« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

皆生トライアスロン

レースからちょうど一週間が経ちました。

レース後の達成感と、脱力感が同時にあるような感じで、この暑さで夏バテになりそうですが、

24日に誕生日も迎えて、晴れて?56歳になりました。

ゴローです。

でも、

この歳になって、ロングトライアスロンを復活できた充実感の方が大きくて、実は、まだまだやれるなぁ~なんて、調子に乗ってるところがあります。coldsweats01

なので、皆生TAは、自分の体が動く限り出場したいと思ってます。

灼熱の中、走り続けることは過酷なんですが、過酷なだけに挑戦し甲斐があるように思われて、ドMになったかも知れません。(笑)

今回の皆生TAを少し振り返ってみたいと思います。

まず、選考が決まったのがGWに入る前で、

白浜TAが連休明けにあったので、エントリーしていたけど、ここ最近レースに出ていないためか残念ながら落選down

レースの雰囲気だけでもと練習会に参加して、4年ぶりに海を泳いだところ・・

でんでん泳げません・・心臓バクバクいうし・・まったくの初心者!!

これまで、7回、ロングトラ出ているのに、やはり4年のブランクはあまりにも大きかったです。

皆生TAに赤信号が自分の心に点滅しました。

で、

6月にある、オープンウオーターに出場すること決意! まわりから見ればそんなたいそうにと思われそうですが、自分の中では実は必死でした。

4000mが主の大会ですが、自分は1500mに!

今思うと、この大会出場がホントに良かったと思います。

500mのコースを3周回る大会でしたけど、2周目からは気持よく泳ぐjことができて、1500mを30分切ることができて、タイム的にはでんでん遅いですが自分の中では手ごたえを感じたレースでした。

海を泳ぐって非日常的な事ですからね~!!

大会までに、プールでも3000m泳いで、1回だけですけど、これは自信をつけるため、気持を落ち着かせるため、緊張感を和らげるため・・

そして、そして、いきなりですがレース当日を迎えます。

以外にも、レース前夜はよく睡眠出来ました。と、思っていたら、

後で聞くと、夜中うなされていたようです・・・でんでん記憶がありません、歳なんでしょうか?(笑) 10514706_511002349033102_20504455_2
部屋で荷物をまとめてこれから出発するところです。娘が撮ってくれました。こんなとき、嫁さんって、意外と冷たいんです。部屋を出る直前まで寝ていましたから、(笑)

でも、一番心配してくれて、緊張しているのは、実は嫁さんなんです。長年夫婦しているとよーく分ります。素直に慣れないところもよくわかります。

スイムスタートは、午前7時。

今回のレースの目標タイムは、

取りあえず、明るいうちに帰る事!

夜7時を過ぎると、あっという間に暗くなりますから、

なので、12時間。

スイムは、タイムを気にせずに、気持よーく泳ぎきる事。海を散歩するような気持で、波と会話するような感じで・・

スタート前は、2008年から連続出場して今回7回目の大先輩?広島君とガッチリ握手してお互いの健闘を祈って、ほとんど最後尾からスタートしました。

波もなく天気も良くコンディションは抜群でした!

皆生のスイムは中間地点でいったん陸に上がります。ここでチェックして再び入水します。

ここで、真っ先に見えたのがカインズカフェの幟!! 嬉しかったなぁ~sign01

10409748_511002602366410_2179385771

今回、嫁さんと娘と孫二人の応援を受けて、そしてゴールで待っててくれてましたから、途中であきらめるわけにはいきません。何としてもゴール!家族でゴール!ゴールタイムの目標もありましたが、ゴールすることが一番の目標やったんです。

10556242_511002492366421_6081739419

左手を上げているのが、中間地点の自分です。元気でした。応援のおかげで元気になりました。

残り1500m。

長く感じられて、後半何人も抜かれましたけど、あまり焦らず、ゆっくりとゆっくりと呼吸を整えて海を散歩するような気持で波と会話しながら、

そして、やっとこさでスイムゴール。

ゴールタイムは、1:07:46 (720位) 900人中でこの順位ですからメチャ遅いです。

でも、広島君より2秒も速かったんですsign01

陸にあがって、ホット、します。 この瞬間がたまらなく嬉しいですね~happy01

トランディションでは、残ってるバイクの数は少ないですが、後は抜くだけです!そんな気持ちでバイクジャージに着替えて、145キロのバイクの旅に出発です。

バイクでは、風と会話しながらね!

