« 満員御礼 | トップページ | 祭り終了 »

岸和田祭り

明日から岸和田祭りです。

310年以上続いている祭り、

ここまで続けていることが、素晴らしいことだと思います。

毎年、この時期になると岸和田の旧市は子供から大人まで、みんなが熱くなります。

中には、祭りに関わらず離れていった人もいますが、

岸和田が誇りにする自慢の祭りに変わりはないのです。

自分も、昨年までは祭礼運営の最高機関である年番の執行部をさせていただいて、昨年の1年間は祭り一色で、寄合は数知れずあって、懇親会という名の飲み会など、普段経験できない貴重な経験をさせていただきました。

祭りの奥の深さ、奥の深いところまで知ることが出来ました。

今年は?と、いうと、自分は特に役がなくて、自町に帰った役職は、「顧問」やて。

こんな風に、祭りの役は、特に幹部は毎年変わり、次の人に引き継がれていきます。

この、引継ぎがあって、人が変わっても、去年に負けないようなええ祭りにしようという気概が生まれて、何年も何十年も脈々と受け継がれて、310年以上も受け継がれているんです。

この歴史、伝統は、本当に重いです。

自分も昨年、役を引き受けたときに、話には聞いていたけど、これほどまで忙しいとは思っていなくて、

でも、これまでの諸先輩たちがこなしてきたこと、町を代表して年番するのに、恥はかけない、そんな思いを持って腹をくくってやってきましたが、これは自分に限らず他の誰もがやってることで、岸和田では当たり前のことなんですね。

この当たり前のことが結集すると、ものすごいパワーとなって、岸和田は熱くなるんです。

岸和田祭りの三原則として、

「自主運営」「自主規制」「自主警備」があります。

もちろん、警察や行政の協力は不可欠なのですが、祭りをやるのは自分たち、町の人間、

自分たちが責任をもって、誇りを持って祭りをやります。

そして、他のまちに負けないように競います。人と人がぶつかり喧嘩もあります。

勢い余って、だんじりが電柱や家にぶつかったりもします。

笑ったり、怒ったり、泣いたりと、ほんと忙しいですが、そこに魂があるのが岸和田祭りなんです。

いよいよ、明日から三日間、

岸和田は、熱くなります。

10177325_626605847438106_61632520_2
でも、自分は明日、どーしても休めない仕事なのだーcrying

|
|

« 満員御礼 | トップページ | 祭り終了 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/60300336

この記事へのトラックバック一覧です: 岸和田祭り:

« 満員御礼 | トップページ | 祭り終了 »