« 乗鞍2 | トップページ | 高野山 »

お遍路でまさか!

人生に上り坂、下り坂がありますが、もうひとつ坂があると言われてます。

それが、「まさか」 なんです。

結婚式のスピーチで聞いた話しなんですが、

お遍路にも山あり谷ありで、上り坂、下り坂があって、

そして、まさか! が、お遍路にもあったんです・・

このことを、ブログで書くかどうか、少し迷ったところがあるんですが、こんなことがあるんだと、あったんだと言うことを、少し知ってもらうのも、良いかな? と思って、あえて書きますね。

お遍路さんに行き出して、自分は5年ほどになりますが、職場のお遍路好きの仲間と行ってるんですが、

いつも自分は、その日のゴール地点まで車で先回りして、みんなとは逆走するんです。

お遍路RUNですね! 自分はトレーニングに行ってるようなもんなんですが、

そのまさか! があったのは、2日目なんです。

土曜日は宇和島市内で宿泊して、日曜日の朝、少し車走って行った先が、この日のスタート地点のコンビニでみんなを降ろして、自分はこの日のゴール地点である、津島町の道の駅へ向かいます。 http://www.yasuragi-egao.jp/

そして、ここから、お遍路コースをみんなとは逆に走ります。

途中トンネルがあって、お遍路コースはその左にそれて山道を上ります。

はい、上り坂です。

上り口には、小さな小屋が建っていて、そこがお遍路の休憩小屋なんですね。寺と寺の区間が長いところには、こんな小屋や、休憩場所があったりして、そこで仮眠をとれるようになってるんですね。

Dsc_2050

自分は小屋を横切り、上り坂を走って行きました。

Dsc_2051
1人なもんで、こんな風に自撮りしながらね。

6キロほど行ったところで、みんなと合流して、ここからはみんなと同じようなペースで、道の駅に向かいます。

この日は結構蒸し暑くて、お遍路コースは、先ほど書いた上り坂下り坂があるので、ゆっくりペースでも汗をかきます。

そして、先ほどの小屋に差し掛かり、

小屋の写真を見れば分りやすいと思いますが、写真の向こうの方からこちら側に向かってきたわけですから、写真では写っていないですが、ちょうどそこに窓ガラスがあって、、

ガラス越しに小屋の中を何気なく見ると・・・

中には、ハエがいっぱい飛んでいて・・・

誰か、食べ物をほったらかして、行ったんやろな~って、しかし汚いな~不潔やな~なんて思いながら中をのぞいてみると・・

おや?

ん?

まさか?

何やら人が横たわってるような??

まさか~?

ここまで二人で先行して来たので、もう一人に、

中で人おるんチャウ?

まさか~??

人だとすると後ろ向きやったので、向きを変えてガラス越しにもう一度のぞくと・・

顔が見えました。

見た瞬間分りました。

人が死んでいる!

お婆さんでした。

死んでると分った後は、自分もかなり興奮して、変な緊張感に包まれて、、

少し冷静になるように気持を落ち着かせて、

この後は、自分が110番、もう一人が119番して、

消防、警察が来て、現場検証。

消防が来るのは早かったですが、警察の遅い事!

消防にしたら、もしや助かるかも知れないという行動なんでしょう、AED持って現場に急行しましたが、

何分もしないうちに、もうお亡くなりになってますと、報告を受けました。

そのあと、警察が来るまで待って、刑事さんや鑑識のような方や、

その現場は、まるで火曜サスペンスのシーンのようです。

Dscf0073

自分が第一発見者なので、事情徴収。

しかしまあ、お遍路していて、こんな状況に出くわすとは!

ホントに、まさか! です。

消防の方から教えていただいたんですが、死後1日くらいだと、京都の方だと、、

小屋の中には、リュックと杖があり、このお婆さんもお遍路の道中でここで休憩したんでしょう。

何が原因で亡くなったかは分りませんが、自分が顔を見たのは一瞬ですが、はっきりと見えて、苦しそうな顔はしていなかったです。安らかに眠りについたと思います。

ブログ書きながらも、お婆さんの顔が思い出されますが、不思議と気持ち悪いとは思わず、

自分たちが発見したことで、そのお婆さんも成仏出来たと思い、極楽浄土へ行って喜んでいただいてると、そんな気持ちになります。

現場での事情徴収が終わって、自分たちがここから離れる前に、みんなで合掌しました。不思議と心の中からこみ上げてくるものがありました。

こんな、経験、もう二度とはないと思います。

したくないですよね~!

お遍路でまさか! のお話でした。

|
|

« 乗鞍2 | トップページ | 高野山 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

大変でしたね!
お婆さんはきっと安らかな最後を迎えたのでしょう。
合掌。

投稿: 濱ちゃん | 2014年7月 4日 (金) 14:37

濱ちゃん!
そうだと思います。
安らかに天国へ召されたと思います。
合掌。

投稿: kaisan | 2014年7月 4日 (金) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/59923594

この記事へのトラックバック一覧です: お遍路でまさか!:

« 乗鞍2 | トップページ | 高野山 »