« 比叡山トレイル | トップページ | 出場辞退 »

やってもた!

来週の日曜日は、宮島トライアスロン!

バイクは55キロと短いけど、メッチャ厳しので有名な大会なんです。

なので、山をバイクで行かなくてはなりません、。。

1人だとすぐに挫けてしまうので、トラ仲間の濱ちゃん誘って、

で、去年の皆生から海も泳いでないので、バイク練の後は二色の浜にでも行ってスイム練も! と、気合十分で臨んだ本日の練習。

バイク山練は、ご存じほの字の里まで行って、塔原から葛城山へ!

10373480_752293161536040_6255437774

濱ちゃんとほの字の里で、気合十分です。

11391720_752293181536038_2400963925
3年前に命がけで新調したサーベロ君! メッチャ軽いんです。 来週の大会はこれで行くでsign04

そして、塔原から林道に入って葛城山頂を目指しますsign01

いきなり、急な上り坂sweat01 久しぶりの急坂で、途中止まりそうになりますが、歯を食いしばって、必死のパッチで、前に前に進んで、からだは汗でビチョビチョsweat01

で、必死漕いで、漕いで、漕いで、何とか葛城山頂に到着です。

でも、ガスってるし、気温が低くて、寒くて、ウインドブレーカー持ってくればよかったと後悔down

11406864_752293191536037_3496465471

ここから犬鳴き抜けて帰ることにして、じっとしていたら寒いので、早速スタート!

ほとんど下りなので、体力は使わない分、寒さがからだに沁みます、、スピード出すのも怖いのであまりスピードは出さないように、、でも、時折カーブで膨らんだりします、、怖いです。

山の下りもほとんど終わりに近づいた急なカーブで、対向車が視界に入ってきて、横に避けようとしたときにバランス崩して、右に傾いてそのまま背中から落車sign03

右の背中を道路に強打して、しばらくは息が出来ない状態で、、車はそのまま行ってしまったけど。。

前を走っていた濱ちゃんもあわてて駆けつけてくれて、しばらく呼吸が落ち着くまでゆっくり休んで、

しかし、どんくさいです。

バランス崩して落車やて、、coldsweats02

少し呼吸も痛みも落ち着いて来たので、バイクに乗って帰りにつきましたけど、寒気がさらに増して、口がガタガタ震えながらのバイク、、

で、自宅に帰って食事して、時間が経つにつれて背中が痛くて、極めつけはくしゃみした時に、背中に何か刺さるような痛みがweep

この時、肋骨が折れてる?ヒビ? と、不安になり、、

トラ仲間のY田先生に携帯して相談すると、レントゲン撮るように進められて、ヒビ入ってもレントゲンでは確認できないらしい、、からだを休めるしか無いらしい、もし骨折していたら大変なので、病院へ。

骨折はなかったものの、Y田先生が言うとおりヒビは確認できないとの事で、打撲かどうかわからないと、、胸にベルトを巻いて固定して、痛み止めと湿布薬貰って、診察終わり。

11401314_752293208202702_4276236717

アルコールも飲むのはよくないと、、crying

4年前の事故に比べたら、今回は頭を打っていないので、まだ軽傷だと思いますが、4年前より痛みがあって、からだが自由利きません。

ほぼ、来週の大会は諦めています。

来月の皆生に向けて、痛みがなくなるまで安静にしたいと思います。

4年前の硬膜下血腫の時は、安静にしなくて長引かせた経験があるので、その経験を生かせれるかな?(笑)

しかし、自転車事故は、自分のトラ仲間の周りでも多いです。 安全に乗ってるつもりでも、咄嗟の動きが歳と共にどんくさくなってるのは事実として受け止めなければならないですね。

あ~あ! 意気消チーンです。

|
|

« 比叡山トレイル | トップページ | 出場辞退 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

大丈夫でしょうか?
バイクは本当に気をつけないと危険ですね。
特に山の下り!
こけると生身なんで大惨事になりますからね。

投稿: 濱ちゃん | 2015年6月 8日 (月) 09:01

濱ちゃん!
事故経験あるんで、
下りはスピード落としてたんやけど・・
咄嗟の動きがどんくさかったです。
まあ、大惨事にならなくて良かったと思ってます。coldsweats01

投稿: kaisan | 2015年6月 8日 (月) 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151013/61704207

この記事へのトラックバック一覧です: やってもた!:

« 比叡山トレイル | トップページ | 出場辞退 »