バイクでも、家族の応援、、カインズカフェの幟とともにありました。

10517527_511004225699581_3342449118

準備中の写真かな? ここで、この幟が目に入って、、嬉しい~sign03

10409158_511004329032904_6517420069

距離にして70キロくらいやったかな? 家族の応援は元気になります。気持よ~く通過して、ゴールを目指します。

Img_20140721_0002_2 

このバイク、自転車事故の保険で買ったんです。つまり、命がけで買ったバイク。フルカーボンのTTバイク。チョット、お値段高いバイクです。 ヘヘ

そして、そして、バイクゴール。

タイムは、

5:31:25 (382位) 自分的には納得のタイムです。広島くんも抜いたしねーだ!happy02

そして、ランスタート!

Img_20140721_0001

この時の時間は、昼の1時40分くらいで、まぁ~暑い熱いsweat01

真夏のこんな時間にフルマラソン走るのは、皆生ならではなんです。 この過酷な中を最後まで諦めずに走りきることが皆生なんです。

非常識極まりない大会ですが、これこそが皆生なんです。

長年の経験者からは、今年の皆生は涼しかったと、聞きますが・・んなことありません! やはり暑かったです!

この大会の特筆すべきと事は、ランのエイドの数の多い事です。全てのエイドで、氷と冷たい水がふんだんにあって、ボランティアの子どもたちが頭から水をかけてくれます。

自分は、全てのエイドで冷たい水を頭からかけても立って、氷を貰ってバンダナで首に巻いて走りました。

これがなければ、皆生のランは走れないですねぇ。

何回か、子どもたちに、「思いっきり水かけて~!」

こう言うと、子どもたちは喜んで、これでもかというくらい水をかけてくれます。

「あ~あ~~溺れてまうがな~!」

エイドの子供たちに大ウケですscissors

こんな事で疲れを紛らわしながら、42.195キロを刻みます。

心が、折れそうなくらい、辛い気持ちになります。 歩きたい気持ちになります。でも、ゴールで家族が待っててくれるから、走れました。歩くような速さでも走り続けました。タイムは気にせず、時計はほとんど見ず、ゆっくりでも足を動かして刻む、刻む、刻む。

時折吹く風が心地よく、何とも言えない気持になります。刻み続ければゴールできると、ゴールすることをイメージしながら、今回の皆生に出場するまでのいろんなことが思い出されると、目頭が暑くなります。

こうして走れる健康な自分に喜びを感じ、走れる環境を作ってくれている家族に感謝しながら走っていると、幸せ感いっぱいになります。

そして、競技場に入ると、カインズカフェの幟が見えました。家族が見えました。自分は両手を振って、6年ぶりの皆生のゴールです。

Img_20140721_0003
最後の直線に入るところで、孫の海世を抱っこして、嫁さん、娘、孫の優世といっしょにレッドカーペットを走りました。

感無量でしたが、海世が意外に重くて、、転けないように、、coldsweats01

そして、そして、そして、ゴーーーーールsign03

Img_20140721_0004

ゴールタイムは、11:41:29 392位でした。(ランタイム 5:02:18 378位)

タイムより、明るいうちにゴール出来たことは、自分にとって大満足でした。

長くなったので、次回につづく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

自慢のゴール!

