« 謹賀新年 | トップページ | 山の辺の道② »

山の辺の道

これまで正月は、熊野詣でによく行っていたんですが、

しかも単独行動が多くて、

家族とは別行動が多かったのですが、

昨年は、1年通して別行動が多かったので、

今年は、少し夫婦の時間も大事にしようかなぁ~なんて、思ったりして・・(笑)

なので今回は、

山の神と山の辺の道へ、

昨年の9月も行ったコースなんですが、

このコースには、

たくさんの神社仏閣があって見どころ満載です。

まずコースは、

15_3   

天理駅からスタート。

いきなり、天理教の本殿があります。スケールのでかさに圧倒されます。

Dsc_0398
前日に雪が降って、今回のコースはほとんどが雪化粧です。正月に雪景色の山の辺の道は、贅沢やったと思います。

そして、石上神社。

さすが奈良です。歴代の天皇の崇敬が厚い神社らしいです。その証拠に菊の御紋があります。

Dsc_0402
ここでは、護摩に願いを込めて、「身体健康」 やっぱりこれですね!

Dsc_0403
ここから、山の辺の道らしい、いにしえの道が続きます。しかも雪景色で、最高のロケーションです。

Dsc_0412_2 
そして、夜都伎神社。

ここは茅葺の拝殿があって歴史を感じる神社です。

Dsc_0413
去年来た時は絵を書いてる人がいました。今回はカメラを構えてる人がいて、自分たちが来たら、後ろ姿撮らしてもらっていいですかぁ?っと、この前に二人並んで絵になったでしょうか?

この山の辺の道付近には神社だけでなくて、環濠集落もあって古墳もたくさんあります。古代ロマンの宝庫だと思います。

Dsc_0416
俳句や短歌の石碑もたくさんあって、好きな人にはたまらないと思いますが、文才のない自分には、字が難しくて達筆で読めなくて、、ほとんどスル―しました。

後ろの石碑がそうなんですが、、

ここを走ってると、自分らみたいにリュック背負ってマラニックしてる人たちが向かいから走ってきました。しかも何十人もの団体で・・後で聞いたら40人ほどいたらしいです。

その中に、昔、村岡ウルトラマラソンでよく一緒になった方と久しぶりにお会いすることが出来て、少し懐かしい話しをして、記念写真も撮りました。Dsc_0423
この方、干支の羊の被りもんで走ってはりました。今も、仮装して走ってるんですねぇ。でも、羊だけに暖かそうでしたよ!(笑) 後ろの山は大神神社のご神体である三輪山です。

そして、 桧原神社です。

Dsc_0430_2 
歴史を感じる、そしてセンスある鳥居?です。

Dsc_0426
ここには、本殿も拝殿もありません。ご神体が山なんです。まさに、山の神!

この後、近くにあった茶店で休憩です。

ここで、甘酒とにゅうめん! また、上品な味で美味かったなぁ~冷えた体には最高でした!

Dsc_0429_2
これは、お勧めです。

ここから、少しコースから外れて、あの古墳に向かいました。それは、卑弥呼の墓という説もある「箸墓」です。

遠くからも眺めることが出来るんですが、やはりランナーは近くまで行かないとね!

Dsc_0433 
顔は余計ですが・・(笑) 宮内庁が管理してるからきれいにされてます。

Dsc_0432_2 
我が家の卑弥呼も!

そしてコースに戻って、こんなコースを走って、このあたりに来ると雪は溶けて残ってなかったですね。

Dsc_0434_2

次は挟井神社です。Dsc_0435
ここまで来ると、人が急に増えます。ここには三輪山への登拝口がありますが、正月3日間は閉鎖されておりました。

Dsc_0437
そして、今回のメインディッシュ! 大神神社です。

まぁ~人が急に増えて、人、人、人 

ここは、ご神体が三輪山で、本殿はありませんが、立派な拝殿があります。

Dsc_0443
参拝も人で近付けなくて、さい銭も遠くから投げてお参りです。未年の山の神は未の絵馬?をバックに・・

Dsc_0445
ここまでたくさん、写真を載せ過ぎて容量を超えたようです。

載せたい写真は次回に続くと言うことで、本日はここまで! 眠い・・

|
|

« 謹賀新年 | トップページ | 山の辺の道② »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/60918279

この記事へのトラックバック一覧です: 山の辺の道:

« 謹賀新年 | トップページ | 山の辺の道② »