遍路二日目:

« お遍路に行く | トップページ | キライ »