2014年、7月19日皆生トライアスロンのスタートに立つことが出来ました。

2008年の皆生から6年ぶりのスタート。

2010年の宮古島から4年ぶりのスタート。

ここに、立つまで、本当にいろんなことがあって、特別な思いで皆生のスタートに立ちました。

自転車事故で普通に運動出来ない悔しい思いや、祭礼関係の大役でほぼ1年間、寄合、飲み食いの毎日で、それなりに濃い1年で充実していましたけど、、coldsweats01

そして、体力的にも時間的にも走れる環境になって、

今回挑戦した、皆生トライアスロン

出場が決定してからは、

家族の協力が自分の背中を押してもらって、

家族一緒にゴールすることを目標にしてここまで頑張って練習して、

家族が待つゴールを目指して、頑張って走って、、

でも、皆生は暑くて熱くて!!

途中、くじけそうな気持になっても最後まで諦めない気持を持って頑張れたのも、ゴールで家族が待っててくれているから・・

コブクロの「DOOR」

自分の応援歌に勝手にしました。

この海を渡ったら ずっとそばに居よう…
この荒れ狂う 大海原を
簡単に渡ろうなんて思っちゃいないさ
ただ港から見送る人に なれないだけさ

海深く沈めた夢を 拾い集めて
自慢気に語ろうなんて あとは惰性で暮らすのかい?
常識に翻弄されて 日々は繰り返す
真実は胸の中にある

進むべき道なんて 自分で決めるのさ
不安や恐れに 足元をすくわれそうになるけど
巡り来るこの時に 逆らい続けよう
航海は僕に 何を教えてくれただろう?

「行くしかないだろう!」

この歌を、何度も何度も聞いて、

皆生に行くしかないだろう! そんな気持ちで挑んだ皆生。

家族の協力、理解、応援があって、

おかげで、家族一緒にゴールすることが出来ました!!

Img_20140721_0003_2 
Img_20140721_0004
Img_20140721_0005
家族に、心から感謝です。

しっかり、カインズカフェ宣伝してるし、、皆生で宣伝してもねぇ~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

皆生メモリアル

2011年、皆生トライアスロンに出場する予定でした。

けど、練習中の自転車事故により敢え無く断念down

そして、今年。

4年ぶりに、ロングトライアスロンに出場します。

どこまで、練習できたか分らないけど、

でも、与えられた環境の中で、自分なりにやってきたつもり・・

自分だけでなく、

今回の出場は、家族もいっしょに出場するような気持ちです。

事故の時は、

家族に一番迷惑をかけましたから、

今回、懲りもせずに出場することは、それなりに家族も心配してくれています。。きっと、、(笑)

正直、自分も不安な気持ちでいっぱいなのですが、

このままで、終わりたくない気持が強くて、

3年前の事故で、出場できなかった悔しさを、

今回のレースで晴らしたい!

まだまだやれる、まだまだやりたい、

健康であればこそ、ここまでやれることに感謝して、

家族一緒にゴールしたいと思います。

スタートラインに立つまでの緊張感を、

こんな緊張感を味わえる自分が幸せだと思って、

今の自分の力で、精いっぱい頑張りたい、楽しみたいと思います。

3年前の病室の自分の姿を心に刻んで、

家族といっしょにゴールしますsign03

P1000055
P1000016
いくでsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

御礼

2014年7月7日、カインズカフェは5周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、これまでご来店くださいました皆様の支えがあっての事と、深く感謝しております。

思えば、

オーナーが、このまま老けたくないと言って、安定した仕事を退職して一から始めたカインズカフェ。

母の言葉を聞いて、娘もいっしょにやると言って、ホントに素人が手作りで始めたカインズカフェ。

自分も、ここは一念発起と、住んでいた家を解体して造ったカインズカフェ。

家族がひとつになって出来たカインズカフェ。

おかげさまで5年を、無事に迎えることができました。

そして、

これまで支えていただいたお客さまより、

この記念日に、たくさんのお花を添えていただきました。

本当にありがとうございます。

5年前にこんな事を書いてます。

「2009年7月7日七夕の日に、小さな花が咲きました。

夢だと思っていた花が咲きました!

花の名前は「カインズカフェ」

これからも、家族みんなで大切に育てていきたい、小さくてもたくさんの花を咲かせたいです。」

5年経って、少しづつ花が咲いて来たように思います。これからも、初心の気持を忘れずに、カインズな花を大事に大事に育てていきたいと思います。

これからも、これまで以上にカインズカフェをよろしくお願いいたします。

みなさまとともに成長していきたいと思います。カインズな花をいっぱい咲かせていきたいと思います。

Img_0826
Img_0824
Img_0825
Dsc_2104_2 
Dsc_2105
Img_0828
Img_0822

ご来店、心からお待ちしております。 カインズカフェオーナー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高野山

皆生トライアスロンまで、後2週間なので、

今日はバイクでロングライド!

皆生に自分と同じく参戦するHちゃんに練習のお誘いして、

コースはHちゃんにお任せです。

すると、高野山へ行きましょうとの事、自分はまだバイクで行ったことないんですが、

皆生に向けてちょうどいい練習になるかなぁ~ぐらいの気持ちで、

Hちゃん、実は自分の新調バイクの棟梁なんです。

ホンマに、器用な方です。自分のバイクのブレーキの調子悪いと言うと、何やら道具持ってきてくれて、直してくれました。

おかげでブレーキの効きも良くなって今日は快適でしたよ~アンガト!

朝、カインズカフェに8時に集合して、モーニング食って出発です。

練習なのであまり飛ばすこともなく、ゆっくりペースで、でも犬鳴き山越えは、結構な上り、ギアを一番軽くして足の回転で進みます。

まぁ~シンドイsweat01 皆生の大山をイメージして、我慢のライド・・ペースが落ちそうになってもしっかり足を回転して、ひたすら上ります。。

そして、次は高野山へ!

まぁ~~~坂が続いて、続いて、 まぁ~~~シンドイsweat01sweat01

高野山が近づくにつれて、

ふと、

高野山と言えば、弘法大師さまの聖地だと、

先週の、お遍路の事が頭に蘇ります。

今回、自分の意思で高野山に行くことを決めたわけでなくて、

お遍路の事は何にも知らないHちゃんが、たまたま行こかと誘われて、ほな行こかぁと、来た高野山ですが、

自分は、高野山に導かれて来たんだと、思うようになり、そんなことを思いながら、ひたすらペダルをこいで、高野山の坂を登ってきました。

何故か、ここまで来たのは、必然のような気がして・・

Dsc_2084

大門に到着です。

そしてここから約3キロ強行ったところが、

そうです、弘法大師さまが眠る、奥の院です。

今も、生きていると言われていますが・・・何歳やろ?

Dsc_2086
ここは、おもいっきりパワーを感じます。

Dsc_2088
背中は、バイク棟梁のHちゃんです。

そして、

Dsc_2087
ここで、お参りです。

先週のお遍路でのお婆さんの事、報告させていただきました。

そして、お婆さんが成仏されますよう、心から拝みました。

一週間後に、何故自分がここにいるのか不思議な気持ちはありましたが、やはり大師さまのお導きだと、

宇和島市津島町の、あの休憩小屋と、大師さまの聖地高野山とが、

点と点が、ここで繋がりました。

何だか、自分の役割を終えた気がして、ホットした気分になりました。

遊びで行ったお遍路、トラ練習で遊び気分で来た高野山ですが、これまで経験したことのない事を経験出来て、

これは、自分のパワーになるかなぁと、勝手に思っています。

そして、自分と嫁さんのお守りを買ってきました。長生きできるような気がしました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

お遍路でまさか!

人生に上り坂、下り坂がありますが、もうひとつ坂があると言われてます。

それが、「まさか」 なんです。

結婚式のスピーチで聞いた話しなんですが、

お遍路にも山あり谷ありで、上り坂、下り坂があって、

そして、まさか! が、お遍路にもあったんです・・

このことを、ブログで書くかどうか、少し迷ったところがあるんですが、こんなことがあるんだと、あったんだと言うことを、少し知ってもらうのも、良いかな? と思って、あえて書きますね。

お遍路さんに行き出して、自分は5年ほどになりますが、職場のお遍路好きの仲間と行ってるんですが、

いつも自分は、その日のゴール地点まで車で先回りして、みんなとは逆走するんです。

お遍路RUNですね! 自分はトレーニングに行ってるようなもんなんですが、

そのまさか! があったのは、2日目なんです。

土曜日は宇和島市内で宿泊して、日曜日の朝、少し車走って行った先が、この日のスタート地点のコンビニでみんなを降ろして、自分はこの日のゴール地点である、津島町の道の駅へ向かいます。 http://www.yasuragi-egao.jp/

そして、ここから、お遍路コースをみんなとは逆に走ります。

途中トンネルがあって、お遍路コースはその左にそれて山道を上ります。

はい、上り坂です。

上り口には、小さな小屋が建っていて、そこがお遍路の休憩小屋なんですね。寺と寺の区間が長いところには、こんな小屋や、休憩場所があったりして、そこで仮眠をとれるようになってるんですね。

Dsc_2050

自分は小屋を横切り、上り坂を走って行きました。

Dsc_2051
1人なもんで、こんな風に自撮りしながらね。

6キロほど行ったところで、みんなと合流して、ここからはみんなと同じようなペースで、道の駅に向かいます。

この日は結構蒸し暑くて、お遍路コースは、先ほど書いた上り坂下り坂があるので、ゆっくりペースでも汗をかきます。

そして、先ほどの小屋に差し掛かり、

小屋の写真を見れば分りやすいと思いますが、写真の向こうの方からこちら側に向かってきたわけですから、写真では写っていないですが、ちょうどそこに窓ガラスがあって、、

ガラス越しに小屋の中を何気なく見ると・・・

中には、ハエがいっぱい飛んでいて・・・

誰か、食べ物をほったらかして、行ったんやろな~って、しかし汚いな~不潔やな~なんて思いながら中をのぞいてみると・・

おや?

ん?

まさか?

何やら人が横たわってるような??

まさか~?

ここまで二人で先行して来たので、もう一人に、

中で人おるんチャウ?

まさか~??

人だとすると後ろ向きやったので、向きを変えてガラス越しにもう一度のぞくと・・

顔が見えました。

見た瞬間分りました。

人が死んでいる!

お婆さんでした。

死んでると分った後は、自分もかなり興奮して、変な緊張感に包まれて、、

少し冷静になるように気持を落ち着かせて、

この後は、自分が110番、もう一人が119番して、

消防、警察が来て、現場検証。

消防が来るのは早かったですが、警察の遅い事!

消防にしたら、もしや助かるかも知れないという行動なんでしょう、AED持って現場に急行しましたが、

何分もしないうちに、もうお亡くなりになってますと、報告を受けました。

そのあと、警察が来るまで待って、刑事さんや鑑識のような方や、

その現場は、まるで火曜サスペンスのシーンのようです。

Dscf0073

自分が第一発見者なので、事情徴収。

しかしまあ、お遍路していて、こんな状況に出くわすとは!

ホントに、まさか! です。

消防の方から教えていただいたんですが、死後1日くらいだと、京都の方だと、、

小屋の中には、リュックと杖があり、このお婆さんもお遍路の道中でここで休憩したんでしょう。

何が原因で亡くなったかは分りませんが、自分が顔を見たのは一瞬ですが、はっきりと見えて、苦しそうな顔はしていなかったです。安らかに眠りについたと思います。

ブログ書きながらも、お婆さんの顔が思い出されますが、不思議と気持ち悪いとは思わず、

自分たちが発見したことで、そのお婆さんも成仏出来たと思い、極楽浄土へ行って喜んでいただいてると、そんな気持ちになります。

現場での事情徴収が終わって、自分たちがここから離れる前に、みんなで合掌しました。不思議と心の中からこみ上げてくるものがありました。

こんな、経験、もう二度とはないと思います。

したくないですよね~!

お遍路でまさか! のお話